ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お馬さんたちのたいくつな日々

このごろ出番のないお馬さんたち。放牧地はいつも牛たちの後で あまりおいしいものもなく 私たちの顔を見るたびに 《ヒヒーン(ここから出せー)! 》と叫んでいました。

そのお馬さんたちが とうとう行く先々(図の1と2)で やりたい放題をやってくれました。今は まだ新しい牧草地なので静かにしていますが・・・

20070903170656.jpg

20070903170726.jpg

20070903170754.jpg

20070903170826.jpg

20070903170853.jpg

お馬さんたちは意地悪ではないのは知っていても、やっぱりあんなに大きいのに暴れられたらビビります。私ひとりで(ちょうどそこに居合わせた)どうにか厩に閉じ込めて ほっとしたら、おひざが笑ってました。(私はやっぱり牛のほうが良い。)

さて、朝方の雨も上がり 午後からは晴れ間も出てきました。ずーっと続くのでなければ 雨も良いものです。おかげでほうれん草の芽が出揃ったし、大根と白菜ももうすぐかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/111-f4c91812
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。