ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

水の偉力、草の魔力

日曜日の夜から月曜日の朝にかけて 久しぶりの雨が降りました。昨日 月曜日はまあまあのお天気だったのですが、今日は朝から にわか雨が降ったり晴れ間が出たり、忙しいお天気です。

雨のおかげで 菜園裏の畑に蒔いた燕麦が一斉に芽を出し、あっという間に数センチ伸びました。水の偉力は相当なものです。

菜園の方も雨の後 野菜がみんなぐんと伸びたような気がします。特に だいこんの葉は 空に向かってぴんぴん伸びています。だいこんがここまで大きくなったのは初めてで、もしかしたら食べられるかも知れない と希望がふくらんできました。

じゃあ、きのこも生えたかも知れない といつもの場所(木と木の間の物干し場)を見に行ったのですが、なーんにもありませんでした。9月からずっと乾燥していたので、今年はダメなようです。

でも、乾燥しようが雨が降ろうが関係なく ムクムク大きくなっているのがいます。

071030 4

今年の1月15日に40キロで生まれたコラです。(本当は“コーラ”と書くべきなのでしょうが、実際の発音は“コラ”です。べつに叱ってるわけでは・・・)これでも女の子です。

ほら、顔は女の子らしいでしょう。(後ろはイッジーばあちゃん)

071030 3

この間 発情してひとりでうろうろ。だれにもかまってもらえなくて泣いていたら、お友達のカシューくんが来ました。カシューくんは1月1日生れで コラより15日大きいのですが、この通り コラの方が背が高く、体重も重そうです。

071030 2

コラのお母さん、ユプサは うちではバランチーヌと一二を争う大型牛です。今の体型を見るとユプサが一番重い と思います。
(ユプサとコラ)
071030 5

そのユプサよりずっと発育の良いコラ。お母さんより大きくなって うちの牛舎に入らなくなるのが心配です。

Cola 1

Cola 2

スポンサーサイト

冬時間になりました

きょうからまた冬時間に戻りました。夏時間の間 お日様に対して2時間先を行っていたのが 1時間に縮まりました。だから、朝 目が覚めたら東の空が薄明るくて 『うわー、寝過ごした !』と 8時半に飛び起きることはなくなるはずです。今の時間で言うと お日様が昇るのは7時半ですから。

冬時間になったので 家中の時計を一時間遅らせないといけません。家(小屋)の中の掛け時計、電話、携帯(冬時間に合わせるだけだけど)、カメラ、車2台にトラクター などなど。パソコンは勝手に変えてくれるので楽ですが、一番めんどうなのがこれ。

071028 1

納屋の猫のためではなくて 外にいても時間がわかるように掛けた時計です。こんな場所だから 自動で時間が合うのにすれば良かったのに、年に二回 ここまで登って来ないといけません。

夏時間を採用することによって、エネルギーの節減ができているそうですが、なにかと面倒です。

今日のボラン農場です。

071028 2

これは毛長のムーミンではありません。うちの牛たちです。食欲の秋とは言っても、こんなに太って大丈夫 ? この冬は例年になく寒さが厳しくなるのかしら。

Carte 071028

今日は南の風が吹き、朝晩の冷え込みもありません。夜になると久々の雨が降り出しました。

但馬の国の牛さんたち

全国和牛能力共進会の会場から但馬家畜市場のある養父市まで 男前さん運転のプリウスで 牛飼いさん、照長土井さんと私は快適なドライブ。海あり山ありの日本独特の風景を見るのも忘れて 話に熱中してしまいました。

照長土井さんの牛舎に着くと、姫様直々のお出迎えでした。でも、牛舎の扉が開くと、大急ぎで放牧地に駈けて行かれました。後に続く牛さんたち。てるなお婆ちゃんも文字通り飛んで行きました。若いなぁー。

20071027113059.jpg

どうしても、絶対にお会いしたかった牛さんたちです。さわってみたかったけど、草を食べるのにお忙しそうだったので そっとしておきました。

さて、翌日10月15日は 但馬家畜市場10月セリ子牛市です。

20071027113155.jpg

朝からトラックに乗せられて、知らない牛たちがたくさんいるところに連れて来られて、知らないおじさんたちにおしりを触られて(キャー)おろおろしている子牛たち。でも、こちらに比べるとずっと丁寧に扱われているから大丈夫。牛の値段と尊厳は比例するのでしょうか。

20071027113255.jpg

まだセリは途中だったのですが、照長土井さんのご案内で兵庫県の北部農業技術センターに向かいました。ここにはまだ若い雄牛がいます。

20071027113342.jpg

続いて 加西市にある総合センターの種雄牛を見せてもらいに行きました。

今まで雄牛と言うと 隣のF君とこの チビのくせにやたら奇声を上げるヘンなのしか知りませんでした。前にいたキングコング君は放牧地から逃げ出し、道を走っていた車にいちゃもんをつけ 交通渋滞を起こしたことがあります。今はもっとおとなしいビアン君(アルモリカンです)に交代しましたが、それでも搾乳所から牝牛を従えて戻って来る時 道ですれ違うのは避けています。

だから私は 雄牛君たちをこわごわ覗いていたのですが、みんな気が良さそうで『ねー、あんただれぇ。どっから来たん。』と顔を出して来ました。それに 大きくなればなるほどやさしそうな顔をしていて、今までのイメージはなんだったの と思いました。

中でも照岡土井君がかわいくて、うちに連れて帰りたいほどでした。私といっしょに来る ? と聞いたら ボラン農場は草しか食べさせてくれへんからここの方がええ とお家に帰って行きました。

20071027113449.jpg

写真はこれだけしか撮らなかったのですが(和牛最発見館でお客さんにさんざん撮るな と言ったせい ?)私の頭の中のメモリーは 一生消えることのない写真でいっぱいです。照長土井さん ほんとうにありがとうございました。おかげさまで いろんな人や牛さんにお会いでき 思ってもいなかった充実の旅となりました。この日もめちゃめちゃ楽しかったです。

日本でお世話になった皆さん、今度はアルモリカン牛を見に来てくださいね。

牛・牛・牛、人・人・人 - 全国和牛能力共進会

照長土井さんや牛飼いさん・男前さんにめでたく会え 一段と気分も盛り上がったところで最終日の14日日曜日となりました。この日は ボランティアセンターの方々のお心づかいで 自由に見学する日になっていました。

もちろんそれまでの3日間も、1時間休みの間にあちこち走り回りました。

ちょうど列の最後に入れてもらえて 運良く試食できた鳥取和牛の串刺しです。

20071024144557.jpg

もう、最後の最後でした。

これもお味見したかったけど 列が長過ぎてダメでした。

20071024144704.jpg

と なぜかお味見優先だったのですが、この日はいよいよ 照長土井さんのご案内で牛のお勉強です。

参加した牛の数もすごかったのですが、来場したお客さんの数も 全会場4日間で27万人を超えたそうですから この日も朝から大盛況でした。

人ごみをかき分けて 兵庫県の牛のいる牛舎にたどり着くと 牛さんたちのほとんどは 審査会場に行っていてお留守でした。でもその代わり そのちゃんとtotoさんがいました。(と言っても つながれていたわけではありませんので。)

でも こうしてブログでお名前だけ知っている人たちに実際に会えて フシギな気持ちです。あれ夢やったんよ って言われたら信じます。

で、牛に戻ります。とにかくあっちにもこっちにも黒い牛がいて どれがどこの牛なのかもわからず、ただただシャッターを切るばかり。

20071024144803.jpg

これは美方郡の但馬牛です。べつに照長土井さんが持っているからではなく、毛を見るとわかります。と いうようなことを教わりました。

20071024144903.jpg

この牛さんたちもどこから来たのか覚えていませんが、右の牛がうちのマルキーズにそっくりなのでパチリ。

20071024144951.jpg

こっちはバランチーヌのそっくりさん。隠岐島の牛さんです。

20071022180324.jpg

こうしてキャーキャー言っているうちにお昼になり もう出発の時間です。牛飼いさんと男前さんが翌日の子牛市に行かれるので 私も車に乗せていただいて但馬のお国に向かいました。まだまだお勉強は続きます。

黄色いウインドブレーカー - 全国和牛能力共進会

20071023110731.jpg

持って帰ってもいいものか係の人にも聞かず 記念にいただいて来たものです。腕にSTAFFと書いてあって 私はちゃっかりこれを着て、地元の人たちといっしょにボランティア活動をしてきました。

どうせ行くならじっくり時間をかけて見てみたい。それだったらついでに舞台裏まで見たい と思ったからです。私みたいなヘンな日本人を受け入れてくださった ボランティアセンターの方々、また班長さん以下チームの皆様、本当にありがとうございました。しっかりお世話になってしまいましたが、楽しかったです。

私がいたのは 会場の入り口正面の《和牛再発見館》。

20071022180237.jpg

展示物の監視が役目でした。監視ポイントは3カ所あって、1時間または30分ずつで交代でした。

牛の眼体験コーナーはおもしろかったけど 説明が大変でした。牛は眼が悪い上に色を識別しないけど、視界が340度以上あって後ろのものも見える ということを画面を見て納得してもらえたかどうか・・・

牛の農具コーナーでは つい最近までこんな道具を使って農作業をしていた というお客さんが大勢いらっしゃいました。でも、ここのコーナーの安全重要ポイントは 刃物を含む牛の爪の手入れに使う道具でした。これは今も実際に使っているもので 話をしながらつい手に取る人がいて 私があわてて大声を出し かえってお客さんをびっくりさせてしまいました。

私のお気に入りのコーナーはなんと言っても 6頭の子牛(黒毛和種、褐毛和種、無角和種、日本短角種にホルスタイン、ジャージー)がいたところです。

20071022180259.jpg

これは 褐毛和種のゆかりちゃんです。見た目もきれいでお客さんの目を引いたし、いくらさわっても嫌がらないので みんなにかわいがられていました。おとなしいのはシメンタールの血のせいでしょうか。でも 和牛は黒 というのがあるみたいで、ジャージーに間違われたり これも和牛の一種とはなかなか信じてもらえませんでした。

20071022191500.jpg

こちらは 日本短角種の去勢君です。うちのカシューと同じ年頃で、顔がそっくりです。日本短角牛は イギリスのショートホーンが混じっているので 言わばアルモリカン種の遠い親戚です。

こんなにかわいい子がいると 誰だって写真を撮りたくなりますよね。ところが和牛再発見館は全館撮影禁止でした。だから 誰かが写真を撮ろうとしていると注意するのが ここでの一番の仕事でした。だからと言って お客さんが気を悪くするような言い方をしてはいけません。しつこくならないように 臨機応変に対応せよ というお達しが出ていたのですが、そういうのが苦手な私です。みんな公平にと 見かけると必ず、怖そうな人でも注意したので 気を悪くした人がいたらごめんなさいね。(上の写真は 朝早くお客さんが来ないうちにこっそり撮ったものです。)

館内は 飲食も携帯電話も禁止でした。あれは3日目(10月13日)のことでした。

土曜日の午後で館内はかなり混雑していました。ゆかりちゃんのすぐ横にいた私の目の前で どう見ても牛飼いの格好をした人が大声で電話していました。私はすかさず『お客様、恐れ入りますが 館内携帯電話使用禁止となっております。』と やりました。その方は平謝りでしたが、ちょうどその時 私を目がけて飛んで来た人が。

これがテレビなら ここでコマーシャルが入るとこです。なんか入れましょうか。それとも《続く》でまた明日にしましょうか。いや、いじわるしないで言います。

その時飛んで来たのは・・・牛飼いさんと男前さんでした。牛飼いさんは『これmasayoさんやん。』と。私に怒られた人は なんと照長土井さん。ということで 劇的な初対面となりました。私は 照長土井さんとは電話でお話したことがあるので 声でわかりました。でも、牛飼いさん どうして私がわかったんでしょうね。私 三つ編みしてないのに。

では この続きは次回に。

お留守番のボラン農場では

Ittekimasu.jpg

と 私が日本に向けて発った直後に遡ります。
10月6日にシュパがよそに行ってしまいました。前に見にいらっしゃったおじさんのところです。Jがその時のことをわざわざ連絡してくれました。

『Gさんはメルセデスでやって来た。トラックがあまりにも高かったので、シュパを抱いて乗せてやるしかなかった。大変だ。僕は後ろにいたけどそこら中に血が付いていた。シュパは後右足にけがをした。出血が激しい。僕は傷口に手を当てた。そこには大きな穴が開いていて、かなりの大出血だ。僕は恐くなった。僕はGさんに 小屋に行って救急箱を取って来てくれるように頼んだ。出血が激しいため 傷口から手を離すことができなかったからだ。包帯で止血したけど 最悪の事態を心配した。動脈切断だとしたら シュパは出血多量で死んでしまう。シュパ、シュパ。こんな家畜運搬用じゃないトラックに乗せようとしたがために。Gさんが地面に落ちていた何かを見せてくれた。球状の肉片。イボ(大きなかさぶた状のもの)だ。シュパの後右足の内側にあったイボが取れたんだ。ほっ。僕は止血の包帯をはずして 絆創膏を貼った。まだ出血はしているが そのうち止まりそうだ。トラックはシュパを乗せて、新しい人生に向けて行ってしまった。』

もう、人騒がせな。大丈夫だったら はじめからそう言えば良いのに。

ということで 私の留守中 Jがしたことです。

20071021181421.jpg

20071021181458.jpg


こちらはもう本格的な秋で、朝晩は冷え込みます。今朝の気温は2℃。霜が降りました。だから、牛たちも冬の長い毛でちょうど良いのですが、でもこんなにコロコロ太っていいの と言いたくなるようなのが何頭かいます。中でも、大食いシスターズはかなりのものです。

こちらは姉のアーニカ(22ヵ月)です。
20071021181547.jpg

こちらは妹のベラ(10ヵ月)。
20071021181631.jpg

日本の牛さんが見たらびっくりするでょうね。

ただいま !

昨日の夜遅く パリ経由でレンヌ(ボラン君がいる都市)に着き、空港からJおじさんの運転でボラン農場に帰る途中 今日になってしまいました。(2時間の道のりなので)

向うからごあいさつ と思ってノートパソコンなどを用意していたのですが インターネット接続ができなくて(やりかたがわからない)ご無沙汰してしまいました。

こんなところへ行っていました。

20071019192220.jpg


20071019192313.jpg


20071019192416.jpg

そうです。全国和牛能力共進会のあった鳥取です。そのあと 照長土井さんのご案内で 子牛から種雄牛まで見せていただき もう夢のような但馬牛三昧をしてきました。

まだ時差ボケのせい(だと思う)でぼーっとしていて 頭の中を和牛が飛び交っているような状態ですが 順次おみやげ話をして行きたいと思います。

向うでお世話になった皆様、本当にありがとうございました。無事に家にたどり着きましたのでご安心ください。

今朝 いつものように牛たちを見に行ったら 冬毛のボラン農場の牛たちが いやにデブに見えました。

一年のしめくくり

なんで今ごろ と思われるかも知れませんが、こちらの農業サイクルは 今がスタート時点です。Jは10月1日 と言いますが たぶん本当は 9月29日のサン(聖)ミッシェルの日に 地主さんのところにこの一年の地代を納めに行き、これからの一年もよろしくお願いします とごあいさつをします。

そうして 新しい年がスタートした昨日、めでたくマルキーズの人工授精がありました。

20071003211326.jpg

マルキーズは今年の3月にかなを産んで以来 なかなか発情せずそのままでした。普通なら 一定の時期にホルモン注射で発情させて 種を付けてしまうのでしょうが 発情しないのは マルキーズに何か思うところがあるのだろうと 私たちはのんびり待っていました。マルキーズは 2才の誕生日の前日にオラが生まれてから 毎年子牛を産んでくれました。ここでちょっと休みたかったのかも知れません。

さて、発情したとなると マルキーズを牛舎に入れないといけません。他の牛だったら 発情した牛とそのお友達を連れて来ればすむことです。ところが マルキーズだと そんなに簡単に行きそうもありません。試してみることもせず 全員牛舎裏のパドックに連れていて行くことにしました。

ということで イッジーばあちゃんを呼んで来て、全員移動です。今 お馬さんたちのいる斜面の上の道を通ります。道幅が狭いので 追い越しは危険です。イッジーばあちゃんが先頭で道を塞いでしまったので なかなか進みませんでしたが どうにかだれも斜面に落ちず 全員パドックに到着しました。

20071003211842.jpg

その後 素直に牛舎に入ったのは イッジーばあちゃん、ユプサ、みよ、ベラ、コラでした。マルキーズとかなも つられて入ってくれました。母子をつないでしまうと 今回お呼びではない良い子たちを牛舎から追い出して、みんなを元の放牧地に戻しました。

授精師さんが来たのは夕方で 私は外出していたのですが、私の希望通りお父さんはアジルです。これでうまく行けば今年の分は終了です。(申し遅れましたが みよも大丈夫みたいです。)うまく行きますように。


さて、お知らせですが、明日から二週間 ちょっと旅に出てきます。みんなを置いて 私ひとりで行きます。行き先はべつに内緒じゃないけれど、向うに行ってからで良いですか。(もちろん 牛がたくさんいるところです。)できれば 向うからごあいさつしたいと思います。

では、皆様それまでごきげんよう。

働き者のお馬さん

今日は 曇のち雨のボラン農場です。今朝の気温は9℃で これからは気温が高めになるそうです。

昨日の朝は 4℃まで気温が下がり、真っ白な霧でした。昨日は 銀行(土曜日は12時まで、日・月とお休み)に用があったのですが 11時近くになっても霧は晴れず 私はこわごわ隣町に向けて出発しました。道中 視界が50メートルもないところもありましたが うちから15キロの隣町に着いたら青空でした。帰り道ももうずっと青空で 気温もぐんぐん上がりました。

昨日もまたお肉のお客様がいらっしゃって、午後は ぺんぎんさんが子ペンギン君たちを連れて来てくださいました。せっかくのお客様だったのに Jおじさんは お天気が良いうちに とお馬のポポットと農作業です。

20070930200847.jpg

ここは堆肥を入れて、耕して、前日に手回し式の種まき機で牧草の種(3種類のライグラスと白クローバー)を蒔いたところです。今日は こんなトゲトゲが付いた道具で種に土を被せて行きます。

20070930201007.jpg

お馬さんとの作業は のどかで騒音も大気汚染もなくて(軽油の消費もなし)もっともっと使いたいのですが、適当な道具が少なく(特に草を刈るのが難しい)ついトラクターに頼りがちです。

20070930201105.jpg

このトゲトゲの作業は 見た目より大変で 傾斜のある約4分の3ヘクタールも歩かせられ ポポットはもうくたくたでした。それでも お馬さんたちは Jおじさんといっしょに作業をするのが大好きです。牧草地にいてもすぐに退屈して Jおじさんが呼びに来るのを待っています。昨日お呼びのかからなかったリュチックは すぐ横の区画から ポポットが作業するのを始終うらやましそうに見ていました。

昨日の作業にポポットが選ばれたのも まだ訓練中だからです。先週の日曜日だったのですが、ポポットは《ながえ(車の前に付いている2本の棒)》デビューをしました。

20070930201218.jpg

馬にしたら 初めて左右を棒に挟まれて 後から大きな物がついて来たら びっくりしてしまいます。そのために最初は 馬に蹴られても、馬が暴走しても大丈夫な車を使います。でもうちにはそういうのがないので、ちょうど来てくれた友達のAに手伝ってもらって ポポットを石灰蒔き機につけてみました。

どちらかと言うと神経質そうなポポットも リュチックやおかず(ポポットの兄)のように おびえることなく簡単にクリアしてくれました。これで ポポットも一人前です。お馬さんたちは働き者なので 毎日仕事をさせたいけれど 必要な道具がないのが本当に残念です。

FC2Ad