ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

お留守番のボラン農場では

Ittekimasu.jpg

と 私が日本に向けて発った直後に遡ります。
10月6日にシュパがよそに行ってしまいました。前に見にいらっしゃったおじさんのところです。Jがその時のことをわざわざ連絡してくれました。

『Gさんはメルセデスでやって来た。トラックがあまりにも高かったので、シュパを抱いて乗せてやるしかなかった。大変だ。僕は後ろにいたけどそこら中に血が付いていた。シュパは後右足にけがをした。出血が激しい。僕は傷口に手を当てた。そこには大きな穴が開いていて、かなりの大出血だ。僕は恐くなった。僕はGさんに 小屋に行って救急箱を取って来てくれるように頼んだ。出血が激しいため 傷口から手を離すことができなかったからだ。包帯で止血したけど 最悪の事態を心配した。動脈切断だとしたら シュパは出血多量で死んでしまう。シュパ、シュパ。こんな家畜運搬用じゃないトラックに乗せようとしたがために。Gさんが地面に落ちていた何かを見せてくれた。球状の肉片。イボ(大きなかさぶた状のもの)だ。シュパの後右足の内側にあったイボが取れたんだ。ほっ。僕は止血の包帯をはずして 絆創膏を貼った。まだ出血はしているが そのうち止まりそうだ。トラックはシュパを乗せて、新しい人生に向けて行ってしまった。』

もう、人騒がせな。大丈夫だったら はじめからそう言えば良いのに。

ということで 私の留守中 Jがしたことです。

20071021181421.jpg

20071021181458.jpg


こちらはもう本格的な秋で、朝晩は冷え込みます。今朝の気温は2℃。霜が降りました。だから、牛たちも冬の長い毛でちょうど良いのですが、でもこんなにコロコロ太っていいの と言いたくなるようなのが何頭かいます。中でも、大食いシスターズはかなりのものです。

こちらは姉のアーニカ(22ヵ月)です。
20071021181547.jpg

こちらは妹のベラ(10ヵ月)。
20071021181631.jpg

日本の牛さんが見たらびっくりするでょうね。
スポンサーサイト

コメント

でか

朝晩、冷え込むよねー。日中は天気がよくて気持ちいいけど。
牛さんは、風邪引かないの?(素朴な疑問)

masayoさんも、時差疲れで体調くずさんようにね。

  • 2007/10/22(月) 13:49:01 |
  • URL |
  • ぺんぎん #-
  • [ 編集 ]

ぺんぎんさん、


ほんとに寒いよね。日本では半袖の人もいたのに すごい違いです。
うちの牛たちは風邪ひいたことないけど 咳をしたり、鼻水たらしたりはあるそうです。
ありがとうございます。無理せずにぼちぼちやってます。

  • 2007/10/22(月) 17:00:55 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/122-46039934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad