ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

乾草+お肉販売+子牛 (だんぼくんの結果)

朝6時過ぎ、母牛の叫び声に起こされました。牛たちは、家のすぐ横の牧区です。

見ると、子牛4頭が家の前をご視察中。
4頭です。3頭ではなくて。あれからみんなに合流したみみちゃんもいっしょに。

みみちゃん、昨日の午後もいなくなって、夕方、放牧地のすみっこで寝ているのを見つけました。ひとりでもぜんぜん怖くない子です。今朝は、お仲間と、と言うか、お仲間を引き連れて脱走したのでは・・・。

ただでも忙しい時に、いい迷惑。四人組はその後おんまさんたちを見に行って、追い出されて、もっと遠くに行こうとしてるところを呼ぶと戻って来たので、許してやりました。

そう、お天気が良くなり、Jおじさんは乾草作りの真っ最中。それも、これから業者さんにロールにしてもらうところで、一番大変な時。なのに、この週末はお肉の販売が・・・。

Jは『なんでこんな時に販売やねん!』と怒りますが、それって私だけの責任じゃないよね。

おかげで、私は一歩も外に出られず、ごはんはあるもので済ませ、どうにか生き延びてます。

さて、正真正銘のだんぼくんのお肉。
枝肉で413,30キロのR+4、精肉で243,29キロ、歩留り58,30%でした。
今回は、ソーセージをたくさん作ってもらってこの数字ですから、まずまずの成績です。
だんぼくんは骨が細い方だったのも、良い成績の一因でしょう。

で、肉質は・・・,
真っ赤っかではなく、多少サシが入っています。ある部位だけに限らず、どの部位を取っても、サシが(フランス人が見て)ほどほどに入っているのが、だんぼくんの特徴です。

そして、お味は・・・、
う〜ん、45カ月だけあって味があるかな。いつものサクサク感はまだ確認できていないけれど、まあ、いつもどおりのお肉です。お客様に気に入ってもらえますように。
スポンサーサイト

さすらい子牛

生まれて4日目のみみちゃんに朝昼晩の晩の分の薬を飲ませよう、と牛舎裏に行くと、

みみちゃんがいない!

ママがいるだけ。

牛舎裏は、放牧地とは言っても、牛舎に入る前の待合室のようなもので、狭いです。

そこは土手に囲まれていて、柵に電気を通していないので、子牛が土手によじ登って寝ていることはよくあります。でも、何回も何回も土手にそってぐるぐる見て回っても、どこにもいない。

そこにはいないのは明らかで、次に他の牛たちのいるすぐ下の放牧地を見に行きました。

何度数えても、子牛は3頭で、みみちゃんは混ざっていません。

そのうち、ママのげんきが、みみちゃんを呼び始めました。
特に娘の姿が見えずあわてている様子はなく、ただ『ごはんの時間よ〜。』程度。

母親が取り乱していないので、そのへんにいるんだろう、とあちこち見てまわったけど、いない。

時間はもう10時前(まだ明るい)。暗くなるまでに見つけたいので、Jおじさんも動員してあちこちくまなく見てまわったけど、どこにもいない。

もうすぐ日没。途方に暮れていた時、さっきから、時々『ごはんよ〜。』と叫ぶげんきの声に応えるように、遠くから『ベー!』と声が。その『ベ〜!』がだんだん近づいてきて・・・

Mimi Sasurai

こんな顔で来られたら、叱る気にもなれません。

すぐにママのところに飛んで行って、晩ごはん。お尻はそれほど汚れていなかったので、お薬はもういいことにしました。

一人で帰って来れて、めでたしめでたしの翌日。

今度はお昼過ぎのことですが、また、みみちゃんがいない。

昨日、戻ってきた方角から、ひょっとして、と思い当たる場所に見に行きました。
そこは、柵外でよく子牛がお昼寝している場所です。でも、それは、ママが近くにいる時のこと。

で、みみちゃん、そこにいました。となりの放牧地のそれも一番遠いところに。ママから150メートルほど離れていて、もちろん、ママは見えません。

みみちゃん、怖いものなしは良いけれど、放浪癖は困るよね。こんなことを繰り返してた、ホームレスになっちゃうよ。

げんき家の四女

朝、牛たちの様子を見に行ったら、こんなのがいました。

Guenki Omi 2
(写真は翌日。耳標付けて生まれて来る子牛はいない。)

前日、げんきは落ち着きがなく、多分朝までに産むだろう、と思いながらも、冬のように寒くないので、お外に放っておきました。

他の牛たちから離れたところにいた、げんき親子。私が近くまで見に行くと、3匹の子牛もついて来て、生まれたばかりの子牛はもみくちゃに。その後、親子を牛舎裏に避難させました。

生まれた子牛は、見るからに女の子。骨格はしっかりしてるけど、脚は細め。胸囲は80センチもあって、かなり大きい方です。

今年生まれの子牛は、Oから始まる名前。まさか今回もメスとは予想していなかったので、女の子の名前のストックはゼロ。子牛の顔を見ながら『オー』と呼んで、良い名前がひらめくのを待ちます。

で、『おうみ』ちゃんと名付けました。愛称『みみ』ちゃん。げんきママの(四産)四女です。

みみちゃん、生まれて3日目にしてすでに下痢気味。でも、素直にお薬を飲んでくれるよい子です。
げんきママを今一度ご覧ください。きっとおっぱいの飲みすぎだと思います。

走れオスカル

ある晴れた朝、ふと見ると、オスカルが猛スピードで家の前を通過中でした。口に獲物をくわえて。

Oscar Lièvre 1

そんなもん持ってどこ行くつもりやら。やたらなものを食べたらあかんので、あわてて、

Oscar Lièvre 2

落としたのは、まだ子供の野うさぎ。

猫ちゃんたちの獲物を横取りしたにしては、大き過ぎるし・・・。

とにかく、重い荷物をくわえて、ものすごいスピードで駆け抜けて行くほどオスカルは元気です。

と言うのも、以前、オスカルはそんなに活発ではなかったんです。

あんまり走りすぎると倒れこんでハアハアとか、だいたい食べるものに興味がなくて、ごはんを食べさせるのに苦労しました。食べ物でツルのは不可能で、薬を飲ませる時なんか、おいしいものにはさんでも知らん顔。

オスカルはシェルターからもらってきた(結構高かった)犬なので、子犬の時に何があったのか、全くわかりません。そこの獣医さんからは、胃腸が弱いのでドッグフードはドライタイプのもの、と聞いただけです。

確かに胃腸が丈夫じゃなくて、食べたものを吐いて、どんなおいしいものをやっても、数日間ほとんど何も食べなくなる、を何回か繰り返しました。以前は・・・。

で、その以前って何か。

冬の間、ジョンさんちにいる去勢たちは、森と小川に囲まれた丘にいました。ある夕方、Jおじさんに連れられてそこに行ったオスカルは、森の主、巨大イノシシに攻撃されたんです。Jおじさんいわく1年生牛位の大きさのイノシシに、オスカルは踏みつけられしまいました。

歩くこともできないオスカルをすぐに獣医さんに連れて行って、即入院。幸い、牙で傷つけられなかったので、外傷はなかったけれど、大事をとって。翌朝、犬猫専門の先生に診てもらって、脾臓が破裂しているのがわかり、摘出手術を受けました。

退院して家に戻った時に、先生から言われた通りお肉を食べさせたら、今までに見せたことのないすごい食欲で食べる食べる・・・。お肉がドッグフードに変わっても同じ。それからは、何をやってもぺろっと食べるようになりました。

食べる量に比例して、元気さも倍増。ものすごいスピードで走るし、うれしい時は飛び跳ねるし、前のはいったい何だったの?

生まれ変わったように元気になったオスカル。脾臓がないと疲れ知らずで、馬みたいに倒れるまで走るそうですから、気をつけないとね。

だんぼくんだ !

食肉処理業者さんに、取り違いはなかった、と言われても、成績があまりにも良すぎて、確認の必要があっただんぼくん。

結論から言うと、間違いなくだんぼくんです。みなさま、どうぞご安心を。

検査に使ったのは、お肉より先にもらえるレバーとほっぺた。

ほっぺたはごくふつうの重量だけれど、タンが1キロ800グラム、ハツも大きく、レバーなんか6キロもあって、いったいどんな身体してたんやろう、と思います。

レバーは45カ月の牛とは思えないコリコリした食感で、甘味があります。私は鶏のレバーみたいに熟した感じの方が好みですが、これはこれでおいしいです。レバーも冷凍で販売しますので、どうぞお試しを。

ほっぺたは煮込んでみましたが、ゼラチンがいっぱいで、『牛は歳をとるとコラーゲンが増加する。』に納得です。(そうおっしゃった方にすると、肉が硬くなると言う意味なんですけど。)真っ赤なお肉で、だんぼくんもどうやらサシなしタイプのようです。

ということで、今回もまた、フランスでおいしいとされる赤身肉ができました。(ああ、サシはどこへ・・・。)
詰め合わせのお肉(10 kg)の方は、おかげさまで、今回も完売いたしました。ありがとうございました。


以前、パリまたはパリ近郊の方からお肉購入のお問い合わせがありましたが、ご興味のある方、今週あたりからリュリュくんが店頭に出てるようなので、以下、ご参考まで。

Boucherie Timothée SAUTEREAU - 25 rue Ramey, 75018 Paris

わざわざご足労いただいても、ないといけないので、もしもお近くまで行く機会のある方は、どうぞリュリュくんを見に行ってやってください。

FC2Ad