ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルキーズ 21歳

170521
(写真は去年の10月)

冬の間、乾草があまり食べられなくて、痩せてしまったマルキーズ。でも、春になり、新鮮な草をもりもり食べ、元気で21歳の誕生日を迎えることができました。短命だと言われているアルモリカンのマルキーズが、こんなに長生きしてくれるとは、予想もしていませんでした。

Jおじさんが正式に就農した1996年に生まれたマルキーズは、ボラン農場の歴史そのもの。
当初、マルキーズと同じ牧場出身の牝牛が3頭いたけれど、結局残したのはマルキーズ直系の子ばかり。
何がどう良いのか説明できないけれど、私たちの選択に間違いはありませんでした。

もちろん、もう子牛は産めないけれど、だからと言って役割がなくなったわけではありません。

りりーが突然産気づいた時、急いで牛舎に入れようとしたら、そこにマルキーズがいて、牛舎まで(怖がり)りりーを先導してくれました。(子牛が生まれた話はまたの機会に。)

先日、らなちゃんだけ大急ぎで牛舎に入れた時も、らなちゃんの大好きなマルキーズご同伴で、すんなりコトが運びました。(なぜ、らなちゃんだけなのかは、またの機会に)

マルキーズは、私が何をさせたいのか、言っても、言わなくても、全部わかってくれます。そして、面倒がらずにやってくれます。

今、牛たちがいる《大畑》から牛舎まで上って来るまで何百メートルあるでしょうか。斜面だからのぼりはかなりキツいです。でも、用事があるたびに文句も言わず来てくれるマルキーズ。せっかく来ても、餌は乾草だけで、あんまり食べれないのに。

だからいつも、マルキーズがいなくなったらどうしよう、と思います。

マルキーズが最後に産んだ、ふぷき、げんき、いちまの三姉妹も大きく育ち、立派な母牛になったけれど、歳と共にマルキーズのように賢くなってくれるのかな。

今、アルモリカン牛のスタンダードを決めようとしているらしいけれど、前に三日月型に曲がった角(マルキーズのは上を向いた古代角)や、おでこに白の斑点(マルキーズにはなし)が無くても、肉牛の体型(マルキーズは完全に乳牛タイプ)をしていなくても、良い牛は良い、じゃダメなの? アルモリカンって、この辺りでは《雑種》という名前で呼ばれてたのに。

これからはボラン農場の牛は、マルキーズ種、という名前で呼びましょうか。でも、なぜか未だにマルキーズそっくりの子は生まれません。

マルキーズは、特別な遺伝子を持った唯一の牛?
と言うと、国宝級かも。
スポンサーサイト

去勢くんたちの春

170318

忙しい、忙しい、と言ってるうちに、春がすぐそこまで来てしまいました。

先日はいよいよ一年生去勢たち3頭が、ジョンさんち牧場へ。あのかわいい“ももたろう”くんも。これからは、冬の食堂さえなしの野生生活です。

次の日、3才目前のジャコくんをお迎えに行ったら、一番小さいマックスくん(やっと一才)が、いっしょに行きたそうで、しつこく出荷柵内に入ろうとしていました。(トレーラーに乗れば、おうちに帰れる、と思ってる。)そう言えば、マックスくんのママ(ふみ)も、数日間泣き続けてました。

3頭がいなくなり場所が空いたので、今までおんまさんボックスが食堂だった一年生の女の子たち(ルーシーとみよ)も、それぞれの席につながれてごはんを食べるようになりました。

さて、出発したジャコ(おじゃこじゃなくて、この辺りで知られた小人の名前)は、もう1年ほど前から私が目をつけていた、理想的な体型(私の個人的な意見)の牛で、結果が待ち遠しいです。(ずっとお天気が悪くて、いい写真なし。)

そして、未来の去勢くんたち。(一番上の写真)

マリオくんはもうすぐ4ヵ月になるけれど、ニコくんがまだ小さいので、獣医さんに来てもらうのはまだ少し先のことです。それに、去年末に生まれたマルセルがすごく良いので、去勢しないで種雄牛にしたら、という案も出ています。うちでは不適合牝牛ばかりなので、よそからご希望があれば・・・。

4月になればまた子牛のお誕生があるし、よけいに忙しくなりそうなボラン農場の春です。

ボラン食堂の通常営業(やっと)開始

170218

当分雨もなさそうで、気温も10℃を軽々超えるようになったので、子牛たちも(ママたちと)みんなといっしょに外で寝てもらうことにしました。

南側の牧草地から北側に移動した群に、牛舎お泊まり組を放すと、

えらい騒ぎに。

いったい誰がどうなってるのかも分からず、ただただ走り回る(飛び回る)牛たちに、そんなことには全く関係しないで、ただただ草を食むマルキーズ、というのが上の写真です。

この後、恒例のボラン食堂を今季初めて営業しました。

今季は総勢(小さいのも入れて)19頭。あんなに狭い牛舎にみんな入るんやろか、と心配しましたが、

入りました。

まだ慣れていない一年生も、暴れることなくおとなしく席に繋がりました
今季は、隣の牛を脅す子もなく(隣の子のごはんを優先して食べる牛は多発)、平和な初日でした。

1月生れの子牛たち

めずらしく寒くて冬らしいお天気の日が続くボラン農場です。

ご紹介が遅れましたが、1月にこんなのが生まれてます。

170210 3
ヌリアちゃん(女の子)

170210 2
ニコデムくん(愛称ニコ、男の子)

ぬいぐるみじゃなくて、本物の子牛です。
カメラをなめに来たところを。

ボラン農場で新年

170101

今朝もやっぱり霧のボラン農場。
ほんとうにギリギリだったけれど、みんな(去勢組以外)いっしょに新年を迎えることができました。

今年も毎日楽しく過ごせますように。
かわいい子牛がたくさん生まれますように。
欲を言えば、今年こそ家に住めるようになりますように。

どうぞ良いお年を!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。