ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

マルキーズとふぶきの(汚い)話

牛たちからの抗議の声に負けて、火曜日の朝、一つ上の牧区の入り口を開けて、そちらにも行けるようにしました。(ボラン農場案内図は、なるべく早く更新するつもりです。)

今朝は、霧が出て、こんな感じでした。(手前でくつろいでいるのはマルキーズ。)

110826 2

この後すぐ、青空になった と思ったら、お昼頃には雷が鳴って、雨もパラパラ。でも、今はまた青空。8月も下旬になると、しっかり秋の気配がします。

牛たちは、草はふんだんにあるし、みんなごきげんで元気だけど、一頭だけおしりが真っ黒なのがいます。《私の牛》ふぶきです。

もう一ヵ月ほど前、下半身ほとんど全部が下痢で汚れているのを発見して以来、毎日気を付けていて、昨日までまあまあだったのが、今日はまたひどくなっていました。知らない人が見たらびっくりするほどの汚れ方だけど、本人は全く平気で、草はモリモリ食べるし、ちゃんと反芻もします。

はじめは、黄色い花の毒草を好んで食べるのがいるので、もしかしたらそれがふぶきだとか、クローバーが多いところにいたので、そのせいだとか、いろいろ原因を考えてみたけれど、はっきりしません。

もちろん、汚くなるほど下痢をするのは、ふぶきだけ。と言うと、体質なのでしょうか。そう言えば・・・、ふと、マルキーズを見てしまいました。

(マルキーズとふぶき)
110826 1

マルキーズは、典型的な乳牛タイプで、いくら乾草だけ食べさせても、出てくるモノは固形にはならず、いつも液体です。道でホルスタインの群れとすれ違ったことがある方はご存知でしょうが、ホルスタインは液体のモノを落として行きます。そう、乳牛は、みんなそういう体質らしいです。

でも、マルキーズの場合は、それをうま~く遠くに飛ばすので、おしりはきれいなものです。そして、何か気に入らないことをされると、即それを飛ばすので、注意が必要です。マルキーズがしっぽを上げたら、大急ぎで5メートル以上離れないと、とばっちりを受けます。それほど、マルキーズのは強力な武器なのです。

すると、マルキーズから乳牛タイプを受け継いだふぶきも・・・。

他の子牛たちは、みんなおしりが大きい肉牛タイプに育っているのに、ふぶきだけは、背中の線も、体の細さも、マルキーズそっくりの乳牛タイプです。性格もマルキーズに似ていて、人には媚びないけれど、私にだけはなついていて(ミルクを覚えている)寄って来るので《私の牛》です。

この子も大きくなったら、うまく遠くに飛ばせるようになるのかなぁ というのが、今朝思ったことです。
スポンサーサイト

それで、牛たちは?

と言うことで、まず写真から。まだ、斜面にいた時です。

110822 1

おかげさまで、みんな元気です。

そして、こちらが、やっとできた《ボラン農場案内図》です。

C 110822

あれから、マルキーズも早めに来るようになりました。

牛たちが家の近くにいた時は、一日中顔を合わせてたのに、南に行ってしまって、ちょっと淋しくなりました。牛たちは、まだ金曜日に行ったばかりなのに、もうよそに行きたくて、今朝も泣かれてしまいました。

水桶が空になったら、すぐ上の牧区に運んで、そちらにも行けるようにしたら と提案したけれど、Jおじさんは、ジョンさんちの雑草刈りに行ってしまったので、明日まで待たされるでしょう。

これからまた、様子を見に行かないといけないけれど、顔を見せたら泣かれるに決まってるので、気が重いです。

青い空にブルーの煙突

たかが煙突と言っても、意外に複雑で、パイプを注文するだけでも、その計算に何日もかかった という話は置いておいて、まずは写真をご覧ください。

本当は、煙突の取り付けは、屋根の上から始めるものなのですが、うちは、まず家の中から始めました。

110813 1

上の写真のブルーのパイプが、天井を突き抜けて部屋に出る部分です。屋根裏を通る部分と、外に出る部分は、断熱材が入っているので、径が大きくなっています。ストーブのパイプは、径の小さい方につなげます。

ここまで準備できたので、屋根の上は一日で終わるだろう と楽観していた火曜日。Jおじさんは、高いところが苦手なので、命綱も用意して、慎重に始めました。

まず、穴を開けるところのスレートを取除きます。

110813 2

次に、規格通りの穴を開けました。

110813 3

そこに煙突のベースを置きます。

110813 4

そこで屋根の上の煙突を乗っけて全体の中心を合わせ、ベースの位置決めをします。

ここで、ちょっと問題が。

このベースは、スレート板のラインに合わせて付けることになっているのに、ちょっとズレました。だから、ふつう、煙突は上から始めるものなんです。

110813 5

その日は、そこでストップしてしまいました。

翌日、そこはうまくごまかすしかない ということで、工事が再開しました。上から順に取り付けるのではなくて、下から来ているパイプに合わせないといけないので、位置決めが大変です。

ようやくベースを固定して、スレートを元のように戻すところで、Jおじさんは、また考え込んでしまいました。どんな順番で置いてあったか忘れたとか。

屋根の上でしばらく考えて、どうにかそれらしく収まりました。(夕方で、屋根のこちら側は陰になるので、写真はなし。)

ここで、雨になったので、一日お休みして、昨日は仕上げをしました。

110813 6

スカートをはかせ、お帽子をかぶせて出来上がり。結局、始めてから全部で一週間まるまるかかってしまいました。

南から見るとこんな感じです。

110813 7

この写真を見ていただければ、なぜストーブの位置にそんなにこだわったか、おわかりになると思います。

家の南面に窓が三つ並んでいて、この真ん中の窓の前に大きなテーブルを置き、その向うがわにストーブを置くようになっています。だから、ストーブがきっちりそのライン上に来ないとカッコ悪い ということなんです。

ところで、家は?

そうなんです。5月に窓とドアを全部入れ終わった時から、見た目は全く変わっていません。

じゃあ、あれから何してたの って? いえ、お金がなくて工事が止まっているのではなくて(まだ今のところは大丈夫)、注文して、それが来るのを待っていた物があるのです。

その前に、全く見えないけれど、まずここが変わりました。

軒下の壁に棒を渡して、

110808 1

ここを閉めてしまいました。

110808 2

これは、《雀隠し》とか呼ぶそうですが、私は、どちらかと言うと、ツバメ除けじゃないかと思います。これを屋根屋さんにやってもらうと、たいていプラスティック樹脂製の白っぽい板を張ってしまいます。うちは、コスト低減のため、Jおじさんがすることにしましたが、あくまでも歴史的建造物風なので、そこまで木です。

ここが閉まると、軒下から風が入って来なくなったので、家の中が暖かくなりました。夜になって外の気温がぐんと下がっても、家の中の温度は変わらないからです。これで、冬は安心ですが、夏に暑くなったらどうなるのでしょうか。Jおじさんによると、外が暑くても中は涼しい と言いますが、それは実際に暑くなった時に確認します。

そして、Jおじさんは、二三日前から、いよいよストーブの煙突を取り付けています。

まずストーブを選んで、6月に注文して、その納期が二ヵ月(もう来てるはずだけど、連絡なし)。ストーブが決まったので、その寸法に合わせた煙突を注文するまでに、何週間もかかって、(なぜ、そんなに時間がかかったの、次回ご説明します。)一ヵ月のはずだった煙突の納期が、一ヵ月半かかって という具合です。

Jおじさんも忙しいから、なかなか思うように行かなくて、いったいいつになったら新しい家に住めるか不安になりますが、それでも一歩ずつ進んでいます。

雨後の菜園

今日のお昼はカンタンに、オーブンで焼けば良いだけのお魚料理に新ジャガを添えて と菜園にジャガイモを掘り出しに行って、びっくり仰天。

110805 1

この数日、雨が多かったたし、仕事も忙しかったので、菜園を放ったらかしにしていたら、さやインゲンは太くなり過ぎ、エンドウ豆はたわわ、カボチャはツルの伸び過ぎ・・・、そして、草ぼうぼう。

今日こそ終わらせてしまいたい仕事があったけれど、ここで手を抜いたら菜園は野原と化してしまうので、急きょ、今日一日草抜きの日に。とにかく、草抜きをしないと、さやインゲンもエンドウ豆も穫りにも行けませんから。

今年の春は、Jおじさんが窓の取り付け工事で忙しかったので、菜園は、6月に入ってから、一気にみんなまとめて種まきをしました。それが、みんな一斉に大きくなって、菜園ではなくて野菜畑です。

ふつう、菜園は女性の仕事 と思われているみたいで、みんな《masayoの菜園》と称しますが、うちは《Jおじさんの菜園》で、私は草抜きと収穫だけしかしません。(でも、それが一番手がかかる。)

Jおじさん頼らず、間引きの必要のないテープに貼ったタネを買って来て、自分で蒔いたけれど、雑草に負けてひょろひょろしたのが数本生えてるだけ。Jおじさんが蒔いたニンジンは、葉っぱも見事で、しっかり太くなってるのに。どこが違うのかわからないけれど、菜園は、やっぱりJおじさんの専門分野です。

ボラン農場大スクープ:

110805 2

オスカルも草食動物だった! 牛といっしょで、草を引っ張ってちぎります。(だから、同じ音がする。)

FC2Ad