ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

キリスト受難

昨日は 午後からやっぱり雨になりました。それも、天気予報で言っていた“弱い低気圧”どころか 一時は土砂降りになりました。

私は外出していて、Jは 多分この雨で 乾草をかき回しに行かなかっただろう と思っていたら、全部しっかりかき回して うちに戻って来たと同時に雨になったそうです。

さて、今日は もう何年も立ち入り禁止で めったに見る機会のない T村の教会の内部の写真を公開します。

090730 1

村の教会は16世紀に建てられたもので、石造りの壁を伝って 湿気が天井まで上り、木の天井板がぼろぼろになって いつ落ちて来るかわからないので 立ち入り禁止なのです。人口やっと170人の村には 教会の補修をするお金などなく 今のところそのままになっています。

これが名物の キリスト受難壁画。
090730 2

鉄砲を持った兵士にご注目ください。近代の壁画です。
090730 3

聖ジルダ像。
090730 4

この教会は ノートルダム教会 という名前で マリア様を祭ってあるはずなのに、聖ジルダのパルドン祭(1月)もあって 村にとって大事な方みたいです。

これが 村のお宝、聖アンヌ(いっしょにいるのは マリア様とイエス様とか)像で、16世紀のものだそうです。
090730 5

その教会の中に 村が所有するテーブルとベンチが置いてあって 7月にうちにお客さんが来た時 それを借りに行った時 Jおじさんが撮って来た写真です。

その後、テーブルとベンチを返しに行った時、どこか外国からの観光客らしき人たちが 教会を見ていたので、Jが中に入れてあげたとか。こういう教会や礼拝堂を見るのが大好きなJは 喜んでガイドをしたらしいです。
スポンサーサイト

乾草第三弾開始 したけれど・・・

昨日は 午後にわか雨があったものの 夕方にはお天気が良くなったので Jおじさんは ずっと雨天順延になっていた乾草作りを 再開しました。

見てください、この青空。お日さまが傾き始めた 7時半頃です。

090728 1

場所は 村の北側にある貯水池近くの 県から借りている牧草地です。水質保護が目的なので ここは動物に草を食べさせるか 草を刈るしかできません。

乾草刈りは ボラン農場の北の牧草地も同時に行いました。こちらは もう草が伸び過ぎて 枯れ始めたので これ以上待てませんでした。

これだけ刈ってしまった夜になって 天気予報を見ると,水曜日は雨。土曜日は雷雨の恐れ。どうりで ご近所で草を刈った人はいなかったわけ。

今日はまずますのお天気でしたが まだ,地面に湿気が多くて 草も湿ったままだったので かき混ぜないで そのままにしておきました。明日は いくらなんでもかき混ぜないといけないのですが その後に雨が降ったらだいなしです。

もう,いつになったら夏らしいお天気になるのぉ?

おまけ:

090728 3

こんな蝶々、見たことありますか。今年は いろんな蝶々をたくさん見かけるのですが こんなのは初めてです。

晴れの週末

昨日、今日と お肉のお客様が続くボラン農場です。昨日、土曜日は 久しぶりのお天気で,お友達のぺ○○○さんたちも 遠いところ来てくれて 楽しい一日となりました。

今日は今日で 車でやっぱり2時間(往復4時間)かけて わざわざお肉を取りに来てくださったお客様もいて 本当にありがたい と思います。まだ完売ではないけれど こうやって お客様に励まされています。

忙しくて遅くなってしまいましたが 金曜日に牛たちが,昨日はお馬さんたちが 移動しました。その前の木曜日には エドワードくんが どこから出て行ったのか 外をお散歩していて,それに気付いた牛たちが興奮して 柵をぶっ飛ばし隣の牧区になだれ込む というハプニングもありました。それにしても マルキーズの子はみんな 柵をくぐるのが得意です。

Carte 090726

上の絵は 先日,アーニカの人工授精をした時のことです。

アーニカを牛舎に入れるのに 全員連れて行くのはめんどうで(特にエドワードがいるので)なるべく少人数におさえました。アーニカとエルネストは 離せないから いっしょに連れて行こうとしたら エルネストのお友達のエミリーおよびその保護者コラまで来たのは わかるのですが なんでユーロまで? そう言えば ユーロはユプサの子で イベント大好きの家系です。

もう,なんで性格だけ こんなにしっかり受け継がれるのでしょうか。

光れABマーク

エドワードくんが生まれた7月7日に ○○所に向けて出発したブルータスくんが 昨日,箱に入って戻って来ました。パッケージを見ると 今回 初めて付いたAB(有機・無農薬)マークが光ります。

090724 1

ちなみに このラベルが付いただけで 内容は今までと何の変わりもないので 値段は据え置きです。別に 高く売れるからABマークの認証を取った わけではないので。

ブルータスくんは R-4 とごく普通だけれど アルモリカンにしては上出来のランクで 456キロの枝肉から 254キロのお肉(製品)が取れて 歩留り55,74% と予想以上の成績となりました。

今回は 詰め合わせの重量を10~11キロにしてもらって それでも全部で23箱あります。それを全部どうやって売ろうか とこの2週間 あの手この手と知恵を絞り,奔走しまくっていました。

前回からそれほど経っていないし,みんな夏休みだから売れないよ と言うJを説得して 決行させたのに オプションが入っていた大口のお客さんもしらん顔で 私はまっ青になってしまいました。

でも、なぜ 今回やってみたかったか と言うと これも学校の影響です。

1- 先を見越して行動せよ。
9月にすると お客さんは夏休みと新学期の出費が重なって 財布の口を締める と読んだのです。

2- リスクを怖がるな。
売れ残りが怖いから といつも遅らせていると 目標である 年に6頭 がいつまでたっても達成できない。常に新しいお客さんを見つけないとダメ。それなら、今回やってみよう と思ったのです。

ところが,学校で習ったようには行きませんでした。今は《経済危機》ではなくて《転換期》なんだ と習ったので 景気のせいにはしませんが お商売は本当にむずかしいです。

でも,ひとつだけ 学校で教えられた通りのことがありました。

3- ネットワーク(人脈)を活用せよ。
『売れへんねん。』とひとこと言ったら お友達のぺ○○○さんが営業力を発揮して お客さんを見つけてくれました。持つべき物は友達ですね。こんなにありがたい と思ったことはありません。私たち、付き合いが悪い方だけど 友達は大事にしないと とつくづく思います。

ブルターニュにお住まいの皆様,ほっぺか落ちそうになる(これフランス語でなんて言うんやろ)ほどおいしくて、柔らかいアルモリカン牛肉,残りわずか(モノは言いよう?)となりましたので ご希望の方はお急ぎくださーい。

暑中お見舞いのはずが・・・

7月と言うのに 今日も最高気温がやっと19℃。昨日までは お日様が出た と思ったら あっと言う間に黒い雲がやって来てにわか雨 だったのが 今日は お昼頃から夕方まで雨がシトシト。もう,寒くて,寒くて ストーブを点けるありさまです。

お天気が悪いと りんりんもふわふわも 何度外に放りだしても家(小屋)に入って来て 一日中眠りこけています。

こんなに寒いと また去年のように 小バエによる牛の角膜炎が心配です。去年 症状がひどくなったのは 寒さで小バエが牛の眼に暖を取りに来たせい と聞いたからです。特に心配なのは子牛たち。今まで 放牧地に牛たちを見に行く時は 下痢をしていないか 子牛たちのおしりを検査していたのが 今は 目とおしりの両方になりました。

こんなに寒いのに 元気いっぱいのエドワードくん。生まれたての子牛って こんなに小さかったんだ と今さら感心しています。(マルキーズ,エドワード,だふね)

090718 1

12ヵ月を過ぎたのに まだ6~7ヵ月の子牛たち位の大きさしかないだふねは まだ赤ちゃんみたいに 母親のマルキーズにすがりついたまま。そのだふねのめんどうもちゃんと見るマルキーズは なかなかやさしいお母さんです。

雨が降るから草がどんどん伸びても良いはずなのに こんなに寒いと 草も元気が出ないようです。まだ 乾草を作る予定のところが 2ヵ所残ってるのに いったいいつ刈れることやら。干ばつよりもこの方がマシ とは言っても この寒さ,何とかしてもらいたいものです。

PS : いつも拍手いただいている皆様、ご声援ありがとうございます。寒さに負けずがんばります。

ブラス マイナス ゼロ(続き)

このところ 学校最後の週だったりして いやに忙しい日が続きます。で,学校が終わって これからどうするの? という話は後回しにして 今は これが最優先重要事項です。

090712 0

先日出荷した(マイナスの)ブルータスくん。枝肉の重量が456キロ と久々の大物です。前回のアスプロは ブルータスより1ヵ月年長の39ヵ月だったのに 枝重は407キロでした。同じ物を食べて育って これだけ差が出るのは 季節の違い(草の量)なのか 遺伝子なのか・・・

等級を聞き忘れてしまったのですが 枝重対精肉の歩留り予想が55%で 251キロの精肉が取れそうです。すなわち最低24箱?! これだけの量をいったいどうやって完売させよう というのが目下の悩みのタネです。こちらは ちょうど夏休みに入ったところで いつものお客さんの中には もうバカンスに出かけてしまった人もいるし、新しいお客さん開発の好機 とは言ってみても ちょっと心細いところです。(売れ残りが出たら 露天市場に売りに行く?)

さて,こちらは(プラスの)エドワードくん。
寝る子は育つ。(お母さんもうとうと。)
090712 1

おめめぱっちりの時も かわいいです。(お母さんの目もぱっちり。)
090712 2

エドワードくんは すもうに似たのか おっとりした子です。でも 母親のマルキーズは いつものように 私が来るとエドワードくんを連れて さっさっと反対の方向に逃げてしまいます。ますます大きなおっぱいのマルキーズは あいかわらず元気です。

Carte 090712

プラス マイナス ゼロ

今日は ブルータスくんがお肉になりに 出発する日でした。今週は 私が学校なので ボラン農場は Jおじさんだけです。出発は午前中で Jがもう昨日から 去勢くんたちを出荷柵近くに移動させて、リハーサルしてありました。

さて、今朝起きると 北の放牧地からマルキーズの声が聞こえたので Jが 行ってみると・・・

090707 1

もう、そろそろそ産みそうだ とたびたび見に行っていたのが とうとう生まれました。

090707 2

マルキーズ×すもう(ばあちゃん×孫)という 予定外のアクシデントで ちょっと心配でしたが 見た目は異常のない男の子です。

マルキーズは 13才になっても超安産で 去年のだふね(7月9日生)以来 1年以内の出産です。

同じ日に 生まれる者と去る者。プラス マイナス ゼロだけど、一頭一頭特別なうちの子だから いなくなるのは淋しいものです。

ボラン農場の名物

前に Jおじさんは地震をやたら怖がる という話をしましたが、もうひとつ怖いのが雷です。なんでも 小さい時に通っていた体育館(器械体操をしていた)で ある週末、お年寄りの集まりがあって みんなで机を並べて食事をしていたところに雷が落ちた とその焦げあとを見せられた経験から来ているようです。

その上、つい数日前にも 羊飼いのジョンさんの体験談を聞いて いっそう雷が恐くなったようです。

ジョンさんちは以前 隠れ家風の小さなレストランをしていたことがあります。奥様手作りの羊料理とそのおもてなしが評判で 繁盛していたそうです。

ある日,お客さん大勢で 大きなテーブルを囲んで食事をしていたら いきなり 壁の小さなすき間から雷が飛び込んで来て テーブルの上を走り,端まで行ったらUターンして もう一度テーブルを走って出て行ったそうです。みんな それはそれはびっくりしたことでしょうが 幸いだれも接触せず無事でした。ただ,テーブルの脚が真っ黒に焦げていたそうです。

さて,水曜日の午後 雨が予想されていたので Jおじさんは 第二弾乾草ロールを急いで取り込み始めました。でも,途中で つぼみちゃん(イッジーばあちゃんの娘)が歩けなくなったので お肉にする とPさんから電話があり あわてて見に行ったりした(単に爪が伸び過ぎていただけ。ホッ。)ので 結局 トレーラー一台分だけすべり込みセーフで あとは濡らしてしまいました。

このごろ乾燥し過ぎだったので 雨は大歓迎でしたが 夜中にまた大変な雷雨になりました。はじめのうち 半分寝ぼけたままで ゴロゴロ鳴ってるな という意識があったのを覚えています。そのうち りんりんが恐怖でハアハアやりだしたので 目が覚めてしまいました。

すると いやに真っ暗で 停電しているのがすぐにわかりました。時計を見ると 4時少し前。りんりんを外に放り出して あれ,雨も降って来た と思う間もなく カチっというかポンというか 大きな音と同時に 電話が闇の中 白く光りました。

以前,雷が近くに落ちて 電話機が焦げてしまったことがあるので あわてて電話のプラグを外しました。そこに パソコンのモデム(昔懐かしい内臓モデムです)もつないであるので 一瞬心配したのですが べつに焦げた匂いもしなかったので大丈夫であることをひたすら祈りました。

そのうちに 雷がどんどん近づいて来て,ひっきりなしにどこかそう遠くないところに落ちました。そして,またもや大きな音とともに電話のコンセントが光りました。それが2回あって,雷がそこから入って来そうで おちおち眠っていられませんでした。

そう言えば ボラン農場は 雷がよく落ちるので知られています。高いところにあるので 洪水の心配はないけれど こんな欠点がありました。もっと真面目に落雷対策をしておくべきだった と後悔してももう手遅れです。特に 電気牧柵は雷を引きつけるので 牛たち,大丈夫かな? でも,停電してるから大丈夫か? とかいろいろ考えているうちに 雷は少しずつが遠ざかって行きました。

朝になって 電気メーターのブレーカーが落ちていないか 見に行きました。うちのブレーカーは かなり敏感ですぐに落ちてしまうので そのための停電であれば良い と思ったのですが ONに戻してもダメでした。あれだけはげしい落雷で 被害がないはずがありません。

停電すると電話も使えなくなるので 電気会社に問い合わせることもできず 気長に待っていたら 午前中には電気が戻り,それと同時に電話も使えるようになりました。もしかしたら 一回目の《ポン》で 電話器が壊れたかな という心配もあったので ホッとしました。

そして 昨日、私が外出していた間のことです。雷も鳴らないのに また停電があって,そのうち 消防車か救急車が(どちらも赤なので)ボラン農場の北を通って行ったので 何か事故でもあったのでは とJはその後を追いかけたそうです。(そんなにヒマだったの?)

消防車の行き先は 今は住宅になっている村の旧司祭館でした。火事は ほんのボヤですんだそうですが やっぱりやじ馬が出て来ました。やじ馬同士の会話に中で Jは ところでここも停電してるの? とたずねたそうです。答えは 停電してないよ でした。

それなら 停電はうちだけなのか知るために Jは お隣のLさんのところに行きました。うちの電気は Lさんのところから来ています。すると やっぱりLさんの家も停電でした。話によると 一昨日の落雷でかなりの被害が出て,すぐに応急処置をしたけれど まだ最終的な修理が必要な所もあって そのせいで停電している と言うことでした。

そして、落雷と言えば うちやLさんのところからもう少し東に行ったところで 電話線の電柱に雷が落ち、電話線を伝って過電流が流れ(あのカチッとポン)、Lさんの電話器,ADSL接続モデム,パソコンの全てが焼けてしまったそうです。それも Lさんだけではなく 他の家でも同じ被害にあったとか。

もの好きなJおじさんは その雷が落ちた電柱も見に行きました。雷が落ちた木の柱は 半分に割れたどころではなくて 粉々になっていたそうです。皆さん,雷にはくれぐれも注意しましょう。

この間 お隣(西側)のM君が持って来てくれたお花が咲きました。

090704 1

こちらではおなじみの花ですが 5年前に日本に行った時(私には 帰る という発想はもうない)、露天市でこの花を売っているおばさんがいて、私が珍しそうに見ていたので 日本語でフクシア と呼ぶことを教えてくださいました。

PS:今朝,牛たちは すぐ横の放牧地に移動しました。一週間もあんな狭い所でよくガマンした とほめてやりました。

FC2Ad