ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

春っ!

カラカラ天気が終わった と思ったら、3月のお天気に戻り、朝晩は寒くなりました。それでも、木はどんどん葉をつけて、日に日に緑が広がっています。

毎日雨 とはいかないけれど、まあまあ、まとまった雨が降り、草も伸び始めたので、牛たちを南側の牧草地に放しました。

C 120416

ちょうど、乾草もなくなったし、毎年の血液検査も済ませたし、ボラン食堂は、4月10日で閉店しました。今年は、ちょっと早めです。

この週末は、ももくんが箱に入って戻って来たので、ボラン農場は、お肉のお客様で大にぎわいでした。牛たちは、草を食べるのに忙しくて、いるのかいないのかわからないほどの静けさでした。

いろんな方に心配していただいたふわふわの目も、すっかり良くなり、まずはめでたし、めでたし と言うところです。
スポンサーサイト

速報:ふわふわの目が開きました

昨日あたりから、ふわふわは、『ねぇ、それ、食べれるもの?』と言うような時、ちょっと左目を開けるようになりました。

まだ、しょぼしょぼさせているけれど、瞳が見えるまで開けられるようになりました。ちゃんと見えているかどうか、まだわかりませんが、少しずつ回復しているようです。

(写真を撮ろうとしたらイヤがったので、ちょっと前の写真。)
120406 1

ふわふわの目は開いたけれど、雨が降りません。

昨日も、今にも雨が降りそうな空模様だったのに、一滴も落ちて来ませんませんでした。一昨日、ほんの申し訳程度に降っただけです。

今朝、ジョンさんの菜園を(トラクターで)耕しに行ったJおじさんによると、菜園の土は、耕した底までカラカラだったそうです。なんか、去年よりもひどそうです。

これから、一ヵ月雨が降り続いたとしても、文句は言いません。

ふわふわの災難

天気予報によると、雲一つない晴天は今日が最終日で、明日からは春らしく、雨が降ったり晴れたりの忙しいお天気に変わるそうです。気温だけは、もう土曜日からふつうに戻り、今朝は霜が降りました。

さて、今日はボラン農場の家ネコ、ふわふわの話です

120402 1

好きな時に家(小屋)のドアの前でニャーニャーやって、家の中に入れさせるふわふわは、だいたい夜は、夕食後の巡回を終えて、遅くやって来ます。

その日もふわふわは、家で寝ましたが、翌朝、いつまでたっても起きて来ません。ベッドの上のJおじさんの足の位置で、ひたすら眠っていました。小屋のすぐ外には、まるまる太ったネズミの死骸が置いてありました。

いつもなら、朝になると一旦外に行って、Jおじさんが朝ご飯を作っている時に戻って来て、ミルクをねだります。今日はなんかおかしい と思ったけれど、Jおじさんが、そっとしておけ と言うので、そのままに。

ふわふわの左目が開かないのに気付いたのは、ずっと後のことでした。

次の日も、ふわふわは元気がなくて、左目から目やにが大量に出て、それがくっついて目が全く開けられませんでした。かわいそうなので、熱いタオルで拭いてやったけれど、目は閉じたままでした。

大好物のアルモリカン牛レバーも食べないし、ミルクも飲まないので心配しているうちに、目が開かない顔の左側が腫れて来ました。

これはただ事ではない とJおじさんが獣医さんに電話して、その日の夕方に診てもらうことにしました。

ふわふわは、ボラン農場のネズミ駆除員であって、ペットではないので、旅行用のキャリーバッグなど持っていません。なので、Jおじさんは、カゴの代わりにと、段ポール箱に窓を開け、そこに金網を取り付けたのを用意しました。

家を出る時間になったので、ふわふわをその中に入れようとすると、あら、あんたそんなに元気だったの と思うほど力いっぱい抵抗しました。それでも無理やり箱に閉じ込めてしまうと、金網を体当たりで押し曲げて、ちょっと開いた隙間から脱出しようとしました。

それじゃよけい危ないので、あわてて箱から出し、獣医さんに行く時間も迫っていたので、急きょ別の段ボール箱に閉じ込め、ふわふわがヘンな声で泣き叫んでも聞こえないふりをして、箱ごと車の助手席の足の所に押し込み、急いで出発しました。

獣医さんのある隣町まで、私だと30分はかかります。それなのに、一時間もしないうちにJおじさんが戻って来ました。

車の助手席には、獣医さんから借りて来たカゴが置いてありましたが、中は空っぽ。ふわふわは? と言うと、助手席の後にうずくまってました。

家を出て間もなく、ふわふわは、またもや段ボール箱から脱出したそうです。だから、帰りは、は獣医さんのカゴに入れたけれど、またもや脱出。その上、とうとうガマンできず・・・・、座席の後でおしっこをしてしまいました。

病気だから、いいの、いいの とそれは大目に見て、ところで、獣医さんの診断は? と言うと、どうも何者か(キツネとか野生の動物)に目の上あたりを殴られたのではないか と言うことです。ふわふわは、以前にも、何か動物に、おでこから耳にかけてかじられたことがありました。

今回は、その殴られたところが化膿して腫れ、体温も40℃あったそうです。だから、ごはんも食べられなかったわけです。でも、獣医さんに注射をしてもらって、翌日から飲むお薬ももらって、一安心。

なんて、言っている間に、元気を取り戻した本人は、さっさとネズミ狩りに出かけてしまいました。もう、病気の時ぐらいやめておけばいいのに、痛い目にあっても全くこりてないふわふわです。

そして、戻って来た時には・・・、びっこひいてました。

私の憶測では、片目が見えないのに、いつものように高い所に登って、距離感を誤って脚をぶつけてしまったのだと思います。また、獣医さん行かなあかんや~ん と嘆くJおじさんに、もらって来たのが炎症を抑える薬やから、これにも効く と説得して、様子を見ることにしました。

案の定、ぶら~ん としていた右前脚も2日で治り、8日分のお薬も全部飲ませたけれど、ふわふわの左目は、まだ開きません。

Jおじさんは、両目が開いた事故前のふわふわの写真を、全部大事に取っておくそうです。

ふわふわの目が開いたら、またお知らせします。

FC2Ad