ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

迷子の子ねこちゃん

それはそれは暑かった日のことです。(たった2日間だけ。)
乾草を巻くロールベーラーに来てもらうことになっていて、Jおじさんは、トラクターに乾草の畝を作るマシンを付けて、ジョンさんち牧場(去勢たちがいるところ)に行きました。

朝からお日さまが照り、湿気もないので、本当はもっと早く始められたのに、もう、お昼近くになっていました。さすがのJおじさんも、ロールペーラーが来るまでにやってしまわないと、とかなり焦って出て行きました。

出て行って間もなく、Jから電話があり、ジョンさんち牧場まで至急来い、と。

オスカルを連れて来てはいけない、と言うので、オスカルくんは納屋に閉じ込めて、私だけ車で飛んで行きました。

以下、Jの説明です。

『牧場の柵を開けて中に入ろうとしたら、お屋敷の門からちっちゃなねこが出て来て、ぼくに向かって歩いて来るねん。それも道路の真ん中を歩くから危ない、と思って、すぐに抱き上げてトラクターに乗せてん。昨日、ジョンさんの容態が悪なって、また病院に運ばれたみたいやから、家には誰もいないはずやし、もしかしたらジョンさんの生まれ替わりか、と思って・・・。(いえいえ、ジョンさんは健在です。)』

この子を放っておくと、車にひかれてしまうから、とボラン農場にとりあえず連れて行こう、ということだったんです。

子ねこがパニックになって車の中で暴れてはいけないので、Jが抱いて車に乗り込みました。
そして、子ねこを工事中の家に閉じ込めて、Jをジョンさんち牧場まで送りに行きました。

おかげで、すでに予定より遅くなっていたのが、大幅な遅れになり、Jおじさんはお昼ごはん抜きで作業することになりました。(私の知らないうちにビスケットを食べたらしいけど。)

Jに、戻ってくるまで見といて、と頼まれた子ねこは、こんなんです。

160722.jpg

黒猫のせいか、『ミャー』って話しかけられても、正直言って、私にはかわいいとは思えない顔をしています。

でも、Jは、美しくてかわいい、とお気に入りです。Jの両親は猫好きで、家で飼っていたのはいつも黒猫だったそうです。そのせいか、黒猫だからなに? と全く気にしません。それどころか、いやに人なつっこくて、かわいくてしかたがない様子です。

この辺りによくいる野良猫とは全く違うタイプで、迷子か捨て猫としか考えられません。迷子にしては、首輪もしていないし、誰か探しているような気配もないし、捨てられた可能性の方が大きいような・・・。

うちには、ねこは2匹いるのにどうしようか、と言いながら、もうすでにうちの子のようになった子ねこちゃん。どうやら女の子らしいけれど、まだ名前はありません。Jの猫だから、Jの好きな名前にすれば良い、と私は『にゃんこちゃん』と呼んでます。

どこかのお家で飼われてたらしく、ひとりでお留守番できるし、トイレもちゃんとわかってました。今のところ、オスカルも、おとなしく子守のようなことをしてくれるし、どうにかなりそうです。

追記 : ジョンさんの奥様によると、やっぱり捨て猫らしいです。夏のバカンスの時期は、お屋敷の向かいの採砂場に捨てて行く人が後を絶たないとか。奥様は、お屋敷の庭に黒猫のにゃんこちゃんを見つけた時、縁起が悪い、と追い払ったそうです。
スポンサーサイト

速報:ふわふわの目が開きました

昨日あたりから、ふわふわは、『ねぇ、それ、食べれるもの?』と言うような時、ちょっと左目を開けるようになりました。

まだ、しょぼしょぼさせているけれど、瞳が見えるまで開けられるようになりました。ちゃんと見えているかどうか、まだわかりませんが、少しずつ回復しているようです。

(写真を撮ろうとしたらイヤがったので、ちょっと前の写真。)
120406 1

ふわふわの目は開いたけれど、雨が降りません。

昨日も、今にも雨が降りそうな空模様だったのに、一滴も落ちて来ませんませんでした。一昨日、ほんの申し訳程度に降っただけです。

今朝、ジョンさんの菜園を(トラクターで)耕しに行ったJおじさんによると、菜園の土は、耕した底までカラカラだったそうです。なんか、去年よりもひどそうです。

これから、一ヵ月雨が降り続いたとしても、文句は言いません。

ふわふわの災難

天気予報によると、雲一つない晴天は今日が最終日で、明日からは春らしく、雨が降ったり晴れたりの忙しいお天気に変わるそうです。気温だけは、もう土曜日からふつうに戻り、今朝は霜が降りました。

さて、今日はボラン農場の家ネコ、ふわふわの話です

120402 1

好きな時に家(小屋)のドアの前でニャーニャーやって、家の中に入れさせるふわふわは、だいたい夜は、夕食後の巡回を終えて、遅くやって来ます。

その日もふわふわは、家で寝ましたが、翌朝、いつまでたっても起きて来ません。ベッドの上のJおじさんの足の位置で、ひたすら眠っていました。小屋のすぐ外には、まるまる太ったネズミの死骸が置いてありました。

いつもなら、朝になると一旦外に行って、Jおじさんが朝ご飯を作っている時に戻って来て、ミルクをねだります。今日はなんかおかしい と思ったけれど、Jおじさんが、そっとしておけ と言うので、そのままに。

ふわふわの左目が開かないのに気付いたのは、ずっと後のことでした。

次の日も、ふわふわは元気がなくて、左目から目やにが大量に出て、それがくっついて目が全く開けられませんでした。かわいそうなので、熱いタオルで拭いてやったけれど、目は閉じたままでした。

大好物のアルモリカン牛レバーも食べないし、ミルクも飲まないので心配しているうちに、目が開かない顔の左側が腫れて来ました。

これはただ事ではない とJおじさんが獣医さんに電話して、その日の夕方に診てもらうことにしました。

ふわふわは、ボラン農場のネズミ駆除員であって、ペットではないので、旅行用のキャリーバッグなど持っていません。なので、Jおじさんは、カゴの代わりにと、段ポール箱に窓を開け、そこに金網を取り付けたのを用意しました。

家を出る時間になったので、ふわふわをその中に入れようとすると、あら、あんたそんなに元気だったの と思うほど力いっぱい抵抗しました。それでも無理やり箱に閉じ込めてしまうと、金網を体当たりで押し曲げて、ちょっと開いた隙間から脱出しようとしました。

それじゃよけい危ないので、あわてて箱から出し、獣医さんに行く時間も迫っていたので、急きょ別の段ボール箱に閉じ込め、ふわふわがヘンな声で泣き叫んでも聞こえないふりをして、箱ごと車の助手席の足の所に押し込み、急いで出発しました。

獣医さんのある隣町まで、私だと30分はかかります。それなのに、一時間もしないうちにJおじさんが戻って来ました。

車の助手席には、獣医さんから借りて来たカゴが置いてありましたが、中は空っぽ。ふわふわは? と言うと、助手席の後にうずくまってました。

家を出て間もなく、ふわふわは、またもや段ボール箱から脱出したそうです。だから、帰りは、は獣医さんのカゴに入れたけれど、またもや脱出。その上、とうとうガマンできず・・・・、座席の後でおしっこをしてしまいました。

病気だから、いいの、いいの とそれは大目に見て、ところで、獣医さんの診断は? と言うと、どうも何者か(キツネとか野生の動物)に目の上あたりを殴られたのではないか と言うことです。ふわふわは、以前にも、何か動物に、おでこから耳にかけてかじられたことがありました。

今回は、その殴られたところが化膿して腫れ、体温も40℃あったそうです。だから、ごはんも食べられなかったわけです。でも、獣医さんに注射をしてもらって、翌日から飲むお薬ももらって、一安心。

なんて、言っている間に、元気を取り戻した本人は、さっさとネズミ狩りに出かけてしまいました。もう、病気の時ぐらいやめておけばいいのに、痛い目にあっても全くこりてないふわふわです。

そして、戻って来た時には・・・、びっこひいてました。

私の憶測では、片目が見えないのに、いつものように高い所に登って、距離感を誤って脚をぶつけてしまったのだと思います。また、獣医さん行かなあかんや~ん と嘆くJおじさんに、もらって来たのが炎症を抑える薬やから、これにも効く と説得して、様子を見ることにしました。

案の定、ぶら~ん としていた右前脚も2日で治り、8日分のお薬も全部飲ませたけれど、ふわふわの左目は、まだ開きません。

Jおじさんは、両目が開いた事故前のふわふわの写真を、全部大事に取っておくそうです。

ふわふわの目が開いたら、またお知らせします。

空の鳥は

ここで冬を越したらしい鳥たちが、お天気が良くなって(昨日から雨になりましたが・・・)うるさいと思うくらい、はしゃぎまわっています。

いったいどこから入って来るのか、家の中で小鳥が飛び回っていることが、時々あります。

先日はこの子:

120318 1

お外に行こうとして、日の当たった南側の窓ガラスに頭をぶつけ、目を回していたのを、Jおじさんが見つけました。

ボラン農場には、よそから脱走して来た牛や馬やロバが、並木道から入って来ることがよくあります。まるで何かに惹かれたように・・・。(おかげで、菜園はボコボコ。)

そして、鳥たちは、なぜか家の中に入りたがるのです。一度は、ストーブの中で音がする と思ってみたら、すずめ(に似たの)がいました。煙突から入って来たのに違いありませんが、そんなにしてまで家に入りたかった? それからは、毎日、ストーブの中に鳥がいないか見ています。

小鳥が大好きな(?)家ですが、天井の色は、もちろんブルーにします。一口にブルー と言っても、いろんなブルーがあって、できれば煙突の色と相性の良いブルー。

まず最初に試してみたのが、ブルーブルーNo.6 という名前の色でした。青空に似たブルーのイメージだったけれど、試し塗りをした板を天井の位置に置くと、なんとなくグレーっぽく見えます。

煙突の色は、パステルブルー という名前なのに、ブルーブルーNo.6に比べると、ちょっとグリーンが入っていて、その二つを並べるとちぐはぐな感じがします。

なので、もう一度ペンキの色見本を見て、ほんの少しグリーンが入ったブルーを選びました。 (まだ買ってないけれど。)

それにしても、天井に空色を塗るはずだったのが、私たちが選んだのは、どちらかと言うと海のブルーです。果たして、海のブルーだと、鳥が家の中に紛れ込んで来るのを防ぐことができるでしょうか。

オスカルの獲物

ボラン農場のあるこのあたりは、自然の真っただ中で、(オーナーのいない)野生の動物も豊富です。家からすぐのところでも、うさぎに、狐に、鹿に、いろんな動物を見かけます。

だから、土日は、ハンターの遊び場となるのです。狩場は、ボラン農場の南にあるお城の領地だから、うちには入って来ないはずだけど、猟犬の群れが吠え回る声が、すぐ近くに聞こえます。

すると、じっとしていられないのが、うちの名犬オスカルです。猟犬が気になって、一日中、吠えたり走ったり、うるさいです。

さて、今日のオスカルとの会話です。

Oscar 1 jp JPG

Oscar 2 jp JPG

Oscar 3 jp JPG

Oscar 4 jp JPG

うちの名ハンターふわふわは、食べきれないほど、うさぎやねずみを獲って来ては、そのへんに放ったらかしにします。それを拾ったオスカルがあっさり私にくれた、このねずみさん。実は頭がなかったので、背筋がぞ~っと・・・。

頭を食べたのは、ふわふわか? オスカルか?

FC2Ad