ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れの週末

昨日、今日と お肉のお客様が続くボラン農場です。昨日、土曜日は 久しぶりのお天気で,お友達のぺ○○○さんたちも 遠いところ来てくれて 楽しい一日となりました。

今日は今日で 車でやっぱり2時間(往復4時間)かけて わざわざお肉を取りに来てくださったお客様もいて 本当にありがたい と思います。まだ完売ではないけれど こうやって お客様に励まされています。

忙しくて遅くなってしまいましたが 金曜日に牛たちが,昨日はお馬さんたちが 移動しました。その前の木曜日には エドワードくんが どこから出て行ったのか 外をお散歩していて,それに気付いた牛たちが興奮して 柵をぶっ飛ばし隣の牧区になだれ込む というハプニングもありました。それにしても マルキーズの子はみんな 柵をくぐるのが得意です。

Carte 090726

上の絵は 先日,アーニカの人工授精をした時のことです。

アーニカを牛舎に入れるのに 全員連れて行くのはめんどうで(特にエドワードがいるので)なるべく少人数におさえました。アーニカとエルネストは 離せないから いっしょに連れて行こうとしたら エルネストのお友達のエミリーおよびその保護者コラまで来たのは わかるのですが なんでユーロまで? そう言えば ユーロはユプサの子で イベント大好きの家系です。

もう,なんで性格だけ こんなにしっかり受け継がれるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/342-aad0d6e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。