ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボラン食堂やっと閉店

いつもボラン農場を見に来てくださる方なら,良くご存知だと思います。ここは 一年中雨ばかりで,一度降り出すと 何週間降り続くかわかりません。特に春先は雨が多くて,雨が止んでふと気か付くと春だった と言うのが毎年のことです。

ところが・・・、このところ全く雨が降りません。近いうちに降る予定もありません。先日,友達と電話で話していて,このところ3週間降っていない と言っていましたが,私の記憶では 私が翻訳の仕事で家に閉じこもっていた間 雨らしい雨はありませんでした。すなわち,2ヵ月です。

雨が降らないので,草がなかなか伸びてくれません。朝は 霜が降りるほど冷え込むので なおさらです。だから,牛たちはいつまでたっても,牛舎に乾草を食べに来ていました。その乾草も もうほとんどなくなったし,昨日,Jがアルモリカン組合の関係で一日留守にする ということだったので,先週の木曜日でボラン食堂は閉店となりました。

その日は 獣医さんに来てもらって、遅れていた牛たちの年次血液検査と,3頭の子牛たちの去勢を済ませてしまいました。そして,牛たちはいよいよ新しい牧区へ。

Carte 100424

そんなに草がたくさんあるわけではないけれど、久しぶりの青草はおいしいのでしょう。あれから 牛たちは信じられないほど静かです。放牧地を歩くと,カサカサ音がして、土が乾燥しきっているのがわかります。明日の朝は ところによっては雨 という予報だけれど,午後からはまたお天気が良くなるそうです。ほんの少しでも良いから,降ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした。
翻訳の仕事も大変でしたね。
雨を望むとこですね。

  • 2010/04/24(土) 22:51:45 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

照長土井さん こんにちは、

ご無沙汰してます。いつも,ありがとうございます。
翻訳の仕事,まだ続いています。私が個人的にやりたい翻訳があるので,それを始める前にお金を稼いでおこうと思って・・・。
雨は 昨日の夜、何粒か降っただけです。

  • 2010/04/25(日) 11:21:44 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/414-ea3aab2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。