ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュパの縁談

べつにお嫁入りするのではないけど、ちょうど8ヵ月になったシュパがよそに行く話が出ています。今年はたまとユゴリンが行ってしまったので、牛舎の場所も足りていて もう一頭売る必要に迫られているわけでもないのですが、いつか手放すことになるのなら話があるうちに と考えたのです。

でもなぜシュパなのか と言うと
1- 今年の冬~来年の春お産をする牛は全員キープする(8頭)、
2- ベラはJのお気に入り、
3- かなは私のお気に入り、
4- 巨大子牛のコラはどこまで大きくなるか見たい、
と消去法で シュパの名前が出てきました。

さらに決定的なのは シュパのお母さんバルダが 次回のお○○にすでに指名されていることです。カシュー以外の子牛たちは 大きな図体をして まだおっぱいを飲んでいます。放っておくと 一才近くになってもやめません と言うか 母親がやめさせません。バルダにはもっと太ってもらわないといけないので シュパがいなくなると都合が良いのです。

バルダのことは もう今から考えるだけで気が重くなります。性格がかわいくて,おっぱいも大きい良い牛なのに、アルモリカン牛には似ても似つかない特殊な顔で、体型となるとソーセージに足4本なのが不運でした。母親が美貌のたまで父親がラシーヌ、おばあちゃんがあのマルキーズ、たまのお父さんはマルタノ というボラン農場独自の血統なのですが、遺伝学は複雑です。時には考えてもいない結果も出てきます。

それで、シュパしかない となると 今度はシュパがいっそう良く見えて来ます。Jに『シュパはみんなの中で一番良い背中してる。』と言ったのは私なのですが(ミニ畳が背中に乗りそう)、見れば見るほど惜しくなったようです。最後の最後まで 『売るのやめた って電話しようか。』とか言っていたのですが、とうとう忙しさにかまけて何もせず、昨日 お客様がシュパを見に来られました。

話は決まり、シュパは今月中にも行ってしまう予定です。行く先にはお姉さん牛もいて さびしくはないとは思うのですが・・・ なんかイヤだなぁ。

20070914171429.jpg
スポンサーサイト

コメント

知らない人にはそっぽ向く。
はっきりと牛の表情が現れている2コマでした。
100点!

  • 2007/09/15(土) 14:10:08 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

照長土井さん、


ありがとうございます。これからも もっといろいろ工夫して描いていきたいと思います。ご声援ありがとうございます。

  • 2007/09/15(土) 17:24:50 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/115-fa86d72a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。