ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言うことなし

今朝は 予定になかった霧が出て ええっ! でしたが 早いうちにその霧も晴れて 今日も乾草日和となりました。北東の風がかなり強くて 刈った草をかき回して乾かすには 絶好のコンディションです。

最優先の乾草のおかげで 後回しにされた牛たち。もう一昨日から もっとおいしいもん食べさせー と文句を言い始めたのですが そのままになっていました。

昨日は 牛たちの抗議も究極に達し,私の顔を見ただけで 全員あわてて放牧地の入口に走って来るというありさまでした。私が顔を出すと大騒ぎになるので 遠くから双眼鏡でそっと観察しようとしたら どうしてわかったのか また大騒ぎに。

ということで Jおじさんが乾草から戻るのを待って 牛たちを移動させました。

Carte 090601

新しい牧草地に行ったら あの大騒ぎがうそのように静かになった牛たち。私が何度顔を出しても 知らーん顔しています。ただ お腹が風船みたいに膨らんでも まだ食べ続けるのには あきれてしまいます。

でも,お天気は良いし,牛たちもご機嫌だし,言うことなしのボラン農場です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/326-165ed515
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。