ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

ブラス マイナス ゼロ(続き)

このところ 学校最後の週だったりして いやに忙しい日が続きます。で,学校が終わって これからどうするの? という話は後回しにして 今は これが最優先重要事項です。

090712 0

先日出荷した(マイナスの)ブルータスくん。枝肉の重量が456キロ と久々の大物です。前回のアスプロは ブルータスより1ヵ月年長の39ヵ月だったのに 枝重は407キロでした。同じ物を食べて育って これだけ差が出るのは 季節の違い(草の量)なのか 遺伝子なのか・・・

等級を聞き忘れてしまったのですが 枝重対精肉の歩留り予想が55%で 251キロの精肉が取れそうです。すなわち最低24箱?! これだけの量をいったいどうやって完売させよう というのが目下の悩みのタネです。こちらは ちょうど夏休みに入ったところで いつものお客さんの中には もうバカンスに出かけてしまった人もいるし、新しいお客さん開発の好機 とは言ってみても ちょっと心細いところです。(売れ残りが出たら 露天市場に売りに行く?)

さて,こちらは(プラスの)エドワードくん。
寝る子は育つ。(お母さんもうとうと。)
090712 1

おめめぱっちりの時も かわいいです。(お母さんの目もぱっちり。)
090712 2

エドワードくんは すもうに似たのか おっとりした子です。でも 母親のマルキーズは いつものように 私が来るとエドワードくんを連れて さっさっと反対の方向に逃げてしまいます。ますます大きなおっぱいのマルキーズは あいかわらず元気です。

Carte 090712
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/339-3d5b5069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad