ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんな良い子だねぇ

もう三月も終りになり、乾草ロールも残り少なくなったので、そろそろボラン食堂の閉店も近づいて来ました。

それにしても、今年の食堂(牛舎)は本当に楽でした。

まず、雄牛(去勢)がいないので、掃除が楽です。

これは説明を加えないと、わからない方が多いと思いますが、雄牛はお腹の下からおしっこをするので、敷きわらが全部汚れるけれど、雌牛はおしっこも後ろからなので、汚れるのはたいてい通路側だけだからです。

そして、今年の女子チームは、毋牛たちが選抜メンバーだけあって、まとまりが抜群です。

中には、怖がりで落ち着きのないの(フェスト・ナットとグリ子)もいるけれど、それでも今は、牛舎に入場する時、迷うことなく、みんなそれぞれの守備位置に付きます。

それも、ちゃんと順番に、向かって左側に席のある第一グループがまず牛舎に入り、その後、右側の第二グループが入って来るようになっています。

そして、三月初めにもう一つ北の牧区を開けても、今週の水曜日に北のもう一つの牧区に移動しても、いくらおいしい青草を食べていても、私が呼びに行くと、ちゃんと牛舎まで来てくれました。

牛舎には来たけれど、やっぱりお腹いっぱいで、寝そべってしまった子たち。

120331 2

この女子チームがこんなに優秀なのは、みんな、有能なリーダー(マルキーズ)のおかげです。マルキーズは、何も言わなくても、私が考えていることを理解してくれるんです。

先代リーダーのイッジーばあちゃんも、おとなしくて、言うことを聞いてくれたけれど、歳のせいで歩くのがゆっくりでした。でも、マルキーズは、まだまだしっかり歩けるので、だれも追い越そうとはせず、北の放牧地からの長い道を、みんなの先頭に立ってさっそうと歩いて来ます。

そのマルキーズ(写真後ろ)もえらいけれど、娘のげんきも優等生子牛です。

120331 1

小さいから、柵をくぐってどこにでも行けるのに、脱走して追いかけっこになったことなど、一度もありません。呼べば、ちゃんとついて来ます。

性格が良いだけではなく、げんきは今までで一番すばらしい子牛 と私が言うのは、ひいき目過ぎるでしょうか。
スポンサーサイト

あぁ、夏時間・・・

先週の週末から、また夏時間がやって来ました。それと同時に、春を通り越して、文字通り夏のようなお天気が続きます。

まあ、朝晩はけっこう寒くなるので、暑い! と言うほどのことはありませんが、最高気温20℃は、ここでは夏並みです。

気温はどうでも良いとして、一番困るのが、雨が降らないこと。この冬も、それほど雨がなかったし、今、この季節に雨が降らないと、またまた今年も、干ばつになってしまいます。

冬は、牛たちが毎日通る牛舎の入り口付近や、外に置いた水桶の周りがどろんこになって、汚くて、足を取られて、イヤだ~! と思うのが普通です。それが、去年に続きこの冬も、どこもきれいなままで、ちょっと心配になっていました。

去年、干ばつで草が伸びず、乾草が貴重品になり、必要量の三分の一も確保できませんでした。それでも、できるだけ乾草を節約して、どうにかここまでまかなうことができました。

それも、この冬は、厳しい寒波の時以外は、けっこう暖かくて、牧草が少しあったからです。特に、10ヘクタール以上あるジョンさんちにいる去勢5頭は、乾草ロールはおやつ程度にしか食べず、二本目がまだ草架に入ったままです。

去勢君たちは、こうして冬の間も青草を食べたので、少し早めに今年最初のお肉の販売となりました。

120329 1

前回充分行き渡らなくて、待っていただいていたお客様もいて、お得意さんにご案内しただけで、当人(当牛?:モモくん)が出発する前に、もう完売になってしまいました。

結果は、枝肉重量353キロ(39ヵ月にしては小さい)、等級O=4(肉付き5段階:下から2番目、脂の乗り具合5段階:上から2番目)で、精肉予想重量195キロ。私たちの食べる分はありません。

空の鳥は

ここで冬を越したらしい鳥たちが、お天気が良くなって(昨日から雨になりましたが・・・)うるさいと思うくらい、はしゃぎまわっています。

いったいどこから入って来るのか、家の中で小鳥が飛び回っていることが、時々あります。

先日はこの子:

120318 1

お外に行こうとして、日の当たった南側の窓ガラスに頭をぶつけ、目を回していたのを、Jおじさんが見つけました。

ボラン農場には、よそから脱走して来た牛や馬やロバが、並木道から入って来ることがよくあります。まるで何かに惹かれたように・・・。(おかげで、菜園はボコボコ。)

そして、鳥たちは、なぜか家の中に入りたがるのです。一度は、ストーブの中で音がする と思ってみたら、すずめ(に似たの)がいました。煙突から入って来たのに違いありませんが、そんなにしてまで家に入りたかった? それからは、毎日、ストーブの中に鳥がいないか見ています。

小鳥が大好きな(?)家ですが、天井の色は、もちろんブルーにします。一口にブルー と言っても、いろんなブルーがあって、できれば煙突の色と相性の良いブルー。

まず最初に試してみたのが、ブルーブルーNo.6 という名前の色でした。青空に似たブルーのイメージだったけれど、試し塗りをした板を天井の位置に置くと、なんとなくグレーっぽく見えます。

煙突の色は、パステルブルー という名前なのに、ブルーブルーNo.6に比べると、ちょっとグリーンが入っていて、その二つを並べるとちぐはぐな感じがします。

なので、もう一度ペンキの色見本を見て、ほんの少しグリーンが入ったブルーを選びました。 (まだ買ってないけれど。)

それにしても、天井に空色を塗るはずだったのが、私たちが選んだのは、どちらかと言うと海のブルーです。果たして、海のブルーだと、鳥が家の中に紛れ込んで来るのを防ぐことができるでしょうか。

私たちはあきらめない

2月の寒かった時に家に入れたスイセンも咲きそろい、すっかり春めいたボラン農場です。

120301 2

冬中さえずっていた鳥の声もますます盛大になり、日なたにいるとまぎれもなく《春》を感じます。

120301 1

こんなぽかぽかお天気の今日、Jおじさんは、この間注文した断熱材のグラスウールを取りに行きました。

と言うと、どうってことないように聞こえますが、この断熱材を手に入れるのに半月以上かかりました。

断熱材と言っても、今は、環境にやさしい天然素材の物がたくさん出ています。人口170人のT村にも、なんと麻の断念材を製造販売している会社があるのです。(T村やったら、大麻ちゃうの? とよく言われる。)でも、その断熱材になる麻は Bio(無農薬有機農産物)で、私たちが買えるような値段ではありません。

他にも、木をベースにしたものとか良いものがあるのですが、断熱効果を考えると、従来から一般に使われているグラスウールに比べて、どれも4倍位高く付きます。

断熱材にお金をかけてしまうと、後が続かなくなるので、私たちは、グラスウールでガマンすることにしました。今は、グラスウールにホルムアルデヒドを使わない方向になって来ていると聞き、それなら大丈夫だから、絶対にホルムアルデヒドなしを買おう と決めました。

でも、そこから半月かかってしまいました。

いつも行っている隣町のお店。《ホルムアルデヒドなし》はないけれど、《低減》ならある とそのお店の駐車場に高々と積まれた黄色のグラスウールを勧められました。なぜ、《なし》ではなくて《低減》なのか という説明付きで。

Jおじさんは、他のメーカーが作っている《なし》のが欲しかったのですが、そのお店では扱っていませんでした。よそのお店から取り寄せればある と言うことで、値段を調べてもらいましたが、黄色い《低減》に比べて割高でした。ここのお店は、ガラスメーカーのサン・○バン系列なので、どうしてもその《低減》を売りたいようです。

ホルムアルデヒドなしの真っ白なグラスウールなら、私がよく行くDIYのお店のカタログに載っているので、そこで買えます。でも、なんで《なし》は《低減》に比べてこんなに高いのか、なんで、わざわざ白い色にするのか、など疑問が出て来ました。

それで、もう一度インターネットで調べてみると、別のメーカーが見つかりました。そのメーカーは、従来の黄色いグラスウールから全面的にホルムアルデヒドなしの製品に移行し、同じ値段で販売している ということでした。

こんな良心的な会社の製品を買わない理由はない と、Jおじさんは、またいつものお店に聞きに行きました。でも、そのメーカーのグラスウールは全く扱っていない という返事でした。

ここで、普通の人なら、『はい、そうですか。じゃあ、そこに山積みになってる《低減》にします。』と言うでしょう。でも、Jおじさんは、そのまま帰って来ました。

建材を売っているお店なら他にもいっぱいあるので、ちょっと遠くなるけど、カレの町まで行ってみよう というのが、次の手でした。

そこでは:
J『これ黄色いけれど、ホルムアルデヒド低減ですか?』
店員さん『ホルム??? なんやそれ。グラスウールは黄色に決まってるやろ。』
J『○○○社のホルムアルデヒドなしのはないんですか。』
店員さん『○○○社はやってない。グラスウールやったら、昔からみんなこれ(黄色)やで。』
と取り付く島もなし。(その上、《低減》らしき製品の値段を聞いたら、バカ高かった。)

これっ! というのがあるのに、どこにも売っていない というのは、煉瓦ブロックでも経験したことです。何でも主流のメーカーがあって、それ以外はなかなか手に入らないので、ほとんどの人はあきらめて《ふつう》のにしてしまいます。

でも、そこであきらめてしまわないのが私たちです。

先週の土曜日、うちから30キロ弱の町に、けっこう有名なチェーンのお店があって、エコ断熱材も扱っているそうなので、Jおじさんとふたり(+オスカル)で見に行きました。

看板を目指してお店の前まで行くと、Jおじさんが、『あっ、ここか。あかんわ。この前、ここ通った時、つぶれたとったで。』と。

確かに、建物もみすぼらしくて、看板がなければ、ここにお店があるなんてだれも想像できません。よく見ると営業中のようだったけれど、『こんなしけたお店に気の利いた物があるわけない。』とJおじさんは、帰りかけました。でも、せっかくここまで来たんやから と私が無理やり引き止めたら・・・

まるで奇跡のようにそのお店にあった○○○社の《ホルムアルデヒドなしグラスウール》。

120301 3

素材のままの自然な茶色です。

こだわるとすぐに壁にぶつかるけれど、あきらめなくて良かった といつも思います。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。