ボラン農場の牛たち

アルモリカの小さな村からアルモリカンArmoricaine牛たちのお話をお届けします。

マルキーズはアルモリカン最年長

今朝、いつものようにミルクの入ったバケツを持って、牛たちがいる北の放牧地に行くと、ただならぬ光景が・・・。子牛がおっぱいを飲んでいるのに、一年生牛(ふくすけ)がお母さん牛のおしりに貼り付いて、今にも乗ろうとしているのです。

あれーっ、バランチーヌとみよはこの間発情したばっかりやし、ええーっ、だれ(どの牛 と言うべきでしょうか)? と思っていたら、おっぱいを飲んでいた子牛が、急に私を目がけて走って来ました。私の子牛、ふぶきです。と言うことは、ふくくんに乗られて、『何すんねん!』と怒ってるのは、マルキーズ! まあ、お母さん、元気、元気。

いつもなら、知ら~ん顔してるマルキーズなのに、少し離れたところでふぶきにミルクを飲ませていたら、猛スピードでやって来て、するとふくくんまで付いて来て、ふぶきが押しつぶされないか ひやひやしました。

マルキーズはもうすぐ15才。短命で3産したら良い方 と言われていたらしいアルモリカンにしたら長寿で、子牛ももう12頭産みました。

110214 1

どうも、今生きているアルモリカンの中で、マルキーズが最年長らしいです。何年も前に、その時の最年長牛で18才(だったと思う)の牛を紹介されたことがありますが、いつの間にかマルキーズが最年長に。

1996年に生後一週間で買って来て、私がミルクで育てたマルキーズ。小さい時から、超美少女でした。

110214 2

(もう、アカン みたいに寝転がっているのは、同じところから買って来た アルモリカン×シャロレのマストックくん。ミルク嫌いで、哺乳瓶を受け付けず、バケツで少ししか飲まなかったので、大きくならなかった。3才で枝肉重量200キロちょっと。子牛料金にしてもらった。)

マルキーズは、小さい時にそうして育てていなかったらどうなってただろう とため息をつくほど愛想のない牛です。でも、私の言うことはけっこう聞いてくれる(哺乳瓶の恩?)ので、けんかになることはありません。

もう子牛は多分ふぶきが最後で、ふぶきにも私がミルクをやって、大きくなったらマルキーズの代わりになるのかなぁ と思っていたので、今回のマルキーズの発情は、ちょっと意外でした。もう危ないかな? という気持ちもありますが、そこは自然に任せて、せっかく本人がシグナルを出しているので、人工授精をトライしてみました。ダメでもかまわないから。

110214 3

一番下の妹が生まれて、ちょっとお姉さんになった三人娘。ミルクを飲んでよだれをたらしている真ん中のが、ふぶきです。(左:ファンタ、右:ふみ)お母さんのように美少女になれば良かったのに、似ているのは性格と体型だけ?
スポンサーサイト

コメント

はじめまして。わたしは北海道で酪農を営んでいます。
アルモリカン牛のこと初めて知りました。とても可愛い牛チャンですね~。また牛ちゃんを見たいので遊びにきま~す^^

  • 2011/02/16(水) 00:32:33 |
  • URL |
  • もーち #-
  • [ 編集 ]

もーちさん、こんにちは。

ボラン農場にようこそおいでくださいました。
北海道で酪農をなさってる ってすごくあこがれてしまいます。
時代遅れの牛アルモリカンですが、みんなたくましく生きてます。また、いつでも遊びに来てくださいね。

  • 2011/02/16(水) 13:43:35 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

わぉ!!
真ん中のお写真の右側子牛、但馬牛かと思った!
生後一ヶ月令ほどの但馬牛は、あんな感じです。
それにしても、「但馬牛がおフランスに?」と思ってしまった!!

  • 2011/02/17(木) 07:54:32 |
  • URL |
  • 照長土井 #-
  • [ 編集 ]

照長土井さん、こんにちは。

あら、但馬牛に似てます? そう言っていただくと、うれしくなります。
でも、あの顔はマルキーズだけで、どうしても再現できないのが残念です。

  • 2011/02/17(木) 18:39:14 |
  • URL |
  • masayo #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://botlan.blog72.fc2.com/tb.php/473-6d5babfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad