ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

今朝のボラン農場

私たちが住んでいる小屋のすぐ横の牧草地。

100828 1

牛は、たった3頭(小さいのも含めて)になってしまいました。おとといの木曜日、雨の中、6頭の母牛+3頭の子牛を、去勢たちがいるジョンさんちに連れて行ったからです。

ボラン農場にはもう草がなくなったので、まだ少しは草があるジョンさんちに移動しないと、とずっと前から言っていたのを、なんだかんだとギリギリになって実行しました。

牛たちをトレーラーに乗せるのは、お互いに(牛と私たち)好きじゃないので、いつも気が重くなります。でも、始めて見ると驚いたことに、みんなさっさと乗ってくれて、夕方遅くならないうちに無事終了しました。

今回が初めての子牛たちも、お母さんにぴったり付いて、勇気を出してトレーラーに乗り込みました。お母さんの方も、子供がいっしょだと安心するみたいです。

さて、さびしくなった今朝のボラン農場。あれっ と思って良く見てみると・・・

100828 2

やっぱりおかしい! 間違いがおわかりになるでしょうか。

100828 3

フェストナットのお母さん、だなえは、こちらです。フェストナットが食らい付いているのは、まだ18ヵ月のエミリー。おっぱいが出るわけありません。

エミリーは、先日人工授精をやり直したばかり、だなえは、出産以来まだ発情しないので、どちらも様子を見るため居残りです。急にみんながいなくなって二頭とも(フェストナットだけ平気な顔)落ち着きがなく、不安そうで、私が顔を出すと駆けよって来ます。

追伸:日本はまだ猛暑と聞いたので言いそびれてしまいましたが、こちらは、もうすっかり秋の気配です。今日は久しぶりの秋晴れ。もちろん、ストーブを点けています。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/09/02(木) 14:58:56 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/434-d87f788e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad