ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

冬はどこへ行った



冬至も過ぎ、これからは毎日1分ずつ日が長くなる、と思っただけで、気分も明るくなります。

少しぐらいお天気が悪くても、お外で遊んだり、お昼寝したりの子牛ちゃん。たとえ運動場の場所を変えても、夕方になると、ママたちといっしょにちゃんと牛舎に戻って来ます。

一度だけ、ルーがとんでもない所にふら〜っと行ってしまったら、ママのジゼルがパニックになって追いかけ、ルーはすぐに牛舎まで戻って来たのに、それを知らないママだけ、ボラン農場北の果てに向かって全力疾走。止めようがなかったので、とりあえずルーだけ牛舎に入れている間に、どこでUターンしたのか、ジゼルが牛舎に突進して来て、めでたし、めでたし。

それにひきかえ、ルーシーが生まれる前の日にちょっと来た冬は、なかなか戻って来ません。お肉の販売をしたこの週末も、買いに来てくださったお客様は、口を揃えて『寒くならないねぇ。』

車で通り過ぎた道ばたに黄色い花が咲いていて、『まさか!?』と思って、車から降りて確認しにに行ったら、やっぱり黄水仙だった、という話は、二人別々の方から聞きました。

ボラン農場でも、タンポポやひなぎくが咲き、お天気が良い日は小鳥がさえずり、まるで春。温暖化がとうとうここまで来てしまったの? とちょっと怖くなります。

でも、子牛ちゃんたちは、モコモコの毛皮を着て生まれたし、他の牛たちも、オスカルも、いつもこんなだったっけ、と思うほど毛が長いし、きっと寒波はやって来る、と思います。何年か前のように、突然雪が降り出して、あっと言う間に1メートル、なんてことが起るかも。(次の日にはほとんど解けたけど。)

冬の間、生活必需品は買いだめしておくこと。あんまり暖かくて、忘れてしまうところでした。
スポンサーサイト

大食いの家系



お待たせしました。今朝、やっとお外に出られたルーです。

生まれた日も、昨日も雨で、ママとずっと牛舎にいました。

牛舎には、先に生まれたルーシーとママのげんきもいて、総勢4頭に一日中いられると、えさと水やりに掃除で大忙し。ずっと中に閉じ込められてる牛たちにしても退屈しないか、と思ったけれど、ルーのママ、ジゼルを見る限り、ぜんぜん気にならないみたい。なぜなら、

一日中食べてる。

ジゼルは、横にいるげんきの食べ残しもおいしそうに食べてしまいます。
すなわち、餌箱に入ってるものは何でも食べる。

そう言えば、昔、そんな牛がいたっけ。餌箱に落ちた子猫も食べそうになったアーニカ。

で、良く考えて見ると、ジゼルは、アーニカの娘でした。

今はよその牧場で活躍しているアーニカも、ジゼルも、私が《カバ系》と呼ぶタイプ。典型的なアルモリカンで、体は丈夫、繁殖問題なんか一切なし。性格も、ちょっとヌケてるようなところもあるけど、素直で、食べ物で釣れば何でもしてくれる、扱いやすい牛です。

マルキーズのような《美人系》の牛も良いけど、性格の良いのもいないとねぇ、とこれからもしばらくはボラン農場にいる予定です。たしかに、子は必ずしも母親に似るわけでもなくて、ジゼルの長男と次男は、どちらもなかなか良い牛に育っています。

そして、3頭目になるルーも、骨格がしっかりした、背の高い(脚が長い)立派な子牛です。

牛舎にいた昨日は、ずっと寝てる、と思ったら、いきなり立ち上がってママのおっぱいに直行、おなかがいっぱいになったら、元いたところに戻って寝る、を繰り返してました。

大食いアーニカの家系は健在です。

ジゼルの子は・・・

本当に突然のことでした。

濃い霧が出た今朝。どうせまだだろう、と思いながら、一応ジゼルの様子を見に行ったら、ジゼルの周りを見たことのない子牛が跳ね回っていました。

べつに急いで牛舎に入れる必要もない、と思い、まず、げんきとルーシーを見に行った間に、子牛ちゃんは、柵をくぐって(小さくて柵など見えない)ひとりで牛舎裏に来てしまい、ジゼルはそこまで来れないので大騒ぎ。しょうがないので、母子とも牛舎に収容しました。

とにかく元気の良い子牛ちゃん。土手など平気で登りそうになるし、牛舎に入れるのも大変でした。

そして、牛舎に入るなり、しっかりアシを踏ん張って、ものすごい量のそれはそれは立派なウンチを。

それが本当に見事だったので、写真を撮りました。(そんなものだれも見たくないでしょうから、ここには載せません。)

で、その子牛ちゃん。予想外の女の子でした。おかげで、用意してあった名前、ライナスが使えなくてがっかり。そう、前回のクイズの答えは、ルーシーとライナス(スヌーピー/ピーナッツですが・・・)でした。

今年生まれのLの名の付く子牛は、全部で7頭です。その内、オスは2頭だけなんて、またお肉不足になりそう。

まあ、その心配は2〜3年後にするとして、とにかく元気な子が生まれてなによりです。

名前は、もうあまり考え過ぎないで《ルー》にしました。写真がまだない(ウンチの写真しかない)ので、今日は、ルーシーとルーが仲良しになる願いを込めて、今朝のらなちゃんとリラの写真を。


げんきの娘ルーシーです



生まれたのは木曜日の朝。
もう、今にも産みそうになっていたげんきの様子を見に行ったら・・・、
子牛が落ちてた、という、いつものパターン。
いや、落ちてた、と言うよりも、立ち上がろうとしていた、というのが正しいけど。

気温もそんなに低くないし、子牛も元気そうだから、と外に放っておいたら、きっと寒かったのでしょう。子牛がヘンなうんちをするので、急きょ牛舎に入れることに。

Jおじさんは他のことで忙しく、きっとめんどくさがって、あとでええやん、とか言い出すに決まってるので、私一人でやってみました。

牛たちは、納屋や牛舎のすぐ横の牧区にいて、げんきと子牛はその反対側の道路沿いに。距離はそんなにないけれど、他の牛たちの間を通ることになります。みんなに来られたら子牛が迷子になってしまうので、他の牛とは目線を合わせないようにして、げんきと子牛の後からそろそろと、小声で操縦しながら牛舎裏まで。他の牛たちもやっぱり走って来たけれど、すべり込みセーフでした。

さて、子牛の下痢の薬は何が良いか、いつものホメオパシー教科書を見てみたら、生まれてすぐの新生児は、やたらいろんなレメディーを混ぜたものを注射する、と書いてあります。まさか注射はできないし、だいたいそのリストにあるレメディーは一つも持ってません。しょうがないので、とにかく脱水症状予防のCHINAをお口からポイッと。

いやがって舌で口から出してしまうかな、と思って見ていたら、まんざらでもないような顔をしてなめてました。それを1時間毎繰り返したら、色はちょっとおかしかったけれど、ごくふつうの子牛のうんちになってホッと。それ以来、子牛は私の顔を見ると、舌をペロペロさせるような・・・。

ホメオパシーのレメデイーはお砂糖でできているので、慣れた子牛はボンボンみたいに欲しがります。小さい時に下痢ばかりしていたらなちゃんは、外にいる時でも、レメディーの容器を振ってカシャカシャすると、よだれを垂らしながら寄って来て、大きなお口を開けてくれるようになりました。

それが便利で、下痢をしなくても、これからは、耳標を付ける前にARNICAを飲ませたり、できるだけ早くレメディーに慣れさせようと思います。

下痢も完治し、子牛はママと昼の間専用放牧地(他の牛たちとは別の所)でのびのび過ごしています。

ルーシーという名前。2015年は、Lから始まる名前の年で、ルーシーが生まれた日、お昼ごはんの食卓に乗っていた《リマ》(お醤油)でも良かったのですが、《リラ》と似ていて、それぞれどちらが呼ばれたのかわからないと困るので、NGに。

それじゃあ、もうすぐ生まれるジゼルの子は多分男の子だろう、とペアで決めました。女の子がルーシー、男の子は・・・? これが今日のクイズです。

牛たちおうちに帰る



青空のボラン農場に、そう、牛たちが帰っています。
お産予定日が一週間先に迫ったのが二頭いるので、もうギリギリの移動でした。
戻って来たのは月曜日で、記念写真は今日。

ジョンさんちには、図体がすっかり大きくなった去勢たちがぞろぞろいます。(全部で8頭。)その中から、どうやってお母さんと子供だけ連れ出そうか、なんて、心配する必要はありませんでした。去勢たちは、うらやましそうに見てるだけでした。

おうちに帰れるのがわかってるのか、みんな、乗り物が好きです。

ほんとは乗りたくてしょうがないんだけど、他の子の手前、あんまり興味ないようなフリしてるだけなのが、その乗り方を見るとわかります。

こういう時にも、それぞれの性格が出るようで、乗り方にもいくつかのタイプに分かれます。

途中で止まることなく、ずんずんトレーラーに乗り込む子(ふみ、ジゼル、ジャネット)、
待ちきれなくて、Jおじさんを追い越して乗りそうになる子(イッチー)、
いちおうイヤイヤをして、それから乗り込む子(げんき、いちま)。

私の好みの牛にかぎって、マルキーズと同じ性格(素直じゃない)なのは、ちょっとガッカリです。

それぞれの子供たちも、ママが乗ってしまうと、まだJおじさんが降りてないから場所がない、と言うのに、こわごわ乗り込んで来て、それがまたかわいいのです。

こうして、私が後からおしりをたたく必要もなく、大きな声を上げることもなく、静かに事が運びます。ほんとに、みんなどうしてこんなに良い子なのか、と感心してしまいます。こういう時に、『この子は、顔も体型もカバタイプでイヤだけど、性格が良いからまだ家に置いておこう。』と思うものです。

おかげで、お昼前に始めて、夕方暗くなる前に、全員がボラン農場に戻りました。

4頭だけも良かったけれど、14頭全員がいると、もっと良い。

フリゼット(も)出発



おなじみの家畜運搬トレーラーが来たのに気が付いて、出荷柵前までぞろぞろやって来る牛たち。ここは、ジョンさんち。みんな、トレーラーに乗るとおうちに帰れる、と思ってます。

お目当てのフリゼットは、喜んでトレーラーに乗ってくれました。

時間もまだ早いし、もうこれが最後だから、いったんボラン農場(おうち)に。居残り組、特に娘のらなちゃん、には会わせたくないので、牛舎に入れたら、用意してあった乾草をあっという間に平らげたフリゼット。おうちに帰れて安心したようです。

ついこのあいだ出発したファンタにしろ。今回のフリゼットにしろ、タネが付かなくなったという理由はあるにしても、いや、そういう不具合が出たからこそ、メスをお肉にするのはイヤなものです。

生まれた時から《お肉》と思って接しているオスでも、かわいそうに思うのに、小さいころからかわいがって来たメスを、だまして、信頼を裏切って、と畜場に連れて行くのは本当にイヤなことです。その異様な雰囲気を感じて、置き去りにしないで、とすがる牛を振り切って置いて行くしかないJおじさんは本当に大変です。

野菜だったらこんな思いをしなくてもすむのに、と言っても始まらないのですが、せめて、女の子をお肉にしなくてもすむようになれば・・・。

いよいよ次回からは、私好みの、脂の乗った36ヵ月以上の去勢が続きます。

FC2Ad