ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑わないでください

6月に子ねこの“ふわちゃん”と“もこちゃん”が生まれて(しまって)から、もうこんなことがないように カネルの不妊手術を予定していました。避妊薬だと 間違いなくカネルだけに飲ませるのは難しいし、毎日続けないと たまたま薬を切らせた時に どこからともなくオスねこがやって来たり 何かとめんどうだからです。

それで 子ねこたちが離乳しても良い頃を見計らって 獣医さんに問い合わせたところ もしもカネルが妊娠していたら 手術に手がかかり、料金も高くなる ということでした。その時、絶対に妊娠していない という確信がなかったので しばらく様子を見ることにしました。

ところが いつまで待ってもカネルは発情しないし、だからと言って お腹も大きくならないので もしかしたらもう子供ができないのでは と疑っています。カネルはもらいっ子で いったい何才なのかわかりません。そうすると 手術代がかからなくて私たちにはお得なのですが・・・

でも、まだこの子がいます。

090130 2

もう、専用座布団からはみだすほど大きくなったふわちゃん。先生から聞いていた手術適齢期《満7ヵ月》になりました。

そう言えばこの頃 おしりの穴(ここでこんな話をして良いのでしょうか?)のまわりが腫れているような気がして もう発情も間近ではないか と心配でした。いつものようにぐずぐずしてるうちに またどこからともなくハンサムな男の子がやって来て・・・ なんてことがあるとかわいそうなので いよいよ手術してもらうことに。

そのために 今朝 隣町の獣医さんのところに連れて行くことになっていました。ふわちゃんは 今まで一度も車に乗ったことがありません。それに人見知りする方なので 一日中 獣医さんの所に預けることになるけど大丈夫かな とか、果ては Jが『医療ミスゆうこともあるしなぁ。』と言い出すので 昨日からいろいろ心配していました。

りんりんが病気で子宮摘出手術をしてもらったのも 隣町の獣医さんだから 信頼はしています。あれから発情がなくなり 気が楽になったのも確かです。とは言え 病気でもないふわちゃんの開腹手術をするのは やっぱり自然じゃないよなぁ とか考えました。

今朝は 私もちょうど9時に隣町に行かないといけない用事があったけれど ふわちゃんがパニックになったり、いやがって脱走したりすると 私が遅刻してしまうので Jがわざわざ連れて行きました。

さて、私の用事が済み、ちょうど獣医さんの前を通りかかったので ふわちゃんには会えないだろうけど どんな様子か聞きに行きました。それほど心配だったんです。

受付にいたのは 研修生ではないかと思われる若い女の子でした。

私:『こんにちは。うちのメスねこ(フランス語ではどうしてもメスかオスか区別しないといけない。)どうしてるかな と思って・・今朝、手術してもらったはずなんですけど。』
女の子:『はーぁ・・・ メスねこ? あぁ、“うあうあ”ね?』
私:『いえ、“ふわふわ(ふわちゃんの本名)”です。』
女の子:『(小さい声で)“うわうわ”(注:フランス語にはハ行がない。)か・・・、ちょっと待ってくださいね。』

ええっ、なんかまずいことでもあったの と私はますます心配になりました。
女の子は いつもの受付のお姉さんを呼んで来ました。

私:『こんにちは。』
お姉さん:『こんにちは。今、まだ麻酔で眠ってますけど 大丈夫ですよ。《去勢手術》(言葉に間違いなし)ですからね。』
私:『・・・???』
お姉さん:『切る前にちゃんと確認しといて良かったわ。オスねこよ。』
私:『お・お・オスっ!!?』


私がどれだけびっくり仰天したかおわかりいただけるでしょうか。
お姉さんは『よくあることよ。』と言ってくれましたが 穴があったら入りたいほど恥ずかしい思いをしました。でも、おしっこ 後ろからするのは女の子じゃないの? 牛だって、馬だって、犬だって 私たちはそれで区別してるんですけど・・・

と言うことで 夕方、恥ずかしながら Jがうちの去勢(元オス)ねこを迎えに行きました。

でも、うちのふわちゃんが 実はふわくんだった なんてやっぱりショックです。不妊手術より去勢の方が安くついたにしても・・・
スポンサーサイト

血も涙も・・・

ここよりもずっと南の方に台風のように強力な嵐が来て、その影響で夜の間に雪が降りました。でも、朝方には雨になったので ぐちゃぐちゃに。

090124 1

立ったままで眠るお馬さんたちは 平気だけれど、牛たちはゆっくり寝ることができないので 朝早くから『牛舎に入れろー!』の抗議集会がありました。

乾草を少し食べると くたびれていたようで すぐに寝そべってしまったデラックス(前左)とだふね(前右)。
090124 2

そこに しめしめ とごはんの盗み食いに来たのは・・・

090124 3

だなえ(お友達)とマルキーズ(お母さん)でした。

食べ物に関しては 友情も母の愛情もない話でした。

ユーロです

エ・・? え? エー・・・? エッ? とか言いながら 一昨日生まれた子牛の名前を考えていました。今年は《E》で始まる名前です。犬の名前もそうだけれど 毎年アルファベット順で イニシャルが決まっています。

もも(ディナモ)、エコ、○○ と三頭続けて語呂がいい名前・・・? で、ひらめいた名前が《ユーロ》です。《E》だからと言って、《エ》だけじゃなかった。《ユーロ》も《E》で始まります。

まだ お母さんの横で寝てることが多いユーロくんです。
090123 1

ちょっと近くまで行って起こしてやりました。
090123 2

おしゃべりで よくムームー言う子です。エコくんに負けない位ハンサムで、体重も 生まれた次の朝に量ったら 43キロ(!)ありました。

生まれて半日以上でもうミルクをかなり飲んだから 生まれた時より数キロ増えている とJは言いますが、 体重を量る寸前にユーロくん 3回に分けてものすごい量のうんちをしたから 差し引きゼロだ と私は思います。人間の赤ちゃんは 生まれてすぐは体重が少し減るはず・・・? ご存知の方がいらっしゃいましたら 教えてください。

このところ雨が多い上に 強風注意報が続けて出るほどお天気が悪くて、子牛たちはお母さんと牛舎に泊まっています。まるで動物園みたいで楽しくて、かわいいのは良いけれど 掃除が大変です。

男の子もう一丁!

予定日は23日だし、今はお月さまが欠けているところで その位置も下降中なので 油断し過ぎていました。

牛舎にいたユプサが 午後の4時ごろ産気づいた様子で Jは外に放してやりました。ユプサは もうかなり前から 大きなお腹でしんどそうにしていました。

ユプサは おっとりしているようで けっこう神経質なところもあるのか かなり歩き回ってくれました。そして、いよいよ陣痛が強くなった時に 牛舎横のパドックに戻って来ました。

4時23分:子牛は正常頭位です。
090121 1623

外は寒かったので 私は子牛を拭くためのキレを取りに走りました。その間 ユプサのますます苦しそうな声が・・・

4時31分:わー、大丈夫? と駆けつけた時・・・
090121 1631

立とうとして 何度も何度もすごい格好でひっくり返って、
090121 1635

4時52分:めでたく 4本の(すごーく細い)脚でしっかり立ちました。
090121 1652

続いて、なかなか難しかったけれど、おっぱいの飲み方も習得した元気な男の子です。どんな名前にしようか 今、考えています。

思いがけない出会い

昨日、私たちはめずらしく早起きでした。アルモリカンだけではなく 保存プログラムに入っている西フランス原産の牛(全部で5種類)生産者の会合があって Jがそれに参加することになっていたからです。

行き先は レンヌのエコミュージアム。こちら方面から参加する他の二人と 高速に入ったところで合流することになっていたので 遅刻できません。まだ 牛舎に泊まっているユーチカ・もも、バランチーヌ・エコ母子は 外に出さないことにして お母さんたち用の乾草を入るだけ餌箱に詰め込んで Jは大急ぎで出発しました。

お留守番の私は 朝と午後と2回も牛舎の掃除をさせられて うんざりでしたが みんな機嫌良く食べては寝て でおとなしくしていました。他の牛たちは 食堂が臨時休業なので 昨日だけ特別に まだ少し草のある北の牧草地を開けてやりました。

Jが 柵を開けるのに力が要る と言っていたので、私がもたもたしているうちに 牛たちが新しい牧草地目がけて突進して来ては困る と思い、みんなに気付かれないように そーっと行きました。

ところが・・・(カメラを持って行かなかったのが残念!)北の放牧地の入口まで行き、ふと振り向くと もう一つ向うの牧区にいたはずの牛たちが すでに一列に並んでしずしずと私の後をついて来ていました。本当に 食べることとなると察しの良い牛たちです。

新しい牧草地は 思ったより草が伸びていて 牛たちはそれだけで満足してくれました。おかげで 牛たちからの抗議もなく 無事にお留守番を務めることができました。

夜の7時頃帰って来たJの第一声。『昼飯まずかったぁ。15ユーロも取りよって!』(ねぇ、何しに行ったん?)

次にもう一つ。(ここからが今日の本題。)

エコミュージアムに着いて、一緒に行ったお仲間と まず牛を見に行こう と言うことになりました。牛舎の方に行くと 赤毛の大きな牛がつないでありました。『おぉ、去勢がいるんか?』『いや、雄牛や。』『それにしても ええ体格やなぁ。』などと言いながら Jがその赤牛のおしりをさわると 牛はびっくりして振り向きました。

顔を見ると 見覚えがあります。そうです。ボランくんです!

ボランくんは ちょうどその朝 人工授精センターから戻って来たそうです。ボランの採取が終わったから取りに来るように という連絡があったのが12月だったので 私たちはてっきり ボランくんはもうノルマンディーの新しいオーナーの所へ行った と思っていました。

Jもカメラを持っていなかったのが残念でしたが 大きくなったボランを見ただけでも 行ったかいがありました。(私は見ていないけど・・・)ボランくんは 四肢がかなり太くなったそうですが、性格は小さい時のままだそうです。写真は 人工授精センターで撮ったものがあるそうですから それが手に入ったらお見せしたいと思います。

今日は ボランくんの弟、カランバーとエコで。(みんな細長い顔です。)

090117 4

足長エコくん

1月11日の11時に 42,5キロで生まれたエコくんをご紹介します。

090114 1

まだ 後脚が完全に伸びていないのに 脚が長くて、3週間先に生まれたももと背の高さがほとんど同じです。

昨日も今日もお天気が悪いけれど 牛舎に閉じ込めておくのはもっと悪い と思い、午前中は外に出しています。その昨日の様子が下の絵です。

今日は上の写真のように みんなのいる放牧地まで行きました。でも、食堂が開いて、みんなが牛舎に来た時 またまた置き去りにされてしまいました。

もう、うちの母牛たちは どいつもこいつも食い意地ばかり張っていて、ごはんに遅れないように 子供を放り出して来てしまいます。もしかしたら こういう時いつも私が子牛を呼びに行くので あいつに任せといたらええんや と思われているのかも知れません。

ももの時に比べるとちょっと手こずったけれど エコくん、ロープ誘導でいっしょうけんめい走ってくれました。この子も いくらでもさわらせてくれるかわいい子牛です。

Carte 090114

子牛誘拐騒動

バランチーヌの出産予定日が1月7日だったので、まだ兆候はなかったけれど 6日から夜は牛舎に泊まらせていました。外はまだ雪が残っていて ゆっくり寝そべっていられないのはかわいそうなので。

ももが生まれて以来 毎日気温が-5℃まで下がったので ユーチカ・もも母子もずっと牛舎に泊まっていました。

バランチーヌは なかなか産みそうな気配もなかったのですが、この数日 子牛のももにいやに興味を示し始め やさしいムームー声で 話しかけたりしていました。

バランチーヌは 一見おとなしそうでも 何を考えているのかわからないところがあります。牛舎でごはんを食べている時、足もとによその子牛がよちよちやって来ると 容赦なくけっ飛ばしたりする 要注意牛です。

そのバランチーヌが 昨日になると ももの体中なめてやったりするので 私たちは 何かおかしい と感じていました。そして、午前中 運動のために牛舎居残り組を 他の牛たちがいる放牧地に放してやると・・・

バランチーヌは ももを連れて みんなとは反対の方向に行ってしまいました。

090112 1

これでは 誰が見ても親子です。

バランチーヌが“もも”にこんなにやさしいのは 自分のお腹にいる子がもう生まれた と勘違いしているのではないか とますます心配になって来ました。

実の母親 ユーチカは 当然のように他の牛たちのところに行ったので まだ自分の子供がいなくなったのに気付いていないようでした。

でも、そのうちに 私がいたので目に付いたのか 土手の向う側にいたユーチカが “もも”を取り返しに ポーポー大声を上げながら走って来ました。そのものすごい剣幕に 私もバランチーヌも後ずさり。

こうして 自分の子を取り戻したユーチカは それでもバランチーヌに付いて行こうとする“もも”から 一歩も離れませんでした。牛舎に入る時も ユーチカは バランチーヌの動きを牽制しながら “もも”の後ろをぴったり付いて来ました。

でも、なんかおかしいバランチーヌ。(“もも”もだけど・・・) もうおっぱいは はちきれそうなほど大きくて、午後も なんとなく具合が悪そうだったので 産むのかと思って牛舎の外に出してやっても どうしても牛舎に入りたがったり わけがわかりませんでした。

夜になって 今晩はどうしても産んで欲しい と ユーチカ母子は外に放り出して、バランチーヌだけつながずに牛舎に寝かせるようにしました。昨日は 朝はまだマイナスの気温だったけれど 夜は5℃近くまで上がったので “もも”ももう大丈夫 ということにして。

9時15分ごろに 牛舎からものすごい音がしました。第一破水でした。今まで お産の時は母牛が歩き回るのでわざわざ外に出していたのですが 今回は バランチーヌが落ち着いていたので 牛舎で産ませることにしました。これは ボラン農場初めてのことですが 私たちには最高に楽ちんでした。

少し時間がかかって 11時ごろにようやく子牛が生まれました。私は見ていただけで 助産の必要はありませんでした。でも その子牛の大きいこと! これだけ大きいと 時間がかかったのも納得です。

子牛はオスで Jはまたがっかりしています。名前は《エコ》。あんまり大きいので 体重を量ってみたら、42,5キロありました! 今日はお天気が悪く 牛舎の中は暗過ぎて写真が撮れなかったので 次回にします。

とにかく 誘拐してまで赤ちゃんが欲しかったバランチーヌに 無事に子牛が生まれてやれやれです。

新年早々 あーあ

数日前のことですが 牛たちのいる放牧地(小屋のすぐ横)に このごろ日課になった朝の(水桶)氷割りに行きました。

まだ早すぎるのに 牛たちは牛舎に行く出口の前に集合していました。水桶のまわりには誰もいなかったので 私は 気兼ねなくおもーいハンマーを振り回していました。

すると 突然 私の方へ突進して来た牛がいました。その迫力に圧倒されて どの牛かもわからないまま 私は放牧地から飛び出しました。

柵の向うから見ると ベルナデットでした。『お水飲みに来たの。』みたいなしぐさだけど いやに落ち着きがありません。そして、ベルナデットのおしりに すもうがぴったり・・・

7月に人工授精をしたベルナデットは いつになってもお腹が大きくならないので 空っぽではないか と疑っていました。授精師さんによると 後産が残っている ということで タネが付かない可能性が高かったのです。でも、それ以来発情しなかったので そのままになっていました。

そのベルナデットが大げさな発情をして さあ、人工授精センターに通報 という気にもなりませんでした。こういう場合 今まで一度も成功したことがないからです。しょうがないから すもうに任せておこう ということにしました。

さて、お腹が大きくならないのは ベルナデットだけではありません。やっぱり 7月に人工授精した“みよ”もそうです。

今日は そのみよまで・・・

カランバー(右)『う~ん、お姉さんステキ。』
みよ『キャー!』
すもう(左)『おまえ、何すんねん!』
090109 3

すもう『子供はあっち行っとけ!』
090109 4

こうして 8頭の牝牛のうちマルキーズを含めた3頭が空 なんて悲惨な状態になってしまいました。人工授精をしたらちゃんと妊娠したか確認せえへんからや と叱られそうですが、発情してくれなければ どうしようもないでしょ?! ホルモン注射で無理やり なんてしたくないし。

ちょっと無責任だけど 今のところまだすもうがいるので 自然に任せてみよう と思います。

すもうとみよ
090109 0

それにしても 急に2頭同時に発情するなんて お月様が特別な位置にあるんでしょうか。

やっぱり雪

昨日の朝、なんで雨やねん と言ったら、夜になって雪になりました。8時過ぎに りんりんとねこたちにごはんをやろう と外に出たら、一面真っ白!(雪は音もなく降りますから。)Jは ベラを送って行ったまま まだ帰っていませんでした。

まだ降り始めたところだったので そんなに心配はしませんでしたが、Jは 9時半頃になってようやく戻りました。カレで高速を降りた後、村道で滑って溝にはまった車に出くわして、救助していたそうです。

雪はほんの1センチほど積っただけですが、大喜びしたのが 雪深いピレネーに生まれたりんりん。(赤ちゃんの時にこちらに来たので 雪を見たか定かではない。)

090106 1

りんりんは 昨日が誕生日で14才になりました。人間だと72才。このごろおしっこが近くなって 夜中に起こされるのは困るけれど、ふわちゃんといっしょにごはんのさいそくに来るほど元気です。

生まれて初めて雪を見たふわちゃんも けっこう喜んで庭をかけ回っていました。(うちにこたつはないし。)

090106 3

そして 牛たちは・・・

090106 2

昨日、うんと早く外に放り出されて腹ぺこだったうえに、草が雪で隠れてしまって することがないので、今日は 早めに食堂に入れました。

天気予報によると 今晩から明日の朝にかけてまたかなり冷え込むそうです。この分だと 明日は道路が凍結して 外に出られなくなる見通しです。

ベラのアルバム

ちょっと前から ベラが生まれてから今(24ヵ月)までの写真を整理し始めて 小さなアルバムを作っていました。ベラを買い取ってくれる友達のAに プレゼントしたかったからです。その表紙の写真がこれです。

090105 2

今日はとうとうベラの出発の日でした。

昨日の夜も-数℃で 厳冬(jordefarmsさん、笑わないでください)のサバイバル生活だったのが、今朝はなんと雨。《寒いんやから雪とちゃうのぉ!》と怒ってみても やっぱり雨でした。

もちろん雪でも困ったはずですが、雨もまた良い迷惑です。カチカチに凍っていた地面が 雨でツルツルになってしまいました。

だから ベラの出発も延期かな と思っていました。Aもお昼頃まではそう思っていたそうです。でも、そのうちにお日さまが出て来て、道路を覆っていた氷も融け出したので 予定通り 馬運搬用のトレーラーを牽いてやって来ました。

ベラを一頭やっと入るサイズのトレーラーに乗せると 待たせてはいけないので あっと言う間に出発してしまいました。Aの家まで約2時間の道程です。牛を飼ったことがないAなので Jおじさんが一緒に行きました。ベラも向うに着いた時、Jがいると安心する と思ったのです。

ベラが生まれたのは 2年前、私がこのブログを始めてすぐのことでした。その生まれてすぐの時の写真も アルバムに入れました。でも、私はこの写真が一番好きです。

090105 1

この他にも おっぱいまる出しで寝ている写真だとか よくここにも登場しました。でも、写真の数は 思っていたほど多くありませんでした。あまり目だだない存在だったせいもありますが それよりも カメラを向けるとすぐに寄って来て ファインダーを塞いでしまうからです。

そんな おとなしくて、かわいいベラ。Jも最後の最後まで やっぱり売るのはやめよう と何回言ったことか。こんなに人なつっこい良い子だから 行き先がAのところでなければ行かせませんでした。

Aのところは子供が3人いて、中でも一番下のAくんは大の動物好きだし、思いっきりかわいがってくれるに違いありません。働き者でやさしいお馬さんもいるし、ベラにしたらこんな幸せなことはありません。

ベラ、元気でね。

お正月

あけましておめでとうございます。

090101 1

ボラン農場を代表して ポポットがごあいさつ申し上げます。

ポポットの後方をご覧ください。樹氷です。今朝は湿気があったので 木々は真っ白に。でも、曇り空のせいで 初日の出が見られなかったのは 残念です。

いつも通りに牛たちの世話をして、食事を作って、一年の最初の日が こんな感じでなんとなく過ぎてしまいました。

090101 3

みなさまも どうぞご健康でゆったりした一年をお過ごしください。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。