ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま!

27日の午後に日本を出発し、同じ日の夜(時差のせい)にナントに着きました。日本に行っている間に こちらは冬時間になっていました。

ボラン農場には 昨日戻りました。Jおじさんといっしょに オスカルが駅まで迎えに来てくれました。どちらかと言うと 飛行機を降りた後が大変で、なぜかいつもなら電車のところがバスになったりして ナントからうちまでいやに遠ーく感じました。

今回は母のためだったので ずっと家にいたのですが 最後の二日間 母のおつかいで姪と南伊豆に行きました。 



これが 姪の携帯で撮ってもらった 今回一枚っきりの写真です。

民宿で 地元の新鮮な魚料理を黙々と食べていて、あっ、写真! と急に思い出し、あわてて撮ったものです。南伊豆のとっておきのおみやげ話は また改めてしたい と思います。

私がいなかった間、Jおじさんは、お天気が悪かったせいもあって、インターネットを使いまくり 気が付いたら契約より10時間以上オーバーしていて インターネット禁止令を出しました。なので これも事務所で急いで書いています。

帰ったらもうすっかり秋のボラン農場。ベルナデットはまだ子牛を産んでいません。他の牛たちは まだジョンさんちです。

では、今日はとりあえず 無事に帰ったお知らせまで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/369-339d5d5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。