ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

慣れないことだらけ

長~い間更新しないでいたら,前回のに9回も拍手をいただいてしまいました。これ,新記録です。いつもご声援ありがとうございます。

100312 1

あの低気圧が通って行って以来,北風ピュービューの晴天が続きました。朝晩は-5℃まで冷え込み,慣れない冬のからっ風で,とうとう牧草地の草も枯れてしまいました。こんなの ここに来て初めてのことです,おかげで 牛たちは牛舎に来たら、乾草をモリモリ食べています。

さて、私はと言うと ずっと翻訳の仕事をしてました。ええっ!と思うほどのすんごい量で 朝から晩までそれに没頭していました。今日がその締め切り日だったけど とうとうできなくて、ごめんなさい と言うことにしました。

ということで 更新までまだあと数日お待ちください。私も早くお絵かきがしたいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/408-be949396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad