ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから “ふわふわ”

手術の翌日から普通にして良い ということだったのですが 昨日は一日中いやにおとなしかったふわふわ。今日は 定位置の座布団まで ひとりで登れるほど回復しました。

090201 1

こうしてじっくり顔を見ると やっぱり男の子やねぇ とか今さらのように言う私たち。(ちなみに あのおしりの腫れていたところがなくなっていた。)

私たちは まだ うちの子が突然性転換して帰って来た という事態に順応しかねています。

これもみんな、フランス語のせいです。

こちらでは 動物のことも《彼》または《彼女》(+単数・複数の区別)で話します。(英語だと 物と同じ《It》を使うんでしたよね。)ですから、メスだと思い込んでいるねこのことを 三人称で《彼女は・・・》という言い方をします。

そして、主語が女性形だから 形容詞もみんな女性形になります。すなわち、『ふわちゃん(メス)、かわいいねぇー。』の《かわいい》は女性形です。こうやって この7ヵ月間、ふわちゃんのことを話したり、また ふわちゃんと会話してきました。

それを 急に男性形に直せ と言われても無理です。原則として、ふわふわの性別を尊重して 男性形(中性の場合も男性形)で話さないといけないのですが、つい 今までの習慣で《彼女は・・・》と言っては Jに直されています。

フランス語には いつも苦労されられていますが 本当にめんどうな言葉です。ねこどころか あらゆる物に勝手に性別を付けて 母国語ではない外人には良い迷惑です。だから、今さらなんで変えなあかんの と居直って ふわふわと個人的に話すときは 今まで通りの『ふわちゃん、かわいいねぇー。』で・・・

だけど、やっぱり 性別をはっきりさせないのは 教育上良くないかも という罪悪感もあります。それについて ふわふわの意見を聞くと、答えは

『そんなん どうでもええニャン。』でした。

090201 2
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/290-f7fbdea5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。