ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

うたかたの晴天

先週に続いて 荒天のボラン農場です。絶え間ない雨と風で とうとう見かねて 月曜日に 子牛とお母さんたちを牛舎に非難させました。すると 心配していた通り エバンが下痢をしているのがわかり、念のために昨日も もう一泊しました。

エバンは 生まれてまだ3週間にならないのに 時々 お母さん用の乾草を拾って食べ、しっかり反芻しています。アルモリカンは 生まれた時から歯が4本生えているので 一週間もすると 草をクチャクチャ噛み始めます。そして,本格的に草を食べ始める頃 下痢をする子牛が多いような気がします。

多少下痢気味でも 元気いっぱいの子牛たち。今日は 朝からすばらしい青空だったので 全員 アーニカ親子のいる南の放牧地に戻しました。

091125 1

写真を撮っている間に 北から黒い雲が昇って来たので あわてて家(小屋)に戻ると・・・

091125 2

雨が多いだけに 虹も多いボラン農場です。

天気予報によると 夕方からまた雨。それがまたいつまで続くことやら。ジョンさんちの牛たちも お天気が悪いせいで まだお迎えに行っていません。向うは もうほとんど草がなくなり、移動は 緊急最優先事項になりつつあります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/377-3d98745f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad