ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

かなちゃんの便り

今朝はとうとう-2℃まで気温が下がりました。高気圧が来ているせいか お昼ごろまで霧でした。午後からは霧も晴れたけれど 寒くて雪でも降って来そうな雲行きです。

暖かい家の中では りんりんとふわが昼寝をしています。りんりんは このところちょっと具合が悪くて やっと良くなったばかりなので 大目に見ても、子猫のふわがこんなにぐうたらでいいのぉ?

今朝、まだ朝ごはんを食べていた時 食肉処理業者さんから電話がありました。別に急用ではなくて、業者さんはいつも早起きなんです。今日 4056番(56番=かなちゃん)のモツを切って、包装するけど いつ取りに来る? というのが用件でした。(と言うことは 獣医さんの検査で何も問題がなかった。)そして、枝肉の重量と精肉の推定重量を教えてもらいました。

枝が231,7キロで精肉125キロ。んんっ?とすると 歩留りは54%? たった54%なんて考えてもいなかったので 等級は? と聞くと、《Oの4!》

肉付きを表す《O》は上から数えて4番目、下から2番目にあたります。アルモリカンだと真ん真ん中の《R》がやっとだから その一つ下の《O》ならまあまあです。でも、でも・・・脂身が4?! マルキーズの娘だから 余分な脂肪が付いていないスリムな子 のはずだったのに・・・ 

そう言えば トラックに乗せるのに かなちゃんをうしろから押していて、おしりのてっぺんに 丸いお山ができているのに気が付きました。まだ20ヵ月だったのに おばちゃん牛みたいに いざと言うときのためのカロリーを脂肪で溜めていたようです。これでまたまた 目標(歩留り60%)未達成。

なんか 朝っぱらから気が重くなるニュースでした。やっぱりお肉は おしりが丸いタイプでないと儲からない と言うことですから。あのバルダ(R-3、歩留り62%)はもう食べてしまったし、おしりが丸いアルモリカン牛なんて どうやったらできるんでしょう?

今日は写真がないので これで・・・

Cana N
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/269-c51c4453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad