ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれぇ、だれかに似てる

080709 1

と思いませんか。今日、朝ごはんの前に 家のすぐ横の牧草地をのぞいて見たら こんなのがマルキーズの周りを飛び跳ねていました。もう毛がすっかり乾いていたので 夜中に生まれたのだと思います。小さいけれど 元気いっぱいの女の子です。

昨日の夜10時頃 Jはマルキーズに とげが刺さってパンのように膨らんでしまった手を見せて『引っぱられへんから 今晩は産まんといてな。』と言ったとか。でも、そんな心配は無用でした。

それで この子がだれに似ているか と言うと これ。

080709 2

去年の3月に生まれたかなちゃんです。両親とも同じ姉妹なので 似ていてもふしぎはありません。それにしても マルキーズは 未来の種雄牛の母に指定された年から 6頭続けてメスばかり(たま、ユーチカ、バランチーヌ、みよ、かな+この子)を産んでいます。人が期待すると逆らうところが マルキーズらしいです。

今日は お馬さんたちが移動したし、子猫ちゃん大騒動というのもあったのですが また次にします。とりあえずご報告まで。今日もまだ寒いです。(今朝の気温11℃)

追伸:前回は拍手を3つもいただいてしまって・・・ ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/211-30e134e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。