ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し魔ママ

だふねが生まれた時、ちょっと話に出た子猫ちゃんたちの話です。
気を付けていたつもりだったのに カネルのお腹が日に日に大きくなり、とうとう6月の末に牛舎の餌箱の中で 子猫を2匹産みました。

こういう時、猫なんかあり余っているこのあたりでは《子猫ちゃんたち、川にはまって溺れちゃったの。かわいそうねぇ。》っていうことが多いのですが(どこの川? とは聞かない)、いくらなんでも それはできません。生まれてしまったのは私たちの責任だし、ちょうどカネルの連れ子、野良猫ガメルが失踪したっきりなので 代わりに一匹なら飼っても良い というJからのお許しをもらいました。

その後すぐに ベルナデットの人工授精があったので 子猫たちは牛舎の餌箱から 厩の木製の餌箱に引っ越してもらいました。この高さなら りんりんにじゃまされる心配もありません。

080716 3

ところが だふねが生まれてあたふたしていた日 カネルが子猫をくわえて引っ越しを始めたのです。私が子猫をいじくりまわすのがイヤで? と思ったのですが、そう言えば 夜中に 猫がけんかしている声を聞いたような・・・ ガメルが戻ってきたとしても けんかになるはずはないので 多分よその猫だったのでしょう。とにかく カネルは ここにいては危険 と感じたようです。

この続きはあんまりおかしくて ちゃんとしたお話にしようと取ってあります。それで今は 子猫ちゃんたちは 私たちが昔住んでいたトレーラーハウスの中にいます。もう目が開いて、いっそうかわいくなりました。

こっちはデカねこ
080716 2

こっちはチビねこ
080716 1

猫のことはよくわからないのですが、三毛猫はメスですよね。としたら デカねこちゃんもチビねこちゃんと造りがいっしょだから どちらもメスのようです。うちではこのうちの一匹しか飼えないので、もう少し大きくなったら 一匹誰かにもらってもらわないと。(どちらかいりません?)

ただ、Jによると 顔をよく見ようと まずデカねこちゃんを持ち上げたら ない歯をむき出して《シーッ》とやられたそうです。こんな猫はイヤ と今度はチビねこちゃんを持ち上げたら やっぱり同じだったそうです。私が抱いても何にも言わないのに。Jの人相ってそんなに悪いんかなぁ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/214-b3d9d762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。