ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の子もう一丁!

予定日は23日だし、今はお月さまが欠けているところで その位置も下降中なので 油断し過ぎていました。

牛舎にいたユプサが 午後の4時ごろ産気づいた様子で Jは外に放してやりました。ユプサは もうかなり前から 大きなお腹でしんどそうにしていました。

ユプサは おっとりしているようで けっこう神経質なところもあるのか かなり歩き回ってくれました。そして、いよいよ陣痛が強くなった時に 牛舎横のパドックに戻って来ました。

4時23分:子牛は正常頭位です。
090121 1623

外は寒かったので 私は子牛を拭くためのキレを取りに走りました。その間 ユプサのますます苦しそうな声が・・・

4時31分:わー、大丈夫? と駆けつけた時・・・
090121 1631

立とうとして 何度も何度もすごい格好でひっくり返って、
090121 1635

4時52分:めでたく 4本の(すごーく細い)脚でしっかり立ちました。
090121 1652

続いて、なかなか難しかったけれど、おっぱいの飲み方も習得した元気な男の子です。どんな名前にしようか 今、考えています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/286-907f3aba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。