ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

そして、4頭しかいなくなった

まだ10月なのに 真冬の寒さ(朝は2~3℃で午後も10℃以下)のボラン農場です。牛がたったの4頭になって、ガラーンとしてしまいました。でも、あとの13頭は?! はい、羊飼いのジョンさんちに行きました。

子牛たちの眼騒動がなければ もうとっくに出発するはずだったのが やっと今週移動しました。ボラン農場は もう草が少なくなってしまったのですが、それよりも 向うは草が伸び過ぎて,このままにしておけないので 牛たちに草刈りに行ってもらうようなものです。

なぜ、マルキーズ、ユーチカ、すもう、だふね の4頭をここに残したか というのは次回のテーマにします。

さて、牛たちの移動は 今週の月曜日から始まりました。午前中に向うの用意をして 夕方暗くなるまでに 第一陣の ユプサ+だごべえ、バランチーヌ+カランバー、アーニカ+だなえ、ベルナデット+だいご を連れて行きました。うちの家畜運搬トレーラーは 2頭載せられるのですが ストレスをなるべく避けるために 母子をいっしょに載せることにしました。

Betaliere 1

母牛たちは もう何回かトレーラーで移動しているので 難なく乗ってくれました。子牛もお母さんが先に乗っていると 自主的に乗ってくれます。

でも、いつもは素直なアーニカが抵抗するので いったいどうしたのかと思いました。

Betaliere 2

良く考えてみたら アーニカ以下は 今まで一度も乗り物に乗ったことがありません。一昨年、母牛たちをジョンさんちに連れて行った時は 子牛たちはイッジーばあちゃんとボラン農場でお留守番でしたから。

それでも、どうにか乗ってくれたので 今度は アーニカの子、だなえを牛舎から押し出すと ひとりでお母さんのところに行ってくれました。

Betaliere 3

でも、一番かわいかったのは ベルナデット母子でした。

Betaliere 4

お母さんがまだ乗っていないのに、だいごが牛舎から出て来て 私のうしろに並んで待っていました。 

昨日の第二陣(火曜日は私が留守だったのでできなかった。)はトレーラー未経験の みよ+デラックス、ベラ、コラ、かな でした。

一番手を焼かせたのが 意外にもみよ、デラックス母子でした。

081030.jpg

そう言えば 事あるごとに みよは物事が良く理解できないのではないか(アホではないか)と心配になります。でも、今は牛舎の自分の場所も覚えたみたいだし、根気よく教えればわかるみたいです。

反対に 意外におとなしかったのがかなで 抵抗せず乗ってくれました。コラとなると こんなことは毎日やってる みたいにさっさと乗ってくれました。さすが イッジーばあちゃんの孫娘。マルキーズ系とは性格の良さで差を付けています。

このところ にわか雨の多い不安定なお天気で ジョンさんちの牛たちが心配になります。ボラン農場とは違って 土手がなくて風が吹きっさらしなので。でも、毎日見に行っているJによると みんなわき目もふらず草を食べているそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/254-d3cbe91c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad