ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

居残り組の静かな日々

151109 F2L

他の牛たちとジョンさんちに行かなかった、マルキーズ、ふぶき、らな、リラの四頭。家の庭の草刈りのようなことをしてもらってたけれど、おいしいところはみんな食べ尽くし、昨日、一番北の牧草地に移動しました。

リラにおっぱいを飲ませているふぶきは、みんなよりお腹が空くのでしょう。草が少なくなったら、真っ先に抗議を始めます。他の三頭は何も言わずに草を食べてるのに。

突然おっぱいを卒業させられたらなちゃんは、リラが飲んでいても知らん顔で、どうやら無事に大人食(草のみ)に慣れたようです。ただ、ますます大きくなったリラに比べると、らなはちょっと小さく見えるかな。

ジョンさんちの19頭は、私は、あれから一度も見に行っていません。Jによると、草はまだまだふんだんにあって、牛たちは幸せな日々を送っているそうです。

こちらは、もうそれほど草は残っていないけれど、牛四頭と馬二頭に食べさせるには充分あります。

他の牛との競争もなく、冬になる前の最後の草をゆっくり味わう居残り組です。
スポンサーサイト

FC2Ad