ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

ボランくん 活躍中

ボランくんがT村に戻ってくる というニュースを書きましたが、あれからボランくんは 本当に隣のF君のところにいます。

もう、一ヵ月ほど前になるでしょうか。レンヌのエコミュージアムのSさんが ボランくんをトラックに乗せて 配達前にうちまで来てくれたそうです。私は 学校に行っていて 会えなかったのですが、Jは その時ご対面しています。

私は ボランくんを一目見よう とそれから F君の乳牛の群れに注意していたのですが いっしょにいる雄牛は ビアン君です。

この週末、7月の初めにアルモリカン牛組合の活動報告会があって(地方だとか県に援助してもらっているので)その報告書に 種雄牛の写真を入れたいんだけど というリクエストが 担当の方からありました。

じゃあ、ボランくんがそこにいるから 写真を撮って来るわ とJおじさん。すぐに F君のうちに行って、どこにいるか聞いて 撮って来た写真の一枚がこれです。

090629 1

ボランくんの担当は まだ乳牛になる前の若い牝牛です。この日は 群れの中に発情したのがいて ボラんくん、そわそわし通しだったそうですが Jがいても 別に気にならなかったようです。まだ2才7ヵ月だから おとなしいのかも知れませんが、できるだけ長い間 今のままでいてもらいたいものです。(でないと お肉に・・・)

私は まだ実物を見ていませんが そのうちボラんくんが 乳牛の群れ担当になって 朝晩、雄叫びをあげながら搾乳所に行く姿を見るのが楽しみです。

さて、昨日は こちらではめずらしく 今にも夕立が降ってきそうな 蒸し暑い一日となりました。もう二週間も同じ放牧地にいて あきあきしていた牛たちは 北の牧区に移動しました。

Carte 090629

今日もまた暑い日になりましたが 夜には ところにより雨になるそうです。こんなに長い間雨が降らないと 土はカラカラになってしまい、雨大歓迎です。
スポンサーサイト

うさぎミステリー

このところずっとお天気に恵まれて Jおじさん大忙しのボラン農場です。先週 2日かけて刈った草は この水曜日に39個の乾草ロールになりました。昨日から その前に穫ったのを納屋に入れるために ロールの運搬をしています。 

夕方 学校から帰った私は またすぐ買い物に出かけました。一週間も留守をすると 冷蔵庫は空っぽですから。

買ったものを両手に下げて 家(小屋)のドアを開けると ふわふわがどこからともなく走って来て,私より先に中に飛び込みました。いつもなら クッションの上によじ登るのに なぜか キッチン下の隅っこに入って行きました。

ふわふわは 一番奥の私の手の届かないところに行ってしまい、いくら呼んでも出て来ません。いったいそんなところで何をしているのか見ようと じゃまになっていたものを 全部取り出しました。すると ふわふわは コリコリ音をさせて 何かを食べています。

それで 何を食べているのか見るために 懐中電灯で照らしてみると,ギャー!! 四つ足の獣!!

ふわふわは ねずみ捕り名人で 毎日一匹は捕まえて、遊んで,最後は食べてしまいます。

090627 0

でも,私が見たのは ねずみなんかよりずっと大きい動物です。とすると うさぎ? ともう一度よく見てみると、ギャー!! 首から上はもう食べてしまってなし!!

私は 気味が悪くて ただ食べるのを見ているだけ。 しばらくすると ふわふわは 獲物を放して ふらーっと外に出て行きました。

《こ・こ・これ,どうしよー?!》と 始末するにも 触るのも、見るのもいやで ぐずぐずしていると 今度はカネルが ささっーと入って来て,あっと言う間に 獲物をくわえて逃げて行きました。

くわえて行った物が他のものなら《ドロボー!》ですが,この場合は《ありがとー!》です。

死体はなくなったけれど 血の跡が付いていたりしたので(ギャー!!)、キッチンの下をきれいに掃除して,買って来た物も含めてそこに収納する物を 所定の位置に片付けました。

そのうちに Jが乾草ロールを持って戻って来たので その話をしていた時です。

カネルがまた家に入って来て,キッチン下にもぐり込んだ と思ったら,ミネラルウォーターのボトルの後ろから 小うさぎをくわえて出て来たのです! 二人とも あっけにとられているうちに カネルは またもや うさぎを担いで逃げて行きました。

??? 手品じゃないんだから そんなところから うさぎが出て来て欲しくありません。いったい どうなっているのか理解できなくて 昨日は 時々その方向に目が行っていました。

あれから 3匹目は出ていませんが 未だに謎のミステリーです。

090627 1

私がいない間に 朝ミルクの習慣が付いたふわふわです。(いくらいないからって 私のお茶碗・・・)

夏!

昨日は夏至。と言うことは これでやっと夏になりました。夏至の日は お天気が悪いことが多いのですが 昨日は朝から晩まで 青空に白い雲が浮かぶ すばらしいお天気になりました。

夏のボラン農場は 今、花ざかり。今年もイングリッシュローズが咲きました。

090621 1

こちらはエンドウ豆の花。これがもうすぐエンドウ豆になります。
090621 4

こちらは熱帯植物?
090621 2

なんだかわかりますか。Jおじさんも この写真を見て???

正解はこれ。
090621 5

じゃがいもの花でした。
花が咲いたので 試しに新ジャガを獲ってみました。まだ小さくて ほんの少しだったけれど 甘くておいしかったです。

昨日はまた 音楽祭の日でした。朝起きるなり、北の方からテクノミュージックが聞こえて来ました。ボラン農場は高いところにあるので どこかで野外イベントがあると かなり遠くでも聞こえます。

ええっ、こんなの一日中聞かされるの とうんざりしたのですが、そのうちに音楽は お祭りらしいのに変わりました。方向からすると 村で音楽祭をやっているようです。こんな時 ふつうの人だったら 見に行くと思うのですが うちでは ふ~ん、みんな楽しそうね で終わってしまいます。

そのイベントのマイクの声がずっと聞こえていたのですが、夕方(と言っても8時頃)になると のど自慢大会が始まったようです。カラオケでもあればいいのに 伴奏なしで、みんなへたくそで、笑ってしまいました。

まだ のど自慢大会が続いていた 9時頃の写真です。

090621 6

こんなに明るいんです。

それにしても 子供たち、月曜日は学校があるのに そんなに遅くまで遊んでていいの?

戦争と平和

牛たちは 一日中黙々と草を食べているか寝ているかで 平和な日々が続きます。

090618 1

まわりにこんなのがいると 私までのーんびりしてしまいます。

090618 2

今日は一日中雨のはずだったのが いつの間にか《曇りがち》に変わってしまいました。雨は 夜の間に何粒か降っただけで 菜園の水やりにもなりませんでした。日曜日に お隣のLさんだけではなく 隣の隣のOさんも草を刈ったので 私もJも 今日は絶対に雨が降る(Oさんが乾草を始めると必ず雨になるので)と思っていたのに。

雨が降らないのなら とJは ジョンさんちの約3ヘクタールの乾草作りを始めることにしました。それで 午前中に納屋から刈り取り機を出して、腹ごしらえをして 刃を付け替えたら出発 というスケジュールが提案されました。

前回、草を刈った時 刃が摩耗して切れなくなったので それを交換するだけ と思っていたら 刃を固定するボルトの穴(多分)を溶接したり,いつまでたっても出発しません。そのうちに 遠くから草を刈っている音が聞こえて来て,Jはあせり気味。

刈り取り機も もちろん年代物の骨董品なので ガタが来てもおかしくありません。だから 急に決めて,すぐに出動できると思ったのは 間違いでした。なんだかんだ大騒ぎの末、駆動ベルトを確認して,トラクターを満タンにして やっと出て行ったのが5時過ぎでした。(刈るのに4時間はかかる。)

どこのお家でも 乾草の時はこんなものなんでしょうか。毎年必ず機械のトラブルがあって すんなり行ったためしがありません。その代わりに 結局乾草が収穫できなかった ということもありませんが・・・

Jおじさんが行ってしまうと ボラン農場に静けさが戻り,お留守番の私は 牛たちやお馬さんに水をやったり なかなか暮れない夏(こちらはまだ春ですが)の日をのーんびり過ごしました。

こっちの草はおいしいよ

お天気が良くなったので どこに行っても乾草作り真っ最中です。早いところは まだ曇りがちだった金曜日の夕方から刈り始めました。今は 日が長くて、10時近くになっても昼間のように明るいので 遅くまで作業できます。

まわりがみんな刈り始めたので Jも 残りを片付けてしまおうか と言っていたのですが 天気予報を見ると 木曜日に局地的な雨の可能性があるので 見送ることにしました。いつものことながら 出遅れのJおじさんです。

ご近所中が忙しそうにしていた昨日の夕方 急にうちの子牛たちが騒ぎ始めました。私は手がふさがっていて すぐに見に行かなかったら,そのうちに母牛たちの叫び声も聞こえました。

これはただ事ではないと 牛舎の横を通り,パドックを横切りながら ふと牛の声がする方を見ると・・・ 北の放牧地に黄色い牛の大群が! 声を上げていたのは よその牛が来たので興奮した うちの牛たちです。黄色いのは おなじみの 音を立てずに通り過ぎて行く お隣のリムザンです。

あわてて Jおじさんを呼んで いっしょに北の放牧地に駆けつけました。とにかく うちの牛たちと混ざってしまうと大変なので そっちに行かせないようにするのが優先でした。

隣の牛たちは 私たちに驚いて駆け回るばかりで いったいどこから入って来たのかわかりません。しょうがないので 道路を通って隣に戻そうと Jが道路に面した出口を開けたのですが 牛たちにはそれがわからず 出て行ってくれません。

そうして 大騒ぎをしているうちに お隣のLさんが 牛たちが逃げたのに気付いてくれて 牛たちを向うの放牧地から呼びました。そうすると 牛たちは耳をピクピク動かし,声がすぐ近くになると その方向に駆け出しました。

斜面を猛スピードで下り始めたので いったいどこに行くのか上から見ていたら,先頭の牛が突然茂みの中に穴をあけ,後の牛たちもろとも その穴の中にあっという間に消えて行きました。

驚いて見に行くと 柵はぶっ飛ばされてめちゃめちゃ。牛たちは もうちゃんとお家に戻っていました。

Lさんは恐縮していたし,べつに被害があったわけではないので 文句は言いませんが,あの牛たち 食べる草がなくなったら 自主的に牧草地を移動するみたいです。(あたりまえ?)

Carte 090615

黄色牛侵入騒動以来 新しい牧草地に行きたくて ブーブー言っていたうちの牛たちは 今朝移動しました。前いたところはまだ草が残っているけれど 次の牧草地の草が高くなってしまったので 早めに回します。

新しい牧草地は 白や紫のクローバーがぎっしり生えていて 私の目で見てもおいしそう。牛たちも大満足で うそのように静かです。

地産地消で憂いなし

今週は もう暖房を切ってしまった学校で ずっと寒い思いをしましたが 今日は まともに気温が上がりました。

今週のはじめ大泣きしたママたちも みよはわりと早く,ベルナデットも昨日は泣き止みました。でも,今朝 牛たちを見に行った時 ベルナデットにヘンな目で見られたような気がしました。やれやれ,今度からは 毎年ちゃんと次が生まれるようにしないと・・・

一週間遅れのボラン農場案内図です。(先週の日曜日の様子。)

Carte 090613

数週間前から 牛乳生産者が 牛乳の売価が大幅に下がったことに抗議していたのですが 今週は それが一段と激しくなり スーパー封鎖騒動まで起りました。

スーパーは幹線道路近くにあるので 国道が停滞したとか 話には聞いていたのですが,こんなド田舎の隣町のスーパーまで封鎖された とJから聞いてびっくりしてしまいました。

隣町には 大手スーパーの集配倉庫があって そこにトラックが出入りできないように 乾草ロールを燃やしたり かなり派手なことがあったらしいです。町に3軒あるスーパーは 駐車場の入口に土を盛って 配達のトラックが入れないようにしたとか。農家,特に酪農をしているところ、は みんな大きなトラクターを持っているので こんな土木工事のようなことは 朝めし前です。

そして,昨日 買い物に行ったスーパーの乳製品売り場は 見事に空っぽでした。でも,バターだけは段ボール箱に入ったままのが まだたくさんありました。お店の説明によると 近くの農家から直接買ったもの ということで、値段も安かったので 特に必要はなかったけれど買ってしまいました。

牛乳生産者は 契約しているメーカーに売る値段が ちょっと前まで1リッター30セント前後だったのが 今は21セントに下がっため もとが取れない というきびしい状態なのに スーパーで売っている牛乳の値段は下がっていません。それは 大手スーパーが利益を取り過ぎている というのが 今回の騒ぎの発端です。

でも,その間 スーパーに直接バターを大量に売って儲けた農家。私には この《直接》という言葉が キーワードのような気がします。これからは 石油の値段が4倍に上がるので なるべく物や人を長距離輸送しない方向に行く というお話を 今週,学校で聞いたばかりです。

牛乳生産者の抗議は 今日,話し合いが付いて スーパー封鎖も解除されました。でも,これを機会に これからの農業のかたちを考える人が増えるかな。

わめきママたち、その後

Jおじさんからのメールによると(私は学校なので)、みよとベルナデットは まだ叫び続けているようです。

今朝の様子(前:ベルナデット、後:みよ)
090609 2

そして・・・
090609 1

昨日、Jは 2頭を牛舎に入れて(やっばり喜んで来たらしい)、搾乳してみました。

どちらも Jおじさんにおっぱいを触られるのは初めてでしたが おとなしくしていたそうです。でも、ミルクはほんのちょっと。それにしても 産後15ヵ月でまだミルクを出すベルナデットは どうなってるのでしょうか。

ジョンさんちに行った去勢君たちは 大丈夫みたいだから お母さんたちも 早く慣れて欲しいものです。

泣かないでー

前々から、12ヵ月を過ぎた去勢君たちを 羊飼いのジョンさんちに連れて行かないと と言っていました。そして、昨日いよいよ いつもより2ヵ月遅れで 4頭の引っ越しをしました。

前にも書いたように 4頭のうち この冬弟や妹が生まれなかった2頭は まだおっぱいを飲んでいたので、急に離乳させるのが心配で ついつい遅くなっていました。

お昼にお客さんがあったせいで 夕方になってから 去勢4頭を牛舎につなぐと同時に 牛たちを北側の放牧地に移動させることにしました。

私たちが呼びに行くと、もう一週間も同じところにいるのに飽きた牛たちは さっさと入り口(出口)に集まってきました。でも、まだ2頭遠くにいる と思ったら ベルナデットと そのおっぱいにしがみついているだいごでした。もう15ヵ月になるのにー!

早く次の放牧地に行きたがる牛たちを いったん牛舎に入れるのは大変でしたが どうにか 対象の4頭を捕まえることができました。お母さんたちをパドック横の放牧地に入れると 無心に草を食べ始め、子供たちがいないのに気付いていないようでした。

カランバー、だごべえ、だいご、デラックスは 私たちがびっくりするほどおとなしく トレーラーに乗ってくれました。私は後ろにいたけれど おしりを押す必要などありませんでした。何でも小さいうちに慣らせておくと 本当に楽です。

さて、無事に移動が済んで ボラン農場に戻ると おなじみの“みよ”の大声が聞こえました。いつもおとなしいのに 叫び声がいやに大きいみよちゃんです。だいごに気を取られていて みよの子デラックスは まだ12ヵ月になったばかりなのを 忘れていました。

そう言えば みよとデラックス母子も ベルナデットとだいごに負けないほど仲良しでした。

Miyo Delux 1

Miyo Deluxe 2

で、ベルナデットは大丈夫? と思って見ると 何が起こったのか理解できないのか キョトンとした表情で私を見ているだけでした。

でも、そのうちに 母の叫び声が二重唱になりました。ベルナデットもみよも 放牧地のパドック側の入り口から 牛舎を見つめて叫んでいます。自分たちの子が牛舎にいると思い込んでいるのです。

母牛たちが子供を探して叫び続けている間、その背中にしている方向、北西の丘の向こう側から 去勢君たちの泣き声がはっきり聞こえていました。子供たちは 遠くに行っても ボラン農場の方向をちゃんと知っています。それにひきかえ お母さんたちは 子供の声がわからないの?

泣き叫んでいるお母さんたちにはかわいそうだけれど なんか間が抜けていて笑ってしまいます。そして、一晩中叫びっぱなしだったベルナデットとみよ。今朝、出がけに 一度牛舎に入れて 子供たちがいないのを見せたら? とJに言いましたが どうなっていることやら。

壊れ物注意

快晴、本日を持って終了させていただきます。ありがとうございました・・・ みたいにお天気が変わってしまいました。今日は まだ雲の合間に青空も見えますが また明日あたりから雨が続く予想です。(半袖ももう終わり?)

乾草は 昨日、ぎりぎりのところでめでたくロールになりました。思っていたよりも量があり,うちの必要量(ロール100個)の半分(50個)がもうできました。

私は 天気予報を信頼しきって 何の心配もしていなかったのですが 見てください,こんな雲行きで Jおじさんはハラハラしたそうです。

090605 1

でも,土曜日に刈った乾草が やっと昨日ロール? とお思いの方もいらっしゃるかも知れません。お天気が良かったので,早くて火曜日 遅くても水曜日にはロールにできるはずだったに いやに時間がかかってしまったのは みんなこれのせいです。

090605 2

メーカーは公表しませんが このあたりのどこの農家にもあるほど よく使われている 乾草かき混ぜ,うね作り兼用機です。これを買ったのは 今から6年前のこと。中古は 個人から直接買った方が安いのですが とんでもない欠陥品をつかませられることも多いので わざわざ信頼できる(はずの)お店で買いました。

ところが、買った年から毎年毎年トラブル続きで 値段もけっこうなものだったけれど 修理にも膨大な費用がかかった 最悪の投資となってしまいました。

それも 摩耗のために交換しないといけない部品なら まだ納得も行くのですが 去年に続き今年も 機械の構造部分が壊れてしまったのです。(写真:グレーの絆創膏のようなのが去年の溶接のあと。)

この火曜日に壊れたのは 2つの回転装置とトラクター接続部分をつなぐ構造上重要なメイン部品です。鋳物でできているので 溶接するにも特殊な溶接棒が必要で Jおじさんは まずそれを買いに行くことから始めました。

Jおじさんは 溶接した所がいつまで持つかわからない と言いますが どうにか修理できて 作業を再開することができました。おかげで 予定が一日遅れていまいましたが 雨が降らないうちにロールになったので 文句は言えません。

それにしても 長持ちしないいい加減な機械 と私はケチをつけたのですが Jいわく、製造後20年使ったら壊れるのはあたりまえ だそうです。

そして,昨日 お隣のお隣のOさんと道ですれ違った時 Jはその話をしました。Oさんによると このメーカーのものは 中古でも新品でもすぐに壊れて もうだれも使っていないのだそうです。みんなが持っているから良いはず と思ったのは大間違いでした。

Oさんは 別のメーカーのもっと構造がシンプルなのに大満足で,もう一台欲しくて 中古を探しているそうです。今はもう製造していないので 中古しかないからです。ちなみに 今使っているのは 中古20年で買って,それから20年使っているそうです。私は こういうのを指して 丈夫で長持ち と言います。

PS:いつも拍手いただいている皆様,ご声援ありがとうございます。

言うことなし

今朝は 予定になかった霧が出て ええっ! でしたが 早いうちにその霧も晴れて 今日も乾草日和となりました。北東の風がかなり強くて 刈った草をかき回して乾かすには 絶好のコンディションです。

最優先の乾草のおかげで 後回しにされた牛たち。もう一昨日から もっとおいしいもん食べさせー と文句を言い始めたのですが そのままになっていました。

昨日は 牛たちの抗議も究極に達し,私の顔を見ただけで 全員あわてて放牧地の入口に走って来るというありさまでした。私が顔を出すと大騒ぎになるので 遠くから双眼鏡でそっと観察しようとしたら どうしてわかったのか また大騒ぎに。

ということで Jおじさんが乾草から戻るのを待って 牛たちを移動させました。

Carte 090601

新しい牧草地に行ったら あの大騒ぎがうそのように静かになった牛たち。私が何度顔を出しても 知らーん顔しています。ただ お腹が風船みたいに膨らんでも まだ食べ続けるのには あきれてしまいます。

でも,お天気は良いし,牛たちもご機嫌だし,言うことなしのボラン農場です。

FC2Ad