ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

母は強し

毎朝、明るくなり始めたら(いつも9時頃)オスカルといっしょに、北の放牧地にいる牛たちの様子を見に行きます。

101024 1

見に来たのは私たちなのに、フリゼットはいつも私たちを見に来ます。

101024 3
フリゼット:『おともだちかな?』
オスカル:『ヘンなのが来る!助けて!』

101024 4
フリゼット:『おともだちちゃうの?』
オスカル:『きゃ~!』
ベルナデット(遠くにいる):『あっ、我が子が!!』

と、私たちに向かって突進して来ました。私が逃げようとして立ち上がると、《伏せぇ》をしていたオスカルも立ち上がって・・・、フリゼットに飛びかかろうとしました。フリゼットは恐怖で『べぇぇぇー!』と大声を上げるわ、私はあわててオスカルを呼ぶわ、の大騒ぎに。

オスカルを叱りつけて、私たちは早々に退散となりました。オスカルは、牛を見るとやたら追いかけたがって、油断できません。それにしても、ベルナデットは、すごい迫力でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/444-9465859c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad