ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

足長エコくん

1月11日の11時に 42,5キロで生まれたエコくんをご紹介します。

090114 1

まだ 後脚が完全に伸びていないのに 脚が長くて、3週間先に生まれたももと背の高さがほとんど同じです。

昨日も今日もお天気が悪いけれど 牛舎に閉じ込めておくのはもっと悪い と思い、午前中は外に出しています。その昨日の様子が下の絵です。

今日は上の写真のように みんなのいる放牧地まで行きました。でも、食堂が開いて、みんなが牛舎に来た時 またまた置き去りにされてしまいました。

もう、うちの母牛たちは どいつもこいつも食い意地ばかり張っていて、ごはんに遅れないように 子供を放り出して来てしまいます。もしかしたら こういう時いつも私が子牛を呼びに行くので あいつに任せといたらええんや と思われているのかも知れません。

ももの時に比べるとちょっと手こずったけれど エコくん、ロープ誘導でいっしょうけんめい走ってくれました。この子も いくらでもさわらせてくれるかわいい子牛です。

Carte 090114
スポンサーサイト

コメント

Jおじさんへ。
ありがとう!
文字は読めなくても、気持ちはすごくうれしかったです。
日本は寒く雪降りですが、フランスも同じでしょうね。
風邪などひかないようがんばってください。

  • 2009/01/16(金) 12:31:19 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

照長土井さん、ありがとうございます。
今日はおじさん 牛飼い組合の集まりに行って留守してますので 帰ったらそう伝えておきます。

  • 2009/01/16(金) 14:56:39 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/284-27324c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad