ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古いピアノ



古い牛:本文とは関係なし

一週間ほど前から(依然として工事中の)家に、古いピアノが来ました。

これから家の中の壁を塗るので、じゃまになるものは全てまとめて、使わないものは捨てたばかりなのに。
すごく場所を取ります。グランドピアノだから。

私が県で一番大きい街にバスで行くと、どうしても前を通る楽器屋さんがあって、もう何年も前から、カワイの白いグランドピアノが置いてありました。『ああ、ピアノもいいなぁ。』といつも見ていました。

良くある話ですが、私も、小さい時ピアノを習いたかったけれど、ピアノなんて買えないからダメ、と言われた一人です。そうして、ピアノを始める時期を逃してしまい、大きくなってからやっとハモンドオルガンを習い始めた、というわけです。

ボラン農場に引っ越す前、私は中古で買ったハモンドオルガンを持ってました。それを親戚の家に預けてあったのですが、その家に雷が落ちて、電化製品全てダメに。私のハモンドオルガンも焦げて、廃棄するしかありませんでした。

だから、新しい家ができたらまた中古のハモンドでも、と思っていたのですが、今は骨董品のハモンドオルガンしかないようで、お値段も私には手が出ないほど高いし、メンテナンスなんてどうするのよ、とかあって、あまり実現できそうにありませんでした。

じゃあ、この際、ピアノにしよう、と決めていました。

そうしているうちに、家はなかなか完成せず、白いグランドピアノも誰かに買われたようです。

そこに、急に降って湧いた古いグランドピアノの話。ワケあり物件なので、ここではお話しできないのですが、引き取る人がいなければ、その場で壊して金属だけ回収する、という運命でした。

クラッシック音楽愛好者のJや、ピアノが欲しい私が、それを放っておく訳がありません。

決める前に、あの楽器屋さんに行って、修理費がどれ位かかるものか訊きに行きました。やっぱり、あまり古いものは修理が高く付くので、それよりももっと新しい中古または安い新品を買った方が良いのでは、と言うことでした。その時に、中古のピアノをいろいろ触らせてもらって、『ねっ、最近のピアノって良い音でしょ。』とお店のマダム。Jは、あの古いピアノをたたいてみたので、マダムの意見に賛成でした。でも、私は・・・。

もっと新しいのを買った方が安く付く、と言われて、しばし迷ったのですが、答えは・・・、

古いピアノ!

1927年にドイツの職人さんたちが一生懸命作ったピアノです。それを買ってもらった子(大人かも知れないけど)が大喜びした顔を想像すると、絶対にこれを壊してはいけない、と思ったのです。

私達が運送費を払って、タダ同然で譲ってもらいました。そして、先週、修理の見積りも兼ねて、調律師さんに来てもらいました。ずっと長い間調律されていないピアノなので、その日は大まかに、月曜日にもう一度調律してもらいます。

そう、調律できるんです! 弾けるんです!

もちろん、ちゃんとした修理をするともっとお金がかかりますが、それは、また少しずつしてもらいます。その修理費に運送費を足しても、お店で見せてもらった一番安いピアノの5分の1。ホッとしました。

あれから、ヒマを見つけてはピアノをたたいてるJおじさん。私が《ド》を教えてやったら『えっ、なんでそんなすぐに《ド》がわかるの?』と驚いたド初心者ですが、なんか勝手に耳で覚えた曲を弾いてます。もしかしたら天才かも。

はじめは、もしかしたらこのピアノ、呪われてるかも、と心配していたJだけど、壊される運命から救ってやった私達を呪ったら、私たちの方こそ呪ってやる、と言うことにしました。
スポンサーサイト

牛飼いの適性



みなさん、何かの講座か講演会に出席していて『今日は先生の話よう解るわ。私、やっぱりアタマ良かったんや。』と思ったことはありませんか。

そういう時は、実は講師の先生が優秀で、誰にでも解り易く、生徒に関心を持たせる話ができる才能のある人だからです。

私が自分で『牛飼いの才能あるわ。』と思うのも、ボラン農場の牛たちが賢くて、特に私に協力的なおかげかも知れません。

牛たちを牛舎に入れるのに、私が牛たちのいるところまで行って、戻って来る時間だけしかかからないので、牛舎で待機しているJは、たいがい、不意をつかれます。(すぐに来るとは思ってないので。)

先日、やっと、ふぶきの人工授精がありました。

午前中に電話したので、授精師さんが来るのは午後2時以降。お昼ごはんがすんだら、ふぶきを牛舎に入れることにしました。ところが、午前中の仕事が長引いて、ごはんを食べ始めたのが1時半ごろ。Jが食べ終わるのを待っていたら2時には間に合わないので、私ひとりで、とにかく牛たち全員を牛舎裏まで連れて来る、ということにしました。

それから15分くらい経ったでしょうか。Jが牛舎まで様子を見に来た時には、牛舎で、マルキーズ(同伴者)とふぶきがつながれてお食事中。Jおじさん、信じられない!というような顔で見てました。

牛舎裏まで来たのは、マルキーズ、ふぶき、牛舎大好き牛いちまとそれぞれの子供、りりとりらでした。関係者以外はお引取り願って、みんなのところに戻したので、牛舎裏はすでに空。

たまたま、牛舎まで来ていたけど私が見落としていた、らなちゃんをつなぐ以外は、Jがすることは何もありませんでした。

何をさせても中途半端でダメな私だけど、牛飼いの能力だけはある、と自己満足しています。適性のあることをしていると、無理をする必要は全くありません。何をしても楽しくて、夜遅くまでかかろうが、夜中に起こされようが、苦になりません。

フランス(特にブルターニュ地方)の畜産農家が、赤字続きで廃業寸前だとかで、もう何ヵ月も前から、時々道路を占拠したりして政府に訴えてはります。私は、フランスはもとより、世界中の食糧を支える農家が無くなっても良い、とは思いません。でも、もしもその中に、生きた動物を棚卸資産としか考えられない人がいたら、動物を飼う適性がない可能性があるので、他の仕事に転職された方がみんなのためだと思います。

反対に、農家出身でなくても、農業への適性を潜在的に持っている人が大勢現れ、勉強して就農できるようになれば、失業率も下がり、世の中が明るくなるのではないか、と私は思うのですが・・・。

上の写真:朝晩の牛の点呼に手間取る霧の日。

ふくを着た馬現れる



その日の午後、ボラン農場北側の村道を通りがかりに見たのは、子豚10頭ほどがお団子になって道ばたの草を無心に食べているところでした。子豚たちがピカピカのピンクで、その光景は、夢か映画にしか見えませんでした。

でも、この日はこれだけでは終わりませんでした。

夕方、もう暗くなりかけた頃、ジゼルとげんきは、早く子供を連れて牛舎に戻りたくて、柵の前で抗議を始めていました。

Jおじさんが突然『ノン、ノン!』と言うので、どうしたのかな、と見ると、牛たちの前に馬らしきものが。

えっ、リュチックとおかずが脱走?!

とよく見たら、知らない馬が三頭! またまた、どこかから脱走したのが、ボラン農場入り口の並木道から入って来たようです。

よく見ると、三頭のうち二頭は頬綱(馬の場合は別の呼び方?)をしていて、そして、三頭とも、

服を来ていました!

競馬馬に着せる派手な衣装とは違って、ツイードのような生地の服で、長いジャケットのような感じでした。

村では馬を飼っている家は多いけれど、服を着せられた馬なんて見たこともありません。そんなことをしたら、きっと笑いものになることでしょう。

とにかく、保護しないと交通事故を起こしかねないので、Jおじさんは、三頭を牛舎に収容しました。牛たちを牛舎に入れる時間なのに、ほんとにいい迷惑です。(牛たちの乾草は馬に食べられるし・・・。)

いったいどこから来た馬なのか、Jおじさんがご近所に訊きに走り、しばらくして戻って来るなり、

『警察(田舎は警察ではなく、憲兵とか言うらしいけれど)が見に来る。飼い主に連絡してくれた。』と。

(後で聞いた話:飼い主からの連絡で、脱走した馬の足跡を追っているところに、たまたまJが出くわした。)

べつに警察がコワいわけではないけれど、無責任な飼い主に腹が立ってたし、ここは全部Jに任せて、私は引っ込みました。

(パトカーの到着とか、飼い主(女性)の涙のご対面とか、省略)

三頭の馬は、飼い主に連れられ、一番大きい馬を先頭に、パトカーの護衛付きで、歩いて出発しました。先頭の馬は、頬綱を付けていなかったので、うちのリュチックのを貸してあげました。

みんなが帰り、ジゼル、げんき、ルーシー、ルーもやっと牛舎に戻れて、ホッとしたところで、ふと考えると、その日は、東方の三博士がイエス様を牛舎まで祝福に来た、というキリスト教祝日の数日後でした。

ふく(福)を着た三博士の訪問なんて、新年から縁起のいい話です。なにか特別に良いことがある前ぶれでしょうか。

ただ、貸してあげたリュチックの頬綱は、いつまで経っても返しに来てくれなくて、新しいのを買ってやらないといけません。

冬はどこへ行った



冬至も過ぎ、これからは毎日1分ずつ日が長くなる、と思っただけで、気分も明るくなります。

少しぐらいお天気が悪くても、お外で遊んだり、お昼寝したりの子牛ちゃん。たとえ運動場の場所を変えても、夕方になると、ママたちといっしょにちゃんと牛舎に戻って来ます。

一度だけ、ルーがとんでもない所にふら〜っと行ってしまったら、ママのジゼルがパニックになって追いかけ、ルーはすぐに牛舎まで戻って来たのに、それを知らないママだけ、ボラン農場北の果てに向かって全力疾走。止めようがなかったので、とりあえずルーだけ牛舎に入れている間に、どこでUターンしたのか、ジゼルが牛舎に突進して来て、めでたし、めでたし。

それにひきかえ、ルーシーが生まれる前の日にちょっと来た冬は、なかなか戻って来ません。お肉の販売をしたこの週末も、買いに来てくださったお客様は、口を揃えて『寒くならないねぇ。』

車で通り過ぎた道ばたに黄色い花が咲いていて、『まさか!?』と思って、車から降りて確認しにに行ったら、やっぱり黄水仙だった、という話は、二人別々の方から聞きました。

ボラン農場でも、タンポポやひなぎくが咲き、お天気が良い日は小鳥がさえずり、まるで春。温暖化がとうとうここまで来てしまったの? とちょっと怖くなります。

でも、子牛ちゃんたちは、モコモコの毛皮を着て生まれたし、他の牛たちも、オスカルも、いつもこんなだったっけ、と思うほど毛が長いし、きっと寒波はやって来る、と思います。何年か前のように、突然雪が降り出して、あっと言う間に1メートル、なんてことが起るかも。(次の日にはほとんど解けたけど。)

冬の間、生活必需品は買いだめしておくこと。あんまり暖かくて、忘れてしまうところでした。

秋、か・・・

Grand Champ

ファンタも、もうとっくにお肉になって家に戻り、お客さんがそれを取りに来てくださって、それぞれのお家でポトフや季節のお料理になり、おいしく食べていただいています。

あれから、某銀行のミスがどんどん発展して、わが家の銀行口座からお金を引き出され、うちの取引銀行に連絡してその金額を取り返してもらったら、手数料を取られた、などなど、つまらないことで忙しくしてました。(もう大丈夫なはずだけど・・・。)

例年通り、ボラン農場の牛たちは、南側の牧草地を食べ尽くしたら、去勢くんたちのいるジョンさんちへ移動する予定です。

今年はなぜか、ありとあらゆる果実や木の実がたわわに実り、Jおじさんは気味悪がっています。

どんぐりも風が吹くたびに(風がなくても)雨のようにポロポロ落ちて来て、牛たちやお馬さんたちが食べ過ぎて、ドングリ中毒にならないか、心配です。でも、牛にわざわざどんぐりを与える人もいるそうなので、毒じゃないみたいだけど、草を食べないでどんぐりだけ拾って食べる子がいると、要注意です。

また、秋になると狩猟も始まり、特に週末は、あちこちで狩猟犬の群れが吠え、うちのオスカルがそれに応酬し、うるさくてやってられません。果ては、迷子になった犬が、夜中に牛たちを追いかけ回したり、いい迷惑です。

周りは危ないので、ボラン農場の林に鹿が住んでいるらしくて、時々、林のすぐ外に姿を現します。

木の実など食べるものが豊富なので、大小いろんな種類の鳥が来るし、ここだけ動物の天国のボラン農場の秋です。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。