ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう冬が来ました

今朝はこの冬はじめて気温がマイナス1度まで下がりました。いつもならもうとっくに寒くなっているはずですが,今年は今まで楽してました。まず,朝一番 牛のいる牧草地に行って来ました。飲み水が凍っているかも知れないので。600リッター入る金属製のおけ(これ日本語でなんと言うのでしょうか。)ですが、やっぱり氷が張っていました。この気温だと,ほんの数ミリ程度の氷だろうと思って棒でたたいて水の中に落としたら けっこう厚くて,しまった、取り出すべきだったと思いました。こんな寒い日,氷の入った水を飲ませるのは動物虐待でしょう。 馬の水はシャーベット状だったのでそのままにしました。
PICT0002_1.jpg
寒さが来るとお天気は良くなります(もしかしたら逆?)。なので,昨日の夜洗濯してあった洗濯物を干しました。あたたかいお日さまと風になびく洗濯物。なんか幸せを感じます。特に、土手の向こうから馬がこちらを見てたりするとよけいに。(リュチックもポポットもおかずがいなくなったのに、探しもしないし全く平気みたいです。見かけだけかも知れませんが。)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/4-3de32dfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。