ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人前?

昨日は、午前中用事があったので、朝起きるとすぐに、放牧地までみよちゃんの様子を見に行きました。見ていると、一度娘のふみちゃんの上に乗ろうとしたけれど、それ以外はおとなしくしていました。念のために、もう一度出かける前に見に行ったけれど、やっぱりおとなし~くしていました。

用事が終わって家に戻った時には、Jおじさんは、オスカルを連れて(ひとりで留守番させない)家の工事に必要な工具を買いに行ったようで、留守でした。時刻は、11時半を回ったところ。まだ、午後の人工授精に間に合う時間だったので、私は、みよちゃんの様子を見に放牧地まで走りました。

牛たちのいる放牧地への道を走りながら、毋牛が三頭集まっているのが見えました。近くまで行って良く見ると、その三頭の中にみよがいました。でも、みんなそこに突っ立っているだけで、何事も起りません。

ふだんなら、もう少し待ってみるか、また後で見に来るのですが、そんな余裕はありません。時間が気になって、じりじりしながら見ていると、みよはどうもベルナデットを挑発しているようでした。まあ、それだけでも発情のしるしだろう と人工授精センターに通報することにしました。

放牧地を出るところで、もう一度振り向いて見てみると、ベルナデットに乗っかられて、みよがかわしたところでした。これなら、自信を持って授精師さんに来てもらえます。家(小屋)に戻ると、12時15分前で、ギリギリで間に合いました。

そのうちにJおじさんもオスカルも帰って来て、大急ぎでお昼ごはんを食べ、牛たちを牛舎裏に移動させました。これで、続けて3日目ですから、牛たちも慣れたものです。みんな、道草を食べながらも、迷わず来てくれます。みよだけは、さすがに興奮していて、ハンサムな雄牛でもいないか といそいそ牛舎に向います。そして、いつも好奇心で見に来る子牛たちを牛舎に入れて、その中のふみちゃんだけをつないで、その他の子牛は外に放り出し、みんなを元の放牧地に戻しました。

ふみちゃんは、今まで長時間つながれたことがなかったので、今回は、学習の機会になりました。はじめは、わけが分からなくておどおどしていたけれど、おいしいにんじんの葉っぱを食べさせてもらったり、ブラシをかけてもらったり、つながれるのも悪くない と理解してくれたようです。

110729 1

ふみちゃんは、メス7ヵ月にしてはかなり大きい方で、冬まで待たずに、今のうちにつながれる練習ができて好都合でした。それにしても、ふみは、お父さんのすもうに体つきや毛の色や質がそっくりで、私達が期待をかけている牛です。

さて、午前中あちこちのお店を走り回ったのに、必要な工具が見つからなかったJおじさんは、授精師さんはまだ来ないだろう と友達のところにその工具を借りに行ってしまいました。

Jおじさんが留守の間、ふみがパニックになったら首輪の留め環を外すこと、興奮状態のみよには注意して、そばに寄らないこと、と命令を残して行きました。

でも、Jおじさんは、かなりの鉄砲玉で、それに行ったところが、いつもちょっとやそっとでは帰って来ない友達の家。心配したように、いつまで待っても戻って来ませんでした。

そのうち、車の音がし、オスカルが走り出したので、見に行くと・・・、授精師さんでした。いつも、牛が動かないように押さえるJおじさんが留守で、どうしようか なんて言っている場合ではありません。

Jおじさんには、みよに触るな と言われたけれど、一応、ロープを用意し、必要ならばお手伝いするつもりでした。でも、それまでかなり動き回っていたみよは、う~んとおとなしくなり、私が手を出さなくても、授精師さんだけで大丈夫でした。

さて、用事は済んだし、いつまでも牛舎につないでおくのはかわいそうなので、みんなのところに戻すことにしました。良く考えて見ると、みよは、私でも首輪をかけたり、外したりできるし、ふみちゃんもおりこうさんにしていたので、危ないことなどありませんでした。こうして、毋子を外に出してやり、私が先頭に立つと、ちゃんとみんなのいる放牧地までついて来ました。

もともと、昨日は、牛たちの要望に答えて、隣の牧草地に移動させることになっていたので、水桶がほとんど空になっているのを確認した上で(一杯だと重くて移動できない)、柵を開けてやりました。

110729 2

ここは、白や紫のクローバーがぎっしり生えていておいしそうです。牛たちが入り口のところからすぐに草を食べ始めて動かないのは、おいしい証拠です。牛たちも、大満足。私も、帰りがけに、新しい放牧地に牛がいるのを見てあわてたJおじさんを見て、大満足でした。
スポンサーサイト

発情ラッシュ

雨はしばらくお休みだそうで、こんな青空が出るようになりました。

110727 1

これで、ごく平年並みに20℃を越え、夏らしいお天気に と思ったら、牛たちが次々と発情し出しました。

おとといの夕方、アーニカがいやにそわそわしてる と思ったら、Jおじさんが水を持って行った時には、盛大にやっていたそうです。それで、昨日は、いつもより早めに起きて、牛たち全員を牛舎裏まで連れて来ました。授精師さんの朝の部は、9時からなので、それまでにアーニカを牛舎につないで、自分の子が見えないと騒ぎ出すので、ジゼルも牛舎に入れました。

結局、授精師さんが来たのは12時過ぎで、アーニカの発情も終わってしまったような感じで、今回は、ダメだったかも。それにしても、2月にお産をしたアーニカの種付けが今ごろになってしまうなんて、ひどいものです。いえ、もうずっと前に何度も発情したけど、よりによっていつも日曜日で、そうしてるうちに音沙汰なしになってしまったんです。

アーニカよりもっとひどいのがみよちゃんで、12月にふみちゃんを産んで以来、はっきりした発情がなく、二週間ほど前にやっと発情したのが日曜日。大規模な発情(?)だったら月曜日まで持つかも知れない と見ていたけれど、もう夕方にはおとなし~くなっていました。

みよちゃんは去年、1月にふくすけを産んでいて、バランチーヌと共に、一年二産の快挙をとげました。それまでなかなかタネが付かなかったみよちゃんも、優秀牛の仲間入りか と喜んでいたのですが、やっぱり繁殖障害に近いようです。その証拠に、みよちゃんの発情サイクルは、18日以下で短いです。

なので、今日あたりみよちゃんの番だろう と昨日、授精師さんに《すもう》のストローが残ってることを確認してもらって、万全の準備で監視体勢を強化していました。

ところが、今朝、誰が見ても間違えないほど大げさな発情をしたのは、ユーチカとそして、フリゼットでした。フリゼットはまだ9ヵ月だから、表に付けておくだけだけど、ユーチカは、6月にしたのが失敗だったわけです。一回目の人工授精は、4月にグリ子を産んでから52日だったので、ちょっと早過ぎました。その一回目と今日の二回目の間隔が50日だから、やっぱり一回目は、お産後初めての発情で、その次の発情に気が付かなかった と解釈します。ユーチカだけみんなより遅れてしまったので、ここで挽回しようとして、かえって遅れさせてしまいました。

ユーチカは《ボラン》、他の牛たちは《すもう》と、お父さんが選べるのは良いけれど、人工授精は、毎日の観察が欠かせません。でも、忙しいとそんなに頻繁に、しかもじっくり牛たちを見ている訳にはいかないので、アルモリカンだけに関して言えば、種雄牛を導入するところがだんだん増えています。と言うのも、アルモリカン純粋種の人工授精の費用は、組合が毎年払い戻しをしている(すなわち無料)のに、実際に申し込む人が少なくて、予算が使い切れていない状態なのです。

自分ちで生まれた雄牛で間に合わせるよりも、ボランやすもう(他にももっといるけれど・・・)を使うと、もっとすばらしい牛が生まれる とみんなに認めてもらえるのはいつの日のことでしょうか。そのためには、うちのボラン二世、すもう二世たちに活躍してもらわないと。

110727 2

だれが発情したのかわからなくなるほど大はしゃぎしてる(左から)ふぷき、ふみ、フリゼット。うしろにいるすばらしくきれいな牛は、みよちゃん。

5年間の闘いの末 その三

110725 1

新しい回線は拒否されたのに、私がADSLを申し込んだS○Rから、いつまでたっても連絡がありませんでした。

Jおじさんは、早くインターネットが使いたくてうずうずしているので、カレにあるS○Rのお店に何度も足を運んだ結果、6月27日(月)にやっと、《新しい回線は、フ○○○・テレコムから拒否されたので、お送りしたBOXを返送してください。》と回答がありました。

なぜ、S○Rとの関係がはっきりするのを待っていたか と言うと、いろいろしてくれたS○R社には気の毒だけど、晴れてダイレクトにつながった電話回線のADSLは、○レンジ社と契約したかったからです。

なぜなら、
Jおじさんは、フ○○○・テレコムのエンジニアさんへの感謝の気持ちと、もしも問題があった場合のことを考えて、エンジニアさんと同じ会社である○レンジにしたい、
○レンジなら、インターネットのみの契約ができる(電話もインターネットにつないだら、電話のトラブルがあった例を何度も聞いた)からです。

そして、6月30日(水)におなじみの(営業の神様のような責任者のいる)○レンジのお店に行って、ADSLの契約をして来ました。

ADSLがつながるまで(本当に電話回線がダイレクトにつながっていれば)一週間 ということで、わくわく、どきどきしながら、待っていました。ところが、一週間たっても、10日たっても、何の連絡もありませんでした。いつも悲観的なJおじさんは『やっぱり、アカンかったんちゃう?』

アカンかっても、あのエンジニアさんがつながった って言ってるからには、きっと何とかしてくれる と堅く信じて待っていると、7月12日の朝、○レンジからとうとう『ADSLが開通しました。急いでBoxを接続し、数々のサービスを今すぐご利用ください。』というメッセージが!

わ~い、Wimaxはさっさと片付けて、ADSLだぞぉ と私は、大喜びでした。Jおじさんもまだかまだかと待っているので、早く接続してあげよう と大急ぎで、電話のプラグにコードをつないでルーター(Wimaxに使っていたもの)に持って行った時、そこで初めて間違いに気付きました。

電話につなぐコードは、どちらも電話のプラグが付いています。ところが、ルーターには、インもアウトも、Ethernet しか付いていません。この間、お店で、『今まで使ってたルーターで大丈夫ね。』って確認したのに・・・。

『このルーター、きっと単なるルーターで、モデムを兼ねてないからアカンわ。しゃあないから、明日、お店に行って、BOX借りてくるね。』とJおじさんに言ったら、『なんで、今日行けへんねん。』と答えが返って来ました。時計を見ると、まだお昼のバスに乗れそうな時間だったので、すぐに行くことに。

そのバスで、とんでもない恥かきの旅になってしまったのですが、その話は今回全てカットして、またまた○レンジのお店に。そこで、レンタルのBOXの設定を全部してもらって(有償だったけど)、夕方のバスで家に戻りました。

もちろん、すぐにBOXを接続して、ランプが点滅し、点灯するのを待ってトライしてみると、ちゃんと動きました。Wimax(たまに動いていた時)に比べて速いとは感じないけど、いつでも使いたい時にすぐ使えるのが、すごく快適です。(みなさんにはあたりまえのことでしょうが・・・。)

ということで、5年間続いた闘いが終結し、ボラン農場にインターネット新時代が来たのです。(完)

最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。

5年間の闘いの末 その二

110723 1

その日(6月18日)来たトラックは、電話線に届くキャビンが付いていました。午前中、電話回線ボックスのある北の道路の方から、トラックがバックする時の《ピッ、ピッ、ピッ》という音が聞こえていたので、ああっ、ひょっとしたら と思っていました。

さて、今度の技術者さんは、
『アタラシカイセン、ツケタデ。』と言うのです。(二人とも、ポルトガル人で、もう一人はフランス語全く話せないよう。)
私たちが『ええっ?! フ○○○・テレコムからは、新シ回線はできないから、今ある電話を電柱に付いているモデムから外して、直接配線する って聞いたんですけど。』と言うと、
『アタラシカイセン、モシコンダヤロ。』と・・・。
『いや、最初は新しい回線を申し込んだけど、フ○○○・テレコムは、それはできないから、今ある回線を配線し直してくれる ってことになってるんですけど。』と言っても、会社に話が行っていないのか、言葉がわからないのか、全く理解してくれませんでした。

そうして、前に来た会社の人が、まあ、せっかく来たから と付けて行った電話のプラグに装置を当てて、
『ADSLキテルデ。』

できないはずの新しい回線をどこから持って来たのか、あとでトラブルになっては困るので、お休みの日で気が引けたけれど、フ○○○・テレコムのあのエンジニアさんの携帯に電話することにしました。

エンジニアさんに聞くと、やっぱり新しい回線 と言う話はなくて、『ちゃんと図を描いて、この回線をダイレクトにつないでくれって指示したのに!』とたいそうお怒りでした。そして、その場で、技術者さんと直接話をしてもらって、話がようやくわかったようでした。

技術者さんがしたのは、ADSLの契約をしていない家の回線を、うちの電話がつながっているモデムにくっつけて、そうして場所を空けて《アタラシカイセン》を引っ張って来たとか・・・。昔だったら、そういうこともやったけれど、今はダメ とエンジニアさんに叱られたようです。そして、もう、午後の一時をすっかり回っていたけれど、すぐに全部やり直しに行くハメに。

その時私たちが理解したのは、《アタラシカイセン》は取り外し、今ある電話は、《ADSLキテナイ》ので、それはフ○○○・テレコムに頼むように、でした。と言うことは、せっかく来てもらったのに何の役にも立たなかったわけです。

『なっ、5年間どうしてもアカンかったことが、急にできるようになるはずないねん。』とJおじさん。やっと、うちの電話をまともな回線にする と言ってもらったのに、実際にはなかなかそうならないのに、がっかりしてしまいました。

月曜日の朝、フ○○○・テレコムのエンジニアさんが電話してくださった時も、せっかく来てくれたけど、何にも変わりなし と私は言いました。それはおかしい とエンジニアさん。ちょっと聞いてみます ということでいったん電話を切りました。

その後、10分もしないうちにまた電話が鳴って、
『土曜日に来た会社の責任者に聞いたら、お宅の電話は、確かにダイレクトにつなぎ変えた と言うことです。あとは、お店に行って、ADSLの申込みをするだけですよ。いや、インターネットでも申し込めますけどね。』

こんな時、私のボキャブラリーが乏しくて、ちゃんとしっかりお礼が言えないのが悲しいです。とにかく、とにかく、私たちは大喜び。Jおじさんも、お礼にお肉10キロ持って走って行きそうな勢いでした。

ところが、それで、私が新しい回線を申し込んだS○R社との契約が無効になったのかどうか、はっきりしないままで、その先に進めませんでした。
(つづく)

5年間の闘いの末 その一

そろそろ、お天気が回復しそうだけど、今朝はやっと10℃と、まだまだ寒いT村です。

さて、今日から、ちょっと前に書き貯めてあった表題の長編をお届けしようと思います。(下の写真も、もうかなり前の物)

110722 1

ど田舎のT村でも、ボラン農場だけADSLが接続できないという不運に会い、電話が使えなくなる超低速インターネットから、WImax、そして3Gと、考えられるものは、全てやってみました。

県が大金を投じて導入したWImaxは、
私たちが契約した○○○○netというプロバイダーはもう存在しない(他の会社に買い取られた)、
発信アンテナの管理会社も、聞いた所によると、会社が替わった、
県内でWImaxに加入している家庭はたったの120軒程度、
と どうしようもない状態になってしまいました。

うちでは、去年の8月31日からまともに使えなくなった と何度も何度も電話で訴えたのに、○○○○netは、アンテナ管理会社が回答をくれないのでわからない と言うばかり。だから、毎月の使用料を払うのを拒否して、請求書発行手数料の3ユーロだけ送っても、何にも言わないし、じゃあ、切ります とも言わない不思議な会社です。

メールチェックだったら3Gでできるけれど、これではまともに仕事ができないので、たまりかねて、3ヵ月ほど前に、県のWImax担当の方に相談しました。

その方は、以前にも○○○○netにメールを送っていただいた方ですが、今回は、WImaxの機材を持って、ボラン農場まで駆けつけてくださいました。調査の結果、電波はちゃんと届いているのに、お互いに通話を始めない(セッションが開かない)ことがわかりました。

この問題は、○○○○netではなく、アンテナ管理会社の責任なので、県の担当者の方がその場でその会社に電話して、調査を頼んでくださいました。でも、未だに音沙汰なしです。こういうのって、決して技術が悪いのではなくて、それに係わる人の質が悪いのだ と私は思います。

さて、通訳・翻訳という職業柄、ないでは済まさせないインターネットなのに、なんで村で私たちだけが?!(正確に言うと、うちと回線を共有しているお隣もそうだけど、そこは、別棟にADSLが来ているので、必要なし)と腹立たしい思いを、村にADSLが来て以来、ずっとして来ました。

さて、家に窓やドアが入って、保険もかけられる状態になった時、前から考えていたことを実行しました。

私たちの抗議を受け付けず、ADSLがつなげられないのは『技術的な問題』として、毎回同じ手紙を送って来たフ○○○・テレコムとは競争相手であるS○Rのお店に行って、新しい家用 と称して、新しい電話回線を申し込みました。S○Rは、ADSL+電話でセットにして売っているので、うちのように電話しかできない回線は存在しません。

お店でうちに来ている回線のテストをして、大丈夫だと確認して、契約書にサインをして、技術屋さんが電話線の設置に来る日時も設定してもらいました。Jおじさんは、もうアタマから『そんなことできるはずがない。』と言っていたけれど、もしもダメならタダなので、とにかくその日(5月26日)を待つことにしました。

その日、電話工事ならどこに頼んでもここの会社 という下請け会社のユニフォームを来た技術者が二人、ボラン農場にやって来ました。車から降りてすぐに

技術者:『ここの回線ボックスは、つい最近、トレーラーハウスに越して来たとこに、もう最後に一個しか残ってなかったのをつないだから、もう場所がありません。』

私:『なにっ、一個残ってた?!(なんでフ○○○・テレコムは私たちにそれを言わなかった?!)それ、ひょっとして、ADSLなしの電話だけとちゃうん?』

技術者:『いえ、ADSLもつなぎました。』

私たちは、フ○○○・テレコムにバカにされていたのでしょうか。

とにかく、下請け会社としては、ボックスに場所がなければどうしようもないので、新しく回線を引くことはできないけれど、電話回線を管理しているフ○○○・テレコムに調査に来てもらうよう頼みます、ということになりました。

フ○○○・テレコムの調査なら前にも来てもらったし、その時してくれるはずだった工事がなぜかキャンセルされて、その後問い合わせても『調査の結果、不可能。』という答えでした。だから、本当にフ○○○・テレコムが来てくれるのか、私たちは不安でした。

それから数日後の5月31日の朝、Jおじさんが、大急ぎで隣町まで定期健康診断に行こうと、車のエンジンをかけた時、フ○○○・テレコム と書いた車が中庭(家と納屋の間)に入って来ました。せっかく来てくれたエンジニアさんに、健康診断に遅刻しそうな上、血液検査のため朝ご飯を食べてなかったJおじさんが、食ってかかりそうになったのをなだめて、私が応対しました。

エンジニアさんによると、今の状態では新しい回線を引くことは不可能だけど、今うちで使っている電話を、モデムを通さない普通の回線にすることはできそうだ ということでした。その日、エンジニアさんは、界隈の電話回線ボックスを全部チェックし、つなぎ直していた と午後また出かけて、ちょうど通りかかったJおじさんが言ってました。

そして、エンジニアさんが言った通り(日にちは一日ずれたけど)、6月18日土曜日の朝、また別の会社のトラックが、ボラン農場の中庭に入って来ました。
(つづく・・・)

最高気温14℃

このところまた雨が続いて、お日さまにお目にかかれないものだから、気温が上がりません。うちは、Jおじさんが寒がりで、朝晩は、ストーブを点けています。そして、今日の晩ごはんはスープ。念のために言っておきますが、こちらは(も)北半球で、今は夏です。いくら寒いT村とは言え、《7月中旬にストーブ》は、記録更新です。

この雨で、黄色っぽかった牧草地にも緑が戻り、これで水不足解消かな と言った感じです。牛たちに食べさせる草は、大丈夫そうだけれど、ぜんぜん穫れなかった乾草は、挽回できそうにありませんが。

冬のごはんの心配などしない牛たちは、もう何日も前から、次の牧草地に行きたくて、私たちの顔を見る度に催促していました。でも、まだ水桶がいっぱいで動かせられなかったので、空になるのを待っていたけど、この雨ではいつまで待っても水が減らないので、今日、とうとう移動させました。

C 110717

この後、子牛たち(ファンタとグリ子)にヒモをひっぱるのを止めさせよう と思ったら(思っただけで)、私の横にいたオスカルが先に飛び出して、えらい騒ぎになってしまいました。オスカルは、ちょっと油断すると、牛や子牛を追っかけ回すのが、最大の欠点です。(お馬さんたちだけは、追いかけても知らん顔。)でも、Jおじさんといっしょの時は、名犬してるんだそうです。(???)

(もう)7月14日

忙しさにかまけて、ぼやぼやしていたら、7月ももう半ば。今日は、革命記念日とかで祭日です。フェスト・ナットも今日で一歳になりました。

7月14日から8月15日は、バカンスシーズン真っ最中。こんな田舎でも、県道を走る車の数がうんと増え、スーパーの駐車場も車でいっぱいで、世間は夏休みなのを感じます。

Deluxe.jpg

気分は夏休みでも、最高気温がやっと20℃だったりして、朝晩は寒いですが、ボラン農場のメンバー全員、あいかわらず元気にしています。

牛たちもお馬さんたちも食欲旺盛で、約1ヘクタールの牧草地を一週間で芝生にしてしまって、どんどん次の牧区に進んでいます。今、ちょっと急ぎの仕事があるので、《ボラン農場案内図》の更新は後日 ということで・・・。

先週の週末は、お肉の販売がありました。まだまだ、内装ができていない家で、まともなおもてなしもできないのに、わざわざこんな所まで来てくださるお客様には、いつも励まされています。

今回のデラックス(みよちゃん×タンブー)は、見た目が良くて、R-4(Cマイナス の4)と、アルモリカンとしては申し分ない等級が付いて、秘かに期待していたわりには、精肉/枝肉の歩留りが、たったの53%でした。(ごく普通の肉牛だと、これが70%台。)

110714 1

だけど、このおいしさだから、『アルモリカンなんかもうやめよう。』という気には、まだなりません。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。