FC2ブログ

ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

再びオージーくん

予報よりうんと少ない雨が降った後、ここ数日風が吹き荒れるボラン農場です。せっかく潤った地面も、この風で乾いてしまいそうだけど、明日また雨が降るらしいので平気平気。

でも、平気じゃないのがオージーくん。5日間注射をして、熱も38℃まで下がり、左前脚の腫れも引き、びっこも引かなくなったのに・・・。放牧地に戻って、間もなくスフィンクス。やっぱり左脚です。

一昨日の朝は、そんなにびっこじゃなくて、左ひざもほとんど腫れてなくて、このまま自然に治るかな、と期待したのは大間違い。昨日見たら、本格的なびっこになり、ひざも完全に腫れてました。

リラ - オージー母子は再び牛舎へ。また最低5日間続けて注射なので、牛舎裏で寝泊まりしてもらいます。

前回の滞在で草がほとんどなくなったので、ちょうどそこに置いてあった草架に乾草ロールを入れてもらいました。小さいベール(10キロ位)だと数時間で平らげてしまう大食いママなので。これで何日持つでしょうか。放牧地に置いてあるロールは、ほとんど3日持ちます。成牛はマルキーズも入れて9頭。計算上、リラ1頭が5日で食べてしまうはずありませんが。

牛舎裏で食べて、牛舎に入っても食べて、一日中食べてばかりのリラ。飲むお水の量も多いし、すると出て行くものの量も多くて、お掃除がめんどうです。

で、今日のテーマのオージーくん。注射をするとすぐにびっこはなくなりました。熱もなし。でも、ひざは変形して腫れたまま。5回注射しても完全に治らなかったらどうしよう。

Osy 20181016 b

オージーくん、女の子と間違うほど脚が細くて、それでいてお尻の幅が広くて、ふわふわの毛で、どこを取っても私好みの子です。でも、虚弱体質だと、大きくなってもお肉にしかなれないよ。(おいしいお肉にはなれそうだけどね。)
スポンサーサイト

牧草豊作、乾草大収穫

あてにしていた雨も降らず、半袖の夏が続くボラン農場です。

6月の中旬に始まった乾草収穫は6月末で完了。余裕で必要量以上獲れました。乾草作りがこんなに気楽にできたのは何年ぶりでしょうか。だいたいいつもは、天気予報と空模様にハラハラしながら、どうにか滑り込みセーフ、なのに。

それに今年は、お天気は良くなっても草がまだ伸びていない、という悲劇もありませんでした。冬から春先にかけて雨が多かった上、Jおじさんは、もともと早めの牧草収穫を計画していたから。ジョンさんち牧場の去勢君たちが冬の間山の上で過ごしたのは、そのためです。

必要量以上の乾草を確保したけれど、雷雨の後また晴天が続いたので、今度はボラン農場でも牧草収穫。いつもは、お母さん牛と子牛たちの放牧で精いっぱいのボラン農場ですが、今年は草の伸びに追い付かず、ここの草も刈ることに。

Foin 1

(手前の草は放牧用)

ご近所から小さいベールが欲しい、とリクエストがあったので、ずっと使っていなかったプレスマシンを出してきました。

いつもボラン農場に来てくれるマシン修理屋さんのアドバイスに従って、オイルを注し、グリスを塗り、カラで慣らし運転をして・・・、

ちゃんとしたベールができました。

Foin Bottes

Jおじさんもあまり期待していなかったので、完了した時のうれしさ。記念撮影をしているところです。(この写真に未確認飛行物体が写っています。)

ここでも、思っていた以上の大収穫。注文があったのは150個で、180個買い取ってもらっても、まだ100個ほど残りました。あれば便利だから、少し取っておくつもりだけど、場所を取り過ぎるのも困りもの。

乾草売ります、の張り紙を作ったり、売ります買いますサイトに載せてもらったり、大収穫も手間がかかります。

ボラン農場の特上ビオ乾草、一個約10キロが2ユーロです。いかがでしょうか。

FC2Ad