ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフォンスが乗って行ったトラック

昨日の朝 戻って来たふわちゃんにごはんを食べさせた後、羊飼いのジョンさんちに向いました。お昼に業者さんのトラックが来ることになっていたので アルフォンスと いっしょに付いて来た弟のブルータスを 柵に入れました。

080917 1

まだお迎えの時間まで1時間もあったので 私たちはいったんボラン農場に帰りました。しばらくすると トラックの運転手さんから電話がありました。今回は いつも牛の運搬をしている運転手さんではなくて、お肉の配達をしてくれる運転手さんで ジョンさんちには行ったことがないので まずボラン農場まで来てもらって それからJといっしょに向うに行くことにしました。

トラックが着くなり、Jは『わー、かわいいトラックやなぁ。』と見とれていました。前のトラックよりもひとまわり小さくなって、ははー、5頭すし詰めはやめたな と私もトラックをしげしげ見ていると 運転手さんは いきなりJに『若い牝牛か、去勢か。』とたずねました。『去勢や。』と言うと 運転手さんはそれはそれは困った顔をしました。《大きいと乗せられないかも知れない。》というのが 大きな心配事だったのです。

昨日は 午前中に全部で4頭乗せて行くことになっていました。アルフォンスは4頭目でした。トラックは 標準のものをベースに 家畜運送用に車体屋さんに特別に作ってもらったものです。これを設計した人は こういうイメージだったと思います。

080917 2

ところが 現実は違います。何を間違えたのか 今の肉専用牛は このトラックの幅では収まりません。先週も予定していた4頭を乗せられなかった と言うことで、運転手さんはひどく心配していました。

とにかく、やってみよう とJは車に乗り、トラックを先導してジョンさんちに向いました。

でも、結果は・・・

080917 3

どんな入れ方をしても アルフォンスを乗せることは不可能です。運転手さんは すでに乗っている3頭を届けて、午後戻って来る と言ってくれたのですが それには社長さんのOKが必要です。と言うことで Jが 運転手さんに残業をさせるのを嫌がる社長さんを 説得することになりました。

社長さんからは 
1 - 去勢のうち一頭を子牛といっしょに乗せられないか、
2 - アルフォンスは来週まで待てないか(牛回収は毎週月・火のみ)
という提案があったのですが JはどちらにもNOと答えました。

1については 私もJと同じ意見なのですが どうでしょう。こんな狭いところに閉じ込められたら いくらおとなしい牛でも 気が立って子牛を攻撃すると思います。まして 先に乗っているリムザン種の去勢は 乗り物どころか人間にも慣れていなくて 気が狂うほどおびえて、暴れまくっています。子牛といっしょにするなんて 無責任ですよね。(運転手さんは 社長は現場を知らんから困る と言ったとか。)

結局、Jが一つも譲らなかったので 運転手さんにまた来てもらうことになりました。おかげで アルフォンスは 一頭だけでゆうゆうと最後の旅行をすることができました。

080917 4
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/237-1818b2ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。