ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなちゃん、ねぇ~・・・

しばらく登場しなかったかなですが このところぐんと大きくなり 3ヵ月年上のベラに追いつきそうな勢いです。もう16ヵ月なるので どうしたものか と思っていた矢先 カリプソに追いかけられていたのを発見しました。このままにしておくと 良くないことが起こりそうです。

かと言って かなを牛舎に入れて人工授精をする気にもなれませんでした。かなは 牧柵の下をくぐって脱走するのが得意で、移動させる時 何かとトラブルを起すからです。その上かなは どうしても私たちになつかなくて 全くかわいげがありません。他の子たちが まためちゃめちゃかわいいので よけい目立つのですが・・・

そんなかなのことを Jは前から《56番》と呼んでいたのですが、冬の食堂が開いていた間に こんなことがあって以来 Jはかなのことを決定的に嫌うことになりました。

Cana Marq 1

Cana Marq 2

Cana Marq 3

Cana Marq 4

Jは はね返ったバケツがメガネに当たり 眼の周りが真っ赤に腫れました。翌日になると それが真っ黒に変わり どうしようもない人相になってしまいました。

あし癖の悪い牛はお肉 とは言っても そんな簡単に食べてしまうのも気が引けます。どうしたら良いか考えあぐねていると 昨日の朝 みよがものすごい叫び声をあげて発情しました。デラックスを産んでから42日。少し早めです。はじめは 次回にしよう と思ったのですが あまりにもすさまじい叫び方をするので とうとう授精師さんを呼びました。

それなら かなもついでに頼もうか と だめもとで試してみました。あまり あてにはしていなかったのですが 放牧地の出入り口でうろうろしていた みよとかなをいっしょにつかまえるのに成功しました。

かな(左)とみよ(5月の写真)
080713 1

心配していたわりには 暴れることもなく無事に人工授精ができたかなちゃん。希望者があれば売るつもりです。かわいくなくて気の毒だけど 安産の家系だからがまんしてもらいましょう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/213-ad476bd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。