ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

跳ねろ、ジゼル!

昨日の朝は霧が出たけれど、標高270メートルのボラン農場では、早いうちに青空が。せっかくのお天気なので、ちょっと早いけれど、ジゼルを外に出すことにしました。牛舎で跳ね回るよりも、ずっと健康的ですから。

ところが、お母さんはいそいそと出て行ったのに、ジゼルは、『ここがいいの。』とばかり、座り込んだまま動きません。そこを立っちさせて、おしりを押して外に出しました。この子も、おとなしい、のんびりした子です。

ちょうど他の牛たちがすぐ横の放牧地に来ていたので、ジゼルとアーニカは、みんなに合流。

最初は、子牛たちが見に来ました。他の子牛たちが大きく見えます。

110204 1

おねえさんたちに追いかけられて、走り回るジゼル。

今度は、大きなおばさんたちがやって来ました。

110204 2

おかあさんのアーニカは、ジゼルを守るのに大忙しです。

ああ、しんどかった!

110204 4

ジゼルの放牧おデビューでした。

PS:ジゼルの写真、エリオットの写真など、この下に追加しました。どうぞご覧ください。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2011/02/09(水) 22:17:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/472-a05db1d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad