ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリスト受難

昨日は 午後からやっぱり雨になりました。それも、天気予報で言っていた“弱い低気圧”どころか 一時は土砂降りになりました。

私は外出していて、Jは 多分この雨で 乾草をかき回しに行かなかっただろう と思っていたら、全部しっかりかき回して うちに戻って来たと同時に雨になったそうです。

さて、今日は もう何年も立ち入り禁止で めったに見る機会のない T村の教会の内部の写真を公開します。

090730 1

村の教会は16世紀に建てられたもので、石造りの壁を伝って 湿気が天井まで上り、木の天井板がぼろぼろになって いつ落ちて来るかわからないので 立ち入り禁止なのです。人口やっと170人の村には 教会の補修をするお金などなく 今のところそのままになっています。

これが名物の キリスト受難壁画。
090730 2

鉄砲を持った兵士にご注目ください。近代の壁画です。
090730 3

聖ジルダ像。
090730 4

この教会は ノートルダム教会 という名前で マリア様を祭ってあるはずなのに、聖ジルダのパルドン祭(1月)もあって 村にとって大事な方みたいです。

これが 村のお宝、聖アンヌ(いっしょにいるのは マリア様とイエス様とか)像で、16世紀のものだそうです。
090730 5

その教会の中に 村が所有するテーブルとベンチが置いてあって 7月にうちにお客さんが来た時 それを借りに行った時 Jおじさんが撮って来た写真です。

その後、テーブルとベンチを返しに行った時、どこか外国からの観光客らしき人たちが 教会を見ていたので、Jが中に入れてあげたとか。こういう教会や礼拝堂を見るのが大好きなJは 喜んでガイドをしたらしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/344-73268ad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。