ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月やもんね

というお天気のボラン農場です。また強風が来た(春の嵐?)と思ったら、その後急に寒くなり、このところほとんど毎日 あられやみぞれが降りました。

今日の午前中は ちょっとした雪吹雪もあったけれど 気温は1℃とそれほど低くないので すぐに融けてしまいました。そして、午後は ころっと変わって 青空のぽかぽかお天気に。

陽気のせい というわけでもないのですが ぼーっとしていて ボラン農場案内図の更新を忘れていました。牛たちが移動したのは もう月曜日のことです。

Carte 090305

まだ 夜は寒いし、今朝は雪も降ったので 子牛たちや3月6日が出産予定日のコラが心配で見に行ったら・・・ 上の絵のように 4頭の子牛たちがもうすごい勢いで走り回っていました。

でも、なんで4頭? と思って良く見たら みんなよりちょっと大きめの“だふね”が混ざっていました。一年生の中で一番ちびの“だふね”は こっちの組の方が合うのかも?

今朝 もう一つ気付いたことが みよの発情でした。まだやっと3才なのに 今年の出産をパスしてしまって もうめちゃめちゃです。でも 3月になったので、一応人工授精をしてみます。成功するかどうかわからないけれど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/298-af8bfd50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。