ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

なんでこんなに違うの?

牛たちは もう一週間以上家の隣の牧区にいて 草もだいたい食べ尽くしてしまったから 隣にも行けるようにしようか と言い出したのは私です。

昨日の朝,そのつもりで行ったのに 牛たちは 知ら~ん顔でくちゃくちゃやってました。昨日の写真がそうです。べつによそに行きたくないんだったら まだいいか と水の補給だけにしました。

ところが 午後になってJがちょっと顔を出すと いったい何が起ったのか と思うほどの大騒ぎに・・・ そのうち、牛たちの声がぴたっと止んで 静かになったのは Jが隣の柵を開けてやったから。もう,私に言ってくれれば 喜んで開けてやったのに。

Carte 090901

本当に Jおじさんは 牛たちのアイドルです。ちょっと顔が見えただけで 牛たちは 収拾がつかないほど興奮したりします。(メスの方が圧倒的に多いから?)食べるのに忙しい時でも『ボー』と一声だけは発します

私だって、いやJよりももっと牛たちのことを思いやって 毎日あれこれめんどうを見ているのに・・・ なんか嫉妬を感じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/354-7e3a83f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad