ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

春が来た ?

今日はまた まるで春が来たようなお天気です。午後から少し雲が出てきましたが、ポカポカ感は変わりません。今日は新月。これでお天気が変わって、晴天が続いてくれればいいのですが。天気予報によると ずっと雨だそうです。でも、私は お月様を信じたいと思います。

さて、昨日は 牝牛の(雄牛のわけはありませんが)発情を記録する話をしました。今日は 『じゃあ、どうやって発情したのがわかるの』という疑問にお答えしたいと思います。(たぶん、疑問に思ってられる方がいらっしゃると思います。)

まだ若い 初めて種付けする前の牝牛の場合は とても簡単です。発情期になると 大声で叫んでくれます。まるで警報ランプにブザーのようなものです。これが最低16ヵ月まで続くと思うと うんざりですが、あまり待たせると叫ばなくなることもあるので、叫んでもらう方が はっきりして良いのです。

20070217163907.jpg

人なつこい牛の場合も 比較的わかりやすいです。発情すると やたらにJの後を追うのがいます。なにか 勘違いしているようです。

20070217163939.jpg

これも良くあるのですが、土手に隠れて見えるはずのない牛が見える場合です。その時 顔が見える牛をマークしただけではダメです。その牛は どの牛の上に乗っかっているのか 確認しなければなりません。乗っかられて『あんた、何すんねん。』と怒る牛は 発情ではないか または発情期でも受精には早すぎか、遅すぎです。乗っかられても、動かない牛がいると 人工授精センターに通報です。
 
20070217164016.jpg

と いうことで、昨日の夜 バランチーヌが アーニカやマルキーズに乗られても平気な顔をしていたので、今朝 種付師さんに来てもらいました。今日は この地域担当チームのリーダー、フィリップさんでした。とても腕の良い種付師さんで、たいてい一回でOKです。

070217.jpg

去年のことですが、電話通報した次の日の朝 雪が積ったことがありました。車が通れる状態ではなかったので 私たちは完全にあきらめていました。そしたら、お昼前に フィリップさんの車が 中庭に入って来るではありませんか。フィリップさんの車は 四輪駆動ではない ごく普通の車です。坂道で滑って大変だったと思うのですが、そんなことも気にせず 仕事だから と来てくれました。そんな 気の良い種付師さんです。
スポンサーサイト

コメント

フランスの「尼崎のおばちゃん」、産まれたよ~。
女の子やで~。 ほんまかわいい。

  • 2007/02/18(日) 12:39:39 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

照長土井さん

おめでとうございます。
お写真 拝見しましたよぉ。ほんま、かわいい。私もこんなん欲しいです。

  • 2007/02/18(日) 16:14:50 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/34-a23cb4f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad