ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってるよぉ!

牛たちは やっぱり水を飲みに来ないので 昨日のお昼ごろ呼びに行きました。

はじめ、水桶のある上の牧区へ行く通路のすぐ近くにいたので 呼んでみましたが 牛たちは私のことを冷ややかな目で見るだけで 来てくれませんでした。そのうちに 私とは反対の方向に歩き出したので、いいかげんアタマに来て 後ろから通路に向って押して行く戦略に変えました。

しばらく 羊飼いの犬のように走り回っていると ようやく動き出してくれました。

090911 1
カランバー『こっちや、こっちや。』バランチーヌ『えー、どこ行くのぉ。』

090911 2
ユプサ『おぉ、あったあった!』

090911 3
ユプサ『あー、いい気持ち。』(だごべえはいつも無言。)

090911 4
コラ『ママ、私も。』ユプサ『うん、カイとき。』

090911 5
コラ『お鼻のてっぺんも。』ベルナデット『う~ん、サイコー。』

と 何のために連れて来たのか 全くわかっていません。頭を掻き終わったら 牛たちはまた下に降りて行きました。のどが渇いていないのがわかったので もう放っておくことにしました。

すると 夜暗くなる直前にどやどやとやって来て、水を少し飲んで あっという間にまた降りて行きました。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/234-95b75a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。