ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

うちの子供たち - ふわ編

晴天は1日半だけでどこかに行ってしまいました。霧雨はやんだけれど 昨日も今日もどんより曇空。今にも雨が降って来そうで 洗濯物を外に干す気にはなれません。

こんなお天気で 子猫のふわちゃんもやたら家に入りたがります。ドアの向こう側から《まうまう》(Jにもこう聞こえるらしい)うるさいので つい入れてしまいます。

まず、入り口のマットで手足を拭くと その後、キッチンに置いてあるりんりんのスープ(お湯をかけるとスープになるドッグフード)の袋の中に突撃します。なので いつもそこでを拾って 窓ぎわのふわちゃん指定席に。そうすると だいたいそこでお昼寝します。

Houwa boum 1

Houwa boum 2

Houwa boum 3

Houwa boum 4

これには Jもあきれていましたが(もう少しでストーブの上に落ちるところだった)、ガラスが見えなかったのではなくて 前に 窓が少し開いていてそこから外に出たことがあるので その時もそうだと思い込んだのだ と私は思います。ふわちゃんは決してあほではありません。

あほではない証拠として 今日、ふわちゃんは ねずみ捕りに成功しました。

お昼にJが 厩に置いてある(仮置き)ジャガイモを取りに行ったのですが、なにかバタバタ音をさせて なかなか出てきません。どうしたのか と思ったら、ジャガイモの箱の中にいたハツカネズミが 隅に隠れてしまったので 脅かして捕まえようとしていたのです。その時 あいにくねずみ捕り名人のカネルの姿が見えなかったので、私は お家の指定席で寝ていたふわちゃんを呼びに行きました。

せっかく気持ちよく寝ていたのに ヘンなところに連れて来られたふわちゃんは わけが分からなくて しきりにお家に帰ろうとしました。そこを何度も取り押さえて しつこくハツカネズミのいるところに連れて行くと やっと事情がわかったようで 興味を示しました。ふわちゃんは 戦略として ハツカネズミが出て来るまで待つことを選んだので 私たちはそこはふわちゃんに任せておきました。

しばらくして見に行くと ふわちゃんはハツカネズミと走り回っていました。ついにハツカネズミを口にくわえると そのまま家の中に突進して来たので 大騒ぎになりましたが ネズミさんの方はかなり疲れていて もう逃げ隠れはしませんでした。なので Jがネズミを拾って ふわちゃんといっしょに外に放り出しました。

あっ、ふわちゃんのお手柄証拠写真を撮らないと とカメラを持って ふわちゃんの後を追ったのですが 私が追いついた時はもう ふわちゃんの口からネズミのしっぽがはみだしているだけでした。

ふわちゃん・・・ ネズミ、飲み込んじゃったの・・・?! その瞬間を見ていたわけではないので はっきりしたことは言えませんが、いくら小さいハツカネズミ とは言っても、毛皮ごと、骨ごと飲み込むの?

今日の午後はめずらしく ふわちゃんはごはんのさいそくに来ませんでした。
スポンサーサイト

コメント

久々の「猫の4コマ」ですね。
見ていて愛嬌があるのと、何か「ほのぼの」を感じます。
私は絵とかイラストは全く書けません。
表現力豊かな4コマですね。

  • 2008/11/18(火) 11:43:12 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

猫好きの照長土井さん、いつもありがとうございます。
「ほのぼの」ですかぁ。ぃやー、うれしいな。じゃあ、また描きますね。

  • 2008/11/18(火) 14:58:27 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/260-53c7f6a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad