ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

エルネストくんの冒険

今朝は 霜が降りたけれど 久しぶりにお天気が良かったので 牛舎にお泊まりのアーニカとエルネストを 外に出しました。生まれた日 いきなり跳ね回ったエルネストは このところ寝てばっかりで 具合でも悪いのか 少し心配していました。

ところが 外に押し出してやると 急に元気になったエルネスト。お母さんが 他の牛の所に行きたがるのが理解できず、何度も牛舎に戻ってしまいました。他の牛たちは 昨日の夜から 私たちの小屋のすぐ横の牧区です。私がおしりを押してやって やっとみんなの所に行きました。

生まれた日以来 初めて広い放牧地に出たエルネストは うれしいのか いきなり猛スピードで走り出しました。元気,元気。

そうして 空になった牛舎の掃除をしていると、《ボォー,ボォー》と牛の叫び声が聞こえました。あー,やったか と思って それほどあわてずに見に行くと 土手の前に人(牛)だかりが・・・

090411 1

エルネストくん,電気牧柵にさわって びっくりして上に逃げたのだと思います。私が まず写真を撮って(ちょうどカメラをポケットの入れていた)、電源を切りに行って戻って来た時には もう土手から降りて お母さんに叱られているところでした。

ちょっと目を離すと どこに行ってしまうかわからないエルネストですから アーニカは ゆっくり草を食べていられません。

090411 2

それに わんぱく坊主たち(そのうち一頭はエミリー)がちょっかい出しに来るし・・・

090411 4

お昼過ぎに 牛たちを呼びに行くと エルネストは はしゃぎすぎたのか 眠りこけていました。

090411 3

起こしたけれど,どうしても立ち上がらないし、アーニカも お腹が空いていないのか みんなと牛舎に行きたがらなかったので そのままにしておきました。

その後も また牧柵をくぐって道に出てしまったり お母さんはハラハラし通しです。Jはお馬さんたちと 昨日まで牛たちがいた牧草地で マグワ作業をしているのですが それが終わったら アーニカとエルネストを牛舎に入れて 今晩もまたお泊まりです。まだ 朝は寒いので。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/312-8bb86cc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad