FC2ブログ

ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

半袖の夏終わり、かな?

予想通り雨が降り出したボラン農場です。

Jおじさんが、納屋に入りきれなかった乾草ロールを牛舎裏に積んで、それを包むのに充分な大きさのビニールシートがなかったので買いに行って、買って来たシートを乾草ロールの山にかぶせ終わった瞬間に、雨がポツポツ降り出しました。まだ降るはずじゃなかったのに。

これで、乾草収穫のお道具を片付けると、もうそろそろ冬支度の時期です。ちょっと気が早い? いえいえ、今朝の最低気温は9℃。まだ8月になったばかりなのに。

南側の牧草地にいた牛たちは、北側の家のすぐ横に移動しました。南側にもまだ多少草があったけれど、残りはおんまさんたちに任せます。

新しい牧草地への移動はみんな大好き。上り坂もうれしそうにせっせと歩きます。道中、子牛たちが何かに気を取られて、とんでもないところに行ってしまわないよう、私と助手のオスカルがうしろから急がせます。そのために、どうしてもマルキーズを追い越すことに。マルキーズは歩くのが遅いし、せかすのもかわいそうだし。

Marquise Chemin

すると、こうやって道草してます。みんなはもうとっくに目的地に着いてるのに。

新品の牧草地で満足そうな牛たち。それならおとなしくしてくれればいいのに、4人組子牛は、即、隣の牧区に脱走。そうかと思うと、今度は(正規の)放牧地に面した道路を歩いて来るお隣の乳牛の群れに向かって吠えるし・・・。恥ずかしいやないか、と思って見てると、乳牛の群れの中にいた種雄牛くんに威嚇されてました。(怖かったよね!)

半袖の夏が終わってしまうのはさびしいけれど、ご当地名物の、降ったり止んだり《1日に何度も晴れ》のお天気は、草に良さそう。
スポンサーサイト

牛の観察

なんか夏休みの宿題みたいなタイトルですが、牛はまめに観察するべきです。

いちまママとその娘、みよこちゃんの人工授精からそろそろ3週間。タネが付いていなければ発情する頃。それが、週末に当たってしまい、土曜日の受付け終了時間に合わせて、もう一度牛たちの様子を見に行きました。

土曜日、午後6時5分前。牛たちは静か。もう少し遠くまで行けるように、Jおじさんが柵を後退させてくれたばかりで、みんな黙々と草を食べていました。

この時間以降に発情しても、月曜日まで人工授精はありません。

もう見に行かなくてもいいかな、とは思いつつ、日が暮れる前の9時頃、念のためにもう一度。

いちまママが長女のリリーに乗っかってました。

さっきとは大違いで、興奮して歩き回る2頭。いや、よく見ると、興奮しているのはリリーだけ? そのうち、いちまママはそっぽを向いて草を食べ始めました。すると今度は、妹のみよこちゃんがリリーに・・・。

はい、リリーで確定。

今回は人工授精を逃してしまったけれど、発情カレンダーに記入。

その翌日、日曜日の朝。

牛たちは何事もなかったようにおとなしく草を食べてました。もちろんリリーも・・・。

先回のいちまママとみよこちゃんの時のように、発情の兆候が見られるのはほんの数時間。多分、リリーの3週間前の発情は、見逃してしまったのだと思います。アルモリカンの発情はわかりにくい、と言われるのもそのせいでしょうか。

でも、げんきの時は2日ほどそわそわしてたし、(今はいない)ダネットは村中にわかるほど騒ぎまくったし、牛それぞれです。

ほんと、放牧とは言っても、ちゃんと監視しておかないとね。牛飼いはフルタイム。片手間にできるようなものじゃないんだわ。

本文とは全く関係なく :

Miyoko + Ollie 2

母娘、相変わらずです。(おりいちゃん、おんまさんがいるのに平気で柵の外へ。)

子牛四人組の夏

いつもいっしょの子牛たち4頭。

1頭がいるところには、必ず他の3頭もいます。1頭も姿が見えない時は、4頭とも柵の外でいたずらしてます。

でも、一番注意しないといけないのは、ママたちから離れたところに子牛が1頭だけいる時。その子がまた、私と目線を合わさないようにするのは、

4 veaux ruisseau 1

なんか怪しげ。

よく見ると垣根に穴が。もちろん、垣根の前には電気牧柵が張ってあります。

子牛が1頭だけこんなところに突っ立ってるのもおかしいので、垣根の向こうをのぞくと、

4 veaux ruisseau 2

小川の向こうはお隣よぉ。いくら暑いからって、そんなとこで水遊びせんとってよ!

あわてて連れもどしましたが・・・。こんなことがそれぞれ別の場所で2回。2回とも、1頭が柵の中で見張りしてました。(だから、他の3頭がすぐそこにいるのがわかった。)

それにしても、保護者はもっとしっかり子供を監視してほしいです。食べるばっかりじゃなくて。

半袖の夏 - 種付け2頭

さわやかで夏らしいお天気が続くボラン農場です。

ふと気がつくと、半袖でも寒くない。これって、ここでは画期的なことです。

TOC et les autres

もちろん朝方は肌寒く、カーディガンなんかを探すけれど、お日さまが高くなると暑くなります。だいたい、お日さまが珍しい土地ですから、夏だからと言って暑くなるとは限りません。今年は本当に夏らしくなりました。

そんな陽気につられて、発情牛発見。いちま(母)とみよこ(娘)です。

牛たちは牧草地の入り口前、水桶のすぐ横に全員集合し、超興奮のいちまママは周りの牛を挑発しまわり、それはもうえらい騒ぎ。私は、牧草地の中に入れず。

こういう時って、興奮した牛に目を奪われて、おとなしく発情しているもう一頭の牛を見逃すことがあります。それで、いちまママに乗っかるみよこちゃんをマーク。しばらくすると、みよこちゃんもママに乗っかられました。

つまり、発情してるのは2頭。

すぐに人工授精センターに通報すると、授精士のおねえさん、午前中に来ちゃいました。すぐ近くの乳牛牧場に来てたらしくて。

人工授精を呼ぶと、乳牛だと思われるんです。(肉用牛は種雄牛さんが発情した牛のめんどうを見てくれる。)乳牛は毎朝搾乳に来るものだから、発情した牛は放牧場に戻さないで、牛舎にいるはず、と授精士さんは思うのでしょう。前にもそんなことがありました。

でも、うちのは肉用牛で、午後に人工授精がある時は、午後2時に対象の牛をつないでおきます。せっかく午前中に来てもらっても、本人(本牛)不在です。それで、授精士さんは午後1時半にまた来る、ということに。

発情した牛は、群を離れて牛舎までうれしそうに来てくれます。でも、今回はそれぞれに子牛がいることだし、全員を牛舎裏まで連れてくることにしました。今、牛たちがいる南側の放牧地からは、かなりの距離です。

暑いせいか、その長い道のりをだらだら上っていく牛たち。跳ね回っているのは、子牛たちだけ。こうして見ると、この中のどの牛が発情しているのか全くわかりません。発情発見はタイミングが本当に大事です。

無事に対象牛を牛舎につないで、授精士さんを待つばかり。お種を付けてもらういちまママもみよこちゃんもおとなしく、外にいる自分の子牛を時々呼んでみて、そこにいることを確認する程度です。

ところが、牛舎入り口の戸の向こうから大声で『開けてくれぇ。』と叫ぶ牛が。無視し続けると、戸に体当たりまでする勢いです。

誰かと思って見ると、ヌリア(愛称ヌテラ)ちゃん。そう言えば、前回いちまと同じ日に発情したので、今日発情でもおかしくありません。もう種付けしても良い年齢だし、確認のため牛舎に入れてやりました。

結果はNo。まあ、おとなしくつながれる練習ができたので、良しとしましょう。

お母さん牛たちの種付けが終わり、今度はさっさっと(下り坂だから)放牧地に戻って行った牛たち。木陰でくつろいだり、食べても食べてもまだまだ無くならない草を食べたり、こんなにお天気が良いと牛たちもごきげんです。


夕方(と言っても9時過ぎ)、牛たちの様子を見に行くと、ヌリアちゃん発情?!

親友のニコくんが一生懸命めんどうを見ようとしていました。

みみちゃんは雑種?!

先輩子牛3頭に比べて、寝てる時間がまだちょっと長いみみちゃん。でも、みんながいたずらする時は、積極的に参加します。

みみちゃんが生まれた時、子牛登録を含めた牛の移動(出荷、死亡、導入など)オンライン登録システムの更新がありました。(それだけでも不安。)でも、生まれた6月18日には、数日の作業期間も終わり、システムは復帰しているはずでした。

19日に登録しようとしたけれど、そのサイトにアクセスさえできない。

即、更新案内にあった番号に電話しました。

やっぱり、予定通り正常に復帰できなくて、不具合多発とのこと。ここで、いつものように『ファイアフォックスなら大丈夫ですが、えっ、サファリって何ですか?』という会話があったことは省略します。(この話はまたの機会に。)

『じゃあ、また数日後にアクセスしてみます。』と言ったのに、『いえ、メールで登録申請できますから、必要事項を書いてこちらに送ってください。』と。

その昔、郵便で送っていた書式を出してきて、その通りの記入事項を書き出して、指定されたメールアドレスに送りました。

数日後、みみちゃんのパスポートが郵便で届きました。

父親の品種コード 43 × 母親の品種コード 43 = 子牛の品種コード 39 !!!!!!!!

43はアルモリカン。39は交雑種です。わざわざコンピューターを使っておいて、こんなアホな結果が出るとは・・・。

だれが見ても明らかに間違いであり、訂正してもらうのにややこしい手続きも必要ない、と思いますが、それにしても・・・。あんたら、やる気ないんちゃう?と思うような事態があまりにも頻繁に起こり(スムーズに行く方がマレ)、疲れます。

即、係に電話すると、『その子牛は、43で登録されてますけど。』

でも、パスポートには39。係の方もわけがわからないまま、そのパスポートを返送して、正しい番号で再発行してもらうことになりました。

これってきっと、私が送ったメールの内容を誰かがインプットした時の数字の打ち間違いに由来する、と私は思っています。復帰した牛登録サイトを(サファリで)見てみると、みみちゃんの品種コードは、42になってましたから。(両親が43なのに子牛が42、なんてあり得ないから、交雑種39?)

いえ、それを見た時、まだパスポートが届いていなかったから、即、係に電話して、言ったんですよ。番号が違う、って。そしたら、上記と同じ回答 : 『その子牛は、43で登録されてますけど。』
『はあ、さよですか。ほな問題ないですね。お騒がせしてすんませんでした。』と私。

事前にミスを防ごうとしても、全く無駄でした。

こんなに気をつけていても、時間やエネルギーのロスを防げないとなると、もうがっくり。


みみちゃんの新しいパスポートが、先日届きました。

品種コードは、39

もう、いいです。

FC2Ad