ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

うちの子供たち - りんりん編

うちには子供がいなくて(一度もいたことがない)何かと楽なのですが、動物たちがしっかり子供代わりをしてくれています。今日は りんりんの悪夢に起こされた話です。

Lin scratch 1

Lin scratch 2

Lin scratch 3

Lin scratch 4

さて、こちらはあいかわらず 風が吹いて、雨が降って、お日さまはひやかし程度 という秋らしい(イヤーな)お天気です。

4頭の牛たちは もうほとんど草を食べ尽くしたので 今日はいよいよ南端の牧草地に移そう と Jが柵を立てたり 午前中に準備を整えました。ところが 用意している間に騒がれないように と牛たちに持って行った乾草がほとんど手付かずで 食べてもらわないとムダになるので 牛たちはまだ家の横です。Jおじさんは 合理的なんだそうです。(ケチ と言ってはいけない。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/258-47f460a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad