ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こねこねこのこ

PICT0738.jpg

これは うちの猫 “カネル”です。なかなか機会がなく、ご紹介が遅れてしまいました。実は、この子の子猫もいるのですが、私たちにあいさつもせず 逃げるくせに、ごはんだけはしっかり食べに来る 野良猫根性の子です。そちらは “ガメル”(餌箱)という名前です。かわいくないので、紹介しません。

カネルもまた、もらい物です。前にいたお家は ご主人が病気で亡くなり、売りに出され 行き場がなくなってしまったのです。私たちは 猫はどこへでも行ってしまって、めんどうなことがあるといやなので、飼ったことはありませんでした。第一、りんりんが猫と仲良くなれるはずがありません。でも、カネルがあんまりかわいかったので、もらうことにしました。

カネルにとって 初めてうちに連れて来られた時の第一印象は ひどいものでした。車から降りたところで りんりんの攻撃にあい、Jの腕から逃げ出してしまったのです。あとは いくら呼んでも、戻って来ませんでした。何日もの間、全く姿を見せず、元の家に戻ってしまったのではないかとも思いましたが、10キロ近く離れたところで、そこにもいませんでした。ただ、カネル用のボールに入れた餌が 毎晩少し減っていたので、カネルがどこか近くに隠れていて、夜の間に食べに来ていることも考えられました。

もう、一週間以上経ったある日、私は菜園の中にあるコンポスト置き場に お茶の葉を捨てに行きました。すると、グレー系の三毛猫が 私が持っていたティーポットをのぞき込みに来たのです。ティーポットは 餌のボールと同じ色です。間違いなくカネルで きっとお腹がすいていたのでしょう。食べ物をやると おいしそうに食べ、私を信頼しても大丈夫だと判断したらしいです。それからは 少しずつ建物の近くに姿を現すようになり、納屋の3段重ねの乾草ロールの上が気に入ったようで そこに住み着きました。子猫のガメルを産んだのは うちに来てすぐのことだったのですが、カネルは ガメルをくわえて乾草ロールのてっぺんに連れて行きました。子猫のガメルは 降りて来ることができなかったので、Jがはしごで登って餌やりをしたこともありました。乾草がなくなった時も 地上1段目の最後のロールだけは猫用に残しておきました。今はまた この冬用の乾草ロールのてっぺんにいます。

猛犬りんりんには 犬だろうが 猫だろうが 人間の子供だろうが 何でも気に入りません。猫を見ると追いかけますが、猫が走っている時だけです。カネルは 全く恐がりではないので、りんりんを適当にあしらっています。いざとなると、“シーッ”と声を出して りんりんを脅し、引っ掻きます。見ていると、どうもカネルの方が上のようです。

性格もかわいいし、頭も良さそうなカネルですが、ある日こんなことがありました。
20070117183223.jpg

20070117183258.jpg

20070118104452.jpg

20070117183400.jpg


スポンサーサイト

コメント

ウヒャ、、ハハ、、ゲへへ、、、。
愉快 爆笑 ンギャー ですね。
しかしまあ、このイラスト、ご自分で書かれるのですか?
4枚色紙がほしいです。
とても愛らしい、、、ギャハハ。

  • 2007/01/18(木) 12:10:04 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

照長土井さんへ

そんなに 笑わんといてください。本人にしたら 最悪やったんですから。
この話のように 写真が撮れなかったのは 後で思い出しながら描いてます。
色紙 ですか? それはどういったものでしょうか。できるものなら 喜んでプレゼントさせていただきますが。
 

  • 2007/01/18(木) 16:32:40 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/19-dc3d66ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。