ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

やっと雨,そして・・・

先週の水曜日は まるで夏のように暑くなったのに,その日を境にお天気が不安定になり,とうとう雨が降りました(ホッ!)。と言っても,大した降り方ではないし,それに気温が低くて(今日は10℃以下)、わぁーっ、草が伸びた!と言えるほどではありません。

雨が降らないうちに終わらせよう と一生懸命だったJおじさん。本格的に降り出す前に ブロックを積み終わりました。どうぞ、ご覧ください。

100502 1

こちらは 南側で、並木道を歩いて来ると見える,家の顔です。

100502 2

上の二つの窓は もともと予定になくて、それが丸窓になったり,いや,このプロックで丸窓は難しい とか,もめにもめて,私は何度も絵を描かされて、結局この形,このサイズになった苦心作です。この場所にあるのは 天井が高くて、ここまで来るからです。

平屋建てだけど,なにしろここは豪雪地帯(?)なので,屋根は 雪が落ち易いように45度の傾斜にしてあります。(本当は雨が多いせい。)後は 屋根屋さんが来てくれるのを待つばかリです。

前にあった石造りの家を壊し始めたのが2006年の8月だったので,もうかれこれ4年になります。いつものように《ゆ~っくり》だけど、ここまでほとんど一人でやったJおじさんはえらい!

さて,そうしている間に 牛たちから苦情が出始めたので,一つ下の放牧地にも行けるように柵を開けてやりました。

100502 3

それが水曜日(写真は夜の7時過ぎ)のことで まだ今のところ満足しているようで 静かです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/415-93107b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad