FC2ブログ

ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

想像していたよりずっと軽かったももたろうくん

Momo 190312

とうとうお肉になってしまった、あの“ももたろう“くん。出発時の写真です。(角と耳標ぐらいしか見えないけれど。)

ジョンさんち牧場までお迎えに行った時も、もうほとんど日が暮れかけていて、結局良い写真が撮れませんでした。

Jおじさんの左手は日に日に良くなって来てはいるけれど、ロープを握ったりはまだできないので、出荷柵に入れてトレーラーに乗せるのに、暴れられたらどうしようか心配だったけど、さすがももたろうくん。大きな体でも始終おとなしく、全てスムーズに運びました。

上の写真のトレーラーに乗せる時など、牛舎の扉を開けたら数秒で乗り込んでくれました。

去勢牛でも性格はそれぞれだけど、こんなに良い子をお肉にするのはもったいない、といつも思います。神経質だったり、人間を信頼しない牛の場合は、お肉の方が好き、と言い切れるのに。

1月にお肉になったマックスくんは、ももたろうくんより若くて、だいたい同じ位の大きさで、枝肉重量 388,7キロだったので、今回は400キロを超えるぞ〜、と覚悟していたら・・・、

362,2 キロ。

番号の見まちがいじゃない?と疑ってしまうような結果でした。

私はももくんをジョンさんちから連れてくる時、お尻を押しながら、
『うわ〜、でか〜!』と思ったのに。

等級も、きっと“R“だと信じてたけど、一つ下の“O“!?
“O3“の“3“は良いとしても、牛はほんとに枝肉にしてみないとわからないものです。

ということで、予想より少ない販売数(21箱)で、すでに売り切れ。ありがとうございます。次回の販売(多分7月のはじめ)まで待っていただくお客様。ごめんなさいね。

最近は、アルモリカンも含めた牛肉の生産者直売がさかんで、競争も激しくなっていて、今までのようには売れなくなる日が来るかも知れない、と心構えはしているものの、やっぱり全部売れるとうれしいです。

明日は、Jおじさんが業者さんまでタン、ほほ肉、レバー、ハツ、マメなどを取りに行く日。それを食べてみると、だいたいどんなお肉になるかわかるので、今からワクワク、ドキドキしています。
スポンサーサイト

ちっちゃなちっちゃな女の子

予定通り、雨と風が続くボラン農場です。

その間に、予定より9日早く、こんなのが生まれてます。

Peps 190310

お天気が悪かったので、生まれた日からずっと牛舎にいたけれど、今日やっとお外に。お外の方が健康的だけど、しょっちゅう放牧地から脱走して来るので、追っかけるのが大変。

ほんとに元気な子で、“ペプシー“と命名。今年は“P“の年で、語尾はママと同じ“Y“です。

ママのルーシーは、去年の3月は残念ながら死産だったので、今回は無事に産めるのか、ちょっと心配でした。それが、数日前に兆候があったにしても、警戒態勢を取る前に生まれてくれて、余計な心配をせずにすみました。

生まれるほんの2~3時間前、ルーシーはお外でみんなといっしょに、ごくフツーに草を食べていました。

お昼になって、みんな牛舎にごはんを食べに来たのに、ルーシーの姿が見えません。いつもなら、3番手ぐらいにうれしそうに牛舎に入ってくる子が。

まさか、と思って放牧地を見に行くと、北側では牛舎から一番遠いところに立っていて、足元には赤いお荷物が。その日はけっこう寒かったので、大丈夫かな、と思って見ると、ちっちゃなちっちゃな子牛の毛は、もうほとんど乾いていました。ほんと、いったいいつ産んだんや?と思うほど安産だったようです。

そのちっちゃなちっちゃな子牛(胸囲70センチ)は、そのあとママといっしょに、はるか遠い牛舎まで元気に歩いて来ました。

ルーシーは、アルモリカン牛のスタンダードとは全然違うけど、私にしたらボラン農場で一番の牛です。その牛がこんなに良い子牛を産んでくれて、やっぱり私はまちがってなかった?

FC2Ad